占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

誰でもわかる手相の見方!

      2015/12/09

手相はどっちの手を見るの?

手相を見る場合、右手を見るのか左手を見るのか、分からないですよね。

 手相家や本によっては、利き手で見るという場合や、左手が未来で右手が過去を表すとする場合、女性は左手で男性は右手を見るなど様々です。手相家の解釈によって違うので、絶対これだというものがないのが現実です。

基本的に押さえるのはこの6本!

1.感情線
2.頭脳線
3.太陽線
4.運命線
5.生命線
6.結婚線

感情線とは、異性や家族、他人への愛情のエネルギーの強さや、感受性の強さを見ることができます。

感情線の長さや曲線か直線か、先端が割れているかなどを見て感情を解説していきます。

頭脳線とは、性格と才能、行動傾向などを表しています。

先端が枝分かれしているか、平行に並ぶ線はあるか、感情線とくっついているかなどを見て分析していきます。

太陽線とは、金銭運や社会的地位などを見ることができます。

長さや線の位置、本数を見て、人気度や金運などを分析していきます。

運命線は仕事運を主に表している線です。

運命線の薄さや太さなどを見て、人生の転機、環境の変化、運勢を分析できます。

生命線と生命力・寿命・生活の変化を表す線。

医学的に生命線が短いと言うことは、体に何らかの支障をきたしている可能性が高いと言われている為、注意が必要。長いとその分健康だと考えられています。

結婚線は、小指の付け根と感情線の間に現れる細かな線のことです。この線から、結婚運お見ることができます。

乱れなく、くっきりと入っている線があれば、仲睦まじい理想的な家庭を築けると言われています。

いかがでしたでしょうか?

手相はたったの1年で不思議と変化してくるものです。今年の手相を軽くメモしておいて、来年また見てみることで、自分の成長や変化が分かってくるものかもしれませんね!



 - その他, 手相・人相