占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

★タロットカード★【小アルカナ】Cups(カップ)の意味!

      2015/12/09

※Cups(カップ)とは・・・(四大元素:水)

聖杯は、大アルカナの 節制 – Temperance や 星 – The Star の絵柄にも使用されていますが、精神と肉体あるいは理性と感情など相反する二つのものを調和させたり、 枯れることのない生命の水を注いだりするのに使用されています。
 聖杯(Cups)のスート(Suit)は、人間の情動や生命をコントロールする道具の象徴であり、その使い方によって、感情や生命を激しく揺さぶり動揺させることもできますし、穏やかにすることもできます。

Ace of Cups(カップの1)

雲からつき出た右手に載った金色の杯から、清らかな水が四方にあふれ出し、ハトがくわえた聖なるウエハースが、その中に置かれようとしています。
カップは心、あふれ出る水は愛情の象徴として描かれています。

そのためこのカードは、愛情が心に満ちあふれていること、純粋で清らかな気持ちが心を満たしている状態などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、不誠実な気持ちや、情に流されやすい状態などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯のエースは、あなたが日頃から興味を抱いている恋愛、仕事あるいは趣味において、 愛情やポジティブな感情が沸き起こり、心豊かで満足した取り組みができることを暗示しています。 素直な感情で人に接すれば、平和で安定した生活を送れ、願いも叶うでしょう。

●キーワード
 愛情・ポジティブな感情・素直な感情
 安定と平和
 恋愛・喜び

(逆位置)
逆位置の聖杯のエースは、あなたが日頃から興味を抱いている恋愛、仕事あるいは趣味において、 愛情が空回りしたりネガティブな感情が沸き起こったりして、なかなか物事が進展しないことを暗示しています。 また、素直な感情で人に接する事ができず、争いごとに巻き込まれる事も多々あるでしょう。 常に、相手の立場を尊重し、相手が何を求めているかを真剣に考えて、慎重に行動しましょう。

●キーワード
 冷めた愛情・ネガティブな感情・裏切り
 争いと不安定
 失恋・落胆

Two of Cups(カップの2)

華やかな装いの若い男女が、杯を掲げ、向き合っているさまが描かれています。
二人の間に、ギリシアの智恵の神ヘルメスの杖が描かれていることから、これが誓いのシーンであることが伺えます。

そのためこのカードは、恋愛が始まったばかりの状態や、異性と二人きりで交流する機会などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、二人を結ぶ思いが同情である状態や、愛情表現が正しく伝わっていない状態などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の2は、人生のパートナー、あるいは仕事のパートナーと良好な関係を築けることを暗示しています。 相手を思いやり、お互いの弱点を補いながら長所を伸ばすことができるバランスの取れた良い関係ですので、さらなる発展や成功が望めることでしょう。

●キーワード
 パートナーとの良好な関係
 愛情・友情
 絆

(逆位置)
逆位置の聖杯の2は、相手に思わぬ誤解を与え、愛情や友情が破綻してしまうことを暗示しています。 コミュニケーション不足に端を発した誤解ですので、お互いにじっくり話し合えば分かり合えるはずです。 関係がこじれる前に腹を割って話し合い、信頼関係を回復するのが良いでしょう。

●キーワード
 コミュニケーション不足による誤解
 愛情・友情の破綻・破談
 トラブル・欲求不満

Three of Cups(カップの3)

3人の着飾った若い女性が、庭園で杯を掲げて踊っています。
彼女たちは、お互いが健康であること、たのしい時間を共にもてたことを喜んでいます。
そのためこのカードは、友達や仲間と集うことや、仲間と陽気なムードで交流する機会などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、互いへの信頼感が薄いことや、その場限りのつき合いなどを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の3は、心地よい安心感・安定感の中、一定の成果が得られることが暗示されています。 一見心地よい人間関係に恵まれますが、油断や甘えは禁物です。 今の人間関係をさらに発展させ、信頼できる本物の人間関係へと育てることにより、将来の展望が開けてきます。

●キーワード
 心地よい安心感・安定感
 本物の人間関係
 将来の展望

(逆位置)
逆位置の聖杯の3は、あなたが決断を先延ばしにしたり、遊興にふけったり、楽な方向に流されることが暗示されています。 生活習慣も乱れがちになります。 優柔不断で結論を先送りすると後で大変な結果が待ち受けています。 あなたが直面している難局に対し、真剣に取り組み、早期解決を図りましょう。

●キーワード
 優柔不断
 遊興・無関心
 乱れた生活週間

Four of Cups(カップの4)

木の根元で座り、目の前に置いたカップについて考え事をしている人物が描かれています。
持っているカップが3つであることが不満なようで、目を閉じているために、目の前に差し出されたカップに気づいていません。

そのためこのカードは、現状に不満があるが行動を起こしていない状態、助けの手をスルーしている状況などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、待つのに飽きた状態や、動き出す兆しが見えるときなどを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の4は、貴方がマンネリ化した現状に退屈していることを暗示しています。 マンネリ化した現状を打破するのが定石ですが、今のあなたは何をするにも億劫であり、行動を起こす気力すら湧いてきません。 あなたの身近には潜在的なチャンスが潜んでしますが、このチャンスを生かすも殺すもあなた次第です。 潜在的なチャンスを活かせるよう、日頃から視野を広げ、速やかに行動を起こせるよう気力と体力を蓄えておきましょう。

●キーワード
 マンネリ・退屈
 億劫
 灯台下暗し

(逆位置)
逆位置の聖杯の4は、貴方が切羽詰って仕方なく行動を起こすことを暗示しています。 前向きな一歩ではありませんが、将来に向けた一歩を踏み出すことが重要なのです。 まずは一歩を踏み出し、歩きながら目標を定め、それに向けて努力を重ねれば、新たな展開が得られるでしょう。

●キーワード
 切羽詰る・就職・転職
 行動を起こす
 新たな展開・新事業

Five of Cups(カップの5)

町から離れた荒野で、倒れたカップを見つめ、嘆く人物が描かれています。
彼の心は悲しみや喪失感に捕われ、彼の後ろに置かれた残り2つのカップの存在は、忘れられているようです。

そのためこのカードは、仲間とのトラブルからの失望や、期待外れな結果に終わった交流などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、手元に残った希望に気づくことなどを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の5は、貴方が目標としていたことに失敗し、失望・落胆することを暗示しています。 失敗は貴方だけではなく誰もが経験することです。 発想を転換して、次の成功を目指して頑張りましょう。 相続についても喪失感を抱くかも知れませんが、慎重に対応しましょう。

●キーワード
 失敗・損失
 失望・落胆
 相続・喪失感

(逆位置)
位置の聖杯の5は、悲報が舞い込む可能性を暗示しています。 悲しみに落胆することでしょうが、その悲しみを乗り越えれば、新たな再出発ができそうです。 旧友との再会が、そのきっかけとなることでしょう。 決して急がず、よっくり時間をかけて再出発のチャンスを見極めましょう。

●キーワード
 悲報
 再出発
 旧友との再会

Six of Cups(カップの6)

年長の子どもが、年少の少女に花を生けたカップを渡している様子が描かれています。
二人は幼なじみで、彼らの後ろに、彼らの生家が描かれています。

そのためこのカードは、昔に交流のあった人物との再会や、郷愁の念などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、過去への逃避などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の6は、貴方が原点に立ち返るタイミングを、過去の思い出や幼なじみが与えてくれることを暗示しています。 物事を進める上で、原点へ立ち返ることは重要です。 良い思い出を持つ人はその記憶が困難を乗り越える力となり、悪い思い出を持つ人はその記憶が反面教師となり、未来へ向かって進んでゆけるでしょう。 良い思い出・悪い思い出共に新たな出会いと新たな絆を作る上で重要ですので、貴方の未来の糧としましょう。

●キーワード
 原点に立ち返る
 過去の思い出・幼なじみ
 絆・新たな出会い

(逆位置)
逆位置の聖杯の6は、貴方が過去の栄光にこだわるあまり、原点に立ち返ることができないことを暗示しています。 現状の問題点を打破するためには、原点へ立ち返ることが重要ですが、貴方の過去の記憶がこれを邪魔してしまいます。 また、貴方の昔の悪い癖が表面化し、これが原因で失敗を招くかも知れません。 過去の栄光は捨て、いかに早く脱皮できるかどうかが今後の貴方の成功と失敗を分ける鍵になるでしょう。

●キーワード
 過去の栄光
 原点に立ち返れない
 昔の悪い癖

Seven of Cups(カップの7)

「魅惑的な異性」「宝石」「月桂冠」などが顔を出した杯に魅了され、我を失っている人物が描かれています。
中央にベールに包まれた中身の見えない聖杯があります。その聖杯は光り輝いており、これこそがあなたに必要な、あなたが選ぶべき聖杯です。しかしたくさんの魅力的なものがあると、本当に必要なものに気づけなくなってしまいます。

(正位置)
正位置の聖杯の7は、貴方の目標の理想化・空想化し、実現不可能な目標を追い求めることを暗示しています。 貴方は、現実に起こっている日々の出来事ことを論理的に分析できず、自分の都合の良い方向にゆがめて解釈しようとします。 また、周囲のアドバイスも冷静に受け止めることが出来なくなります。 無用な虚栄心や空想を捨て、自分の実力を冷静に分析するよう心がけましょう。

●キーワード
 目標の理想化・空想化
 虚栄心
 現実逃避

(逆位置)
逆位置の聖杯の7は、貴方が現実をしっかり分析でき、賢明な判断が出来るようになることを暗示しています。 自分の実力をしっかり認識し、目標達成への道筋を現実的かつ論理的に計画し、賢明な判断力を示すことが出来るでしょう。 また、対外的な交渉においては、相手との調和に配慮し、的確な妥協点を見出すことが出来るでしょう。

●キーワード
 賢明な分析力
 賢明な判断力
 的確な現実認識と目標設定

Eight of Cups(カップの8)

積み上げられたカップに背を向け、 その場から立ち去ろうとしている人物が描かれています。
これらのカップは、かつてはこの人物の所持品でしたが、これらを手放し身軽になって、次に向かうことを選んだのです。

そのためこのカードは、いままで大切にしてきたものを手放すことや、次のステージへの前進などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、気持ちのふんぎりがつかないことや、未練をもっている状態などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の8は、貴方が現在の状況に飽き、新たな展開を望んでいることを暗示しています。 恋愛においてもマンネリ化し飽きてしまっていますが、未だに関係を見直すことが出来ないでいます。 どんなに楽しい遊びやビジネスであっても、長く続けていると飽きてしまうのは人間の性です。 そろそろ勇気を持って次の段階へステップアップしましょう。

●キーワード
 現在の状況に飽きた状態
 新たな展開・進展
 次の段階へのステップアップ

(逆位置)
逆位置の聖杯の8は、貴方に迷いが生じ、優柔不断になり、事態に区切りがつけられないことを暗示しています。 貴方は、自分でも事態に区切りをつけるべき時が来ていることは認識していますが、なかなか踏ん切りがつかないようです。 未練を捨て、潔く区切りをつけ、次の段階へと旅立つと、明るい兆しが見えてくるでしょう。

●キーワード
 未練・優柔不断
 区切りがつけられない
 次の段階へと旅立つ時・明るい兆し

Nine of Cups(カップの9)

たくさんのカップを飾り、中央に座って満足そうに微笑む人物が描かれています。
これらのカップは彼の所有物で、彼の心は、手に入れることができた喜びで満たされています。

そのためこのカードは、Wish cardと呼ばれ、このカードが表れたとき、願いが叶うと言われています。

逆位置(R)で表れた場合は、うぬぼれや、棚ぼたに依存することなどを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の9は、思いもよらないチャンスや幸運が舞い込むことを暗示しています。 労せずして物質的あるいは心理的な想定外の幸運の舞い込みにより、貴方は充足感に満たされ笑みがこぼれることでしょう。 しかし、油断大敵です。貴方の油断により思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、気を引き締めて行動しましょう。

●キーワード
 想定外のチャンス・幸運
 充足感
 油断大敵

(逆位置)
逆位置の聖杯の9は、貴方が十分努力もせず幸運を期待しますが、それ程甘くないと痛感させられることを暗示しています。 貴方の読みの甘さ、傲慢さあるいは楽観主義が招いた誤算ですので、愚痴や不満をこぼさず謙虚に反省し、努力を重ねましょう。 努力を続ければ幸運を引き寄せることも可能になるでしょう。

●キーワード
 読みの甘さ・傲慢・楽観主義
 努力不足
 謙虚な反省

Ten of Cups(カップの10)

空にかかった大きな虹を見て、その奇跡を家族みんなでよろこんでいる様子が描かれています。
2人の子どもは虹に気づいていないかもしれませんが、両親の歓喜のムードを感じ取り、うれしそうに踊っています。

そのためこのカードは、家族の幸せ、人々の一体感などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、家族間の心のつながりが希薄な状態などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯の10は、貴方が物質的・精神的に満たされた生活環境の中で、幸福に暮らすことを暗示しています。 物質的に満たされた中で、家族あるいは周囲の人々との絆を育んで行けますので、満足感に満たされるでしょう。 また、貴方が達成すべき目標を持っているのであれば、これを達成することが可能でしょう。

●キーワード
 満たされた生活環境
 幸福な生活・絆
 目標達成

(逆位置)
逆位置の聖杯の10は、貴方が家族あるいは周囲の人々とのトラブルにより信頼関係を失い、孤独感・疎外感を抱くことを暗示しています。 貴方以外の人の言動によるトラブルの可能性もありますが、貴方の言動によるトラブルの可能性もありますので、言動は慎重にしてください。 また、問題発言をした人を過剰にとがめたり、避難すると、逆に反感を強めますので慎みましょう。

●キーワード
 信頼関係を失う
 孤独感・疎外感
 家族・会社・地域社会でのトラブル

Page of Cups(カップのペイジ)

華やかな衣装を身にまとった若者が、カップの中から顔をだした魚に微笑みかけている様子が描かれています。
彼は、王・女王・騎士に使える小姓で、好奇心旺盛で、人なつこい性格をしています。

そのため、このカードは、人をよろこばせるのが好きな、幼さの残るかわいらしい人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、甘やかされてきた人物や、考え方が幼稚な人物などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯のペイジは、貴方が豊かな創造力を持ち、思いやりののある心優しい人であることを暗示しています。 相手の気持ちを察する人ですので、相手も自然と心を開き、支持を得ます。 空想がちなところもありますが、アイデアが豊富で、周囲の人々を笑顔にさせますので、万人に好かれるタイプの方です。

●キーワード
 豊かな創造力・アイデアが豊富
 思いやりののある心優しい人
 万人に好かれる

(逆位置)
逆位置の聖杯のペイジは、貴方が自分の感情をコントロールできず、すぐ感情的になりがちな人であることを暗示しています。 一時の感情をコントロールできず爆発してしまいますので、後悔することも多いでしょうが、後悔先に立たずということを肝に銘じてください。 また、集中力に欠け、勉強不足も否めません。 自分の不注意や知識不足で失敗し、周囲に迷惑をかけることもありますので、集中力を養い、日々勉強に励むよう努力してください。

●キーワード
 感情的になりがち
 後悔先に立たず
 集中力に欠ける・勉強不足

Knight of Cups(カップのナイト)

右手にカップを持ち、白馬にまたがった騎士が、ゆっくりと前進する様子が描かれています。
頭を垂れ、一歩一歩静かに歩む馬の様子は、そのまま騎士のタイプを表しています。

そのためこのカードは、心やさしい青年や、誠実な行動などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、情に流されやすい人物などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯のナイトは、周囲の人への配慮が行き届き、多くの人から慕われますので、大きな影響力を持つことを暗示しています。 ロマンチストでややキザな面もありますが、相手の意見を尊重し、自然と相手を自分のペースに引き込む魅力を持っていますので、多くの人に好感を持たれます。 また、周囲の人へ配慮した根回しをしますので、物事の決定がスムーズに進展します。

●キーワード
 相手を自分のペースに引き込む魅力
 多くの人から慕われる
 周囲の人へ配慮した根回し

(逆位置)
逆位置の聖杯のナイトは、貴方が感情に流され、優柔不断で判断を誤ることを暗示しています。 信念に乏しく、周囲の意見に流されやすいので、周囲の人から見ると不誠実なイメージに見えます。 言動にも一貫性が無く、軽率で不用意な言動により周囲を混乱させることもあります。

●キーワード
 優柔不断で判断を誤る
 信念に乏しい・周囲の意見に流されやすい
 軽率で不用意な言動

Queen of Cups(カップのクィーン)

豪華な装飾の施されたカップを見つめ、水際の椅子に座っている女王が描かれています。
彼女は想像力が豊かで、カップを見つめ、さまざまな空想に心をめぐらせています。

そのためこのカードは、感受性が豊かな女性や、情深く包容力のある人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、気持ちのアップダウンが激しい女性や、ネガティブなイメージにとらわれやすい人物などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯のクイーンは、大切な相手を暖かな母性愛で包み込みながら守り抜く母のような人物を暗示しています。 感受性が豊かで、芸術的センス・美的感覚に恵まれていますので、身内の芸術的センスを育てます。 良妻賢母タイプであり、母性愛で身内を愛し、力強く守りますが、過保護になる場合もありますので注意しましょう。

●キーワード
 母性愛
 芸術的センス・美的感覚
 良妻賢母・過保護

(逆位置)
逆位置の聖杯のクイーンは、愛情問題でトラブルになりやすい人物を暗示しています。 相手に望まれない愛情を押し付けたり、愛情を利用されて金銭トラブルに発展したりすることが起こりやすいでしょう。 内向的で独占欲が強いので、相手を束縛する傾向があります。 また、依存心が強く自立できませんので、相手の状態に左右される生活を強いられます。

●キーワード
 愛情問題でトラブル
 内向的・独占欲が強い
 依存心が強い

King of Cups(カップのキング)

右手にカップを持ち、水の中に置かれた椅子に座った王が描かれています。
彼は来るものに微笑みかけ、寛大に振る舞う、人々の父親のような存在です。

そのためこのカードは、心やさしく穏やかな雰囲気の壮年男性や、面倒見の良い父親のような人物などを表します。

逆位置(R)で表れた場合は、優柔不断な上司や、不倫傾向のある男性などを表します。

(正位置)
正位置の聖杯のキングは、寛大で芸術を理解し支援する包容力があることを暗示しています。 気まぐれでその場限りの言動で周囲を混乱させることも良くありますが、それでも憎めないのがこのタイプの人です。 相手の自由を認め、暖かく支援してくれますので、多くの異性から慕われます。

●キーワード
 寛大・包容力
 その場限りの言動
 相手の自由を認める・暖かい支援

(逆位置)
逆位置の聖杯のキングは、独りよがりで自分勝手な気分屋であることを暗示しています。 その日の気分により機嫌が良かったかと思うと、翌日には手のひらを返したように機嫌が悪くなったり、とにかく気まぐれです。 自分の横暴さから様々な問題を起こしますが、問題が起こってから後悔しても遅すぎます。 問題が起こる前に相手の気持ちを考えた言動を心がけましょう。

●キーワード
 独りよがり・自分勝手
 気分屋
 横暴



 - その他, タロット