占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

「ふしぎ遊戯」にも登場する「二十八宿」占いで分かること

      2016/03/12

二十八宿の訓読みが中二心をくすぐる…!!例えば南方七宿『井(ちちりぼし)、鬼(たまおのぼし)、柳(ぬりこぼし)、星(ほとおりぼし)、張(ちりこぼし)、翼(たすきぼし)、軫(みつかけぼし)』とかな…!!

「四神」とは正確には天の二十八宿(28の星)を七星宿ずつ東西南北に分けたもの そのうちのひとつ「朱雀」は南の天にある7つの星座の総称いわば星の名前なのだ

【青竜】(伝説・中国) 古来より中国に伝わる神獣で四神の一。長い舌を出した竜の形で描かれる。五行説では東方と春を守護する。占星術では二十八宿の東方七宿に対応し、角宿・亢宿・氐宿・房宿・心宿・尾宿・箕宿を繋げて竜の姿に見立てている。道教では東海青龍王敖広と呼ばれ人格神化している。

「月は28日で天球を一回りするから、昔の中国や日本は二十八宿と名付けて天を分けてたんや。それを東西南北7宿づつ分けて、柳・星・張。西洋の星座ではな、この三宿だけがうみへび座やねん。柳は頭。星の位置には、赤い星で。赤は南斗の守護神の色やな」(徳3

で、「プレアデス星団」(和名:すばる)ですが、プレアデス星団には中国の星座の二十八宿の1つに昴宿(ぼうしゅく)というもの名が名付けられているのです。

古代中国では、オリオン座は28の占星術の宿(二十八宿)のうちの1つで參(拼音: Shen )と名付けられていた。

●二十八宿とは

もとは月の位置から太陽の位置を推定するための天文学的なものでしたが、それがやがて年月日などの吉凶判断に用いられるようになりました。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

天球における天の赤道を、28のエリア(星宿)に不均等分割したもの。二十八舎(にじゅうはっしゃ)ともいう。またその区分の基準となった28の星座(中国では星官・天官といった)のこと。中国の天文学・占星術で用いられた。

二十八宿は暦の月ごとに七曜とも組みあわせて使っていました。
日曜:虚(きょ)、昴(ぼう)、星(せい)、房(ぼう)
月曜:危(き)、畢(ひつ)、張(ちょう)、心(しん)
火曜:室(しつ)、觜(し)、翼(よく)、尾(び)
水曜:壁(へき)、参(しん)、軫(しん)、箕(き)
木曜:奎(けい)、井(せい)、角(かく)、斗(と)
金曜:婁(ろう)、鬼(き)、亢(こう)、牛(ぎゅう)
土曜:胃(い)、柳(りゅう)、氏(てい)、女(じょ)

参考:暦ことば辞典
旧暦で読み解く日本の習わし

●東方青龍

中国の伝説上の神獣、四神(四象)の1つ。東方を守護する。長い舌を出した竜の形とされる。青は五行説では東方の色とされる。また、青竜の季節は春とされている。

東方七宿

角(すぼし):着始め・柱立て・普請造作・結婚に吉。葬式に凶

亢(あみぼし):衣類仕立て・物品購入・種まきに吉。造作に凶

氐(ともぼし):結婚・開店・結納・酒造りに吉。着始めに凶

房(そいぼし):髪切り・結婚・旅行・移転・開店・祭祀に吉

心(なかごぼし):祭祀・移転・旅行・新規事に吉。造作・結婚に凶。盗難注意

尾(あしたれぼし):結婚・開店・移転・造作・新規事に吉。着始め・仕立てに凶

箕(みぼし):動土・池掘り・仕入れ・集金・改築に吉。結婚・葬式に凶

●北方玄武

北方を守護する。脚の長い亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多い(尾が蛇となっている場合もある)。ただし玄天上帝としては黒服の男性に描かれる。

北方七宿

斗(ひきつぼし):土掘り・開店・造作に吉

牛(いなみぼし):移転・旅行・金談など全てに吉

女(うるきぼし):稽古始め・お披露目に吉。訴訟・結婚・葬式に凶

虚(とみてぼし):着始め・学問始めに吉。相談・造作・積極的な行動に凶

危(うみやめぼし):壁塗り・船普請・酒作りに吉。衣類仕立て・高所作業に凶

室(はついぼし):祈願始め・結婚・祝い事・祭祀・井戸掘りに吉

壁(なまめぼし):開店・旅行・結婚・衣類仕立て・新規事開始に吉

●西方白虎

中国の伝説上の神獣である四神の1つで、西方を守護する。西方白虎。白は、五行説では西方の色とされる。

西方七宿

奎(とかきぼし):開店・文芸開始・樹木植替えに吉

婁(たたらぼし):動土・造作・縁談・契約・造園・衣類仕立てに吉

胃(えきえぼし):開店・移転・求職に吉

昴(すばるぼし):神仏詣で・祝い事・開店に吉

畢(あめふりぼし):祭祀・取引開始・普請開始・土地開拓・縁談に吉

觜(とろきぼし):稽古始め・運搬始めに吉。造作・衣類着始めに凶

参(からすきぼし):仕入れ・納入・取引開始・祝い事・縁談に吉

●南方朱雀

中国の伝説上の神獣(神鳥)で、四神(四獣・四象)・五獣の一つ。朱は赤であり、五行説では南方の色とされる。

南方七宿

井(ちちりぼし):神仏詣で・種まき・動土・普請に吉。衣類仕立てに凶

鬼(たまをのぼし):婚礼のみ凶。他の事には全て吉

柳(ぬりこぼし):物事を断るのに吉。結婚・開店・葬式に凶

星(ほとおりぼし):乗馬始め・便所改造に吉。祝い事・種まきに凶

張(ちりこぼし):就職・見合い・神仏祈願・祝い事に吉

翼(たすきぼし):耕作始め・植え替え・種まきに吉。高所作業・結婚に凶

軫(みつかけぼし):地鎮祭・落成式・祭祀・祝い事に吉。衣類仕立てに凶

●「二十八宿」を取り入れているマンガ・小説

中学3年生の夕城美朱(みあか)は現在、花の受験生。女手ひとつで育ててくれた母親の期待に応えるために、超難関進学校の城南学院を目指して猛勉強の毎日を送っていた。ある日、美朱は親友の唯と受験勉強をしていた図書館で“四神天地書”という古い本を見つけた。この本を読み終わると、本の主人公と同じように朱雀(すざく)の力を手に入れて、望みがかなうという。その本を開いてしまった2人は、本の中に吸い込まれてしまった。本の世界でさらわれそうになった2人。あぶないところを鬼宿(たまほめ)という額に“鬼”と書かれた青年に助けてもらう。なんとか本から出られた2人だが、本のことが気になって…!?

昴宿及び二十八宿ですが、ふしぎ遊戯にこの二十八宿の名前の登場人物が出てくるのです。 それで、そのアニメの曲を思い出したんですよ。 いや〜、懐かしい。

二十八宿とかふしぎ遊戯思い出すわー。南方七宿だから南の朱雀で朱雀七星士なのね。なるほど!

時は大正時代。母を亡くした女学生・多喜子は、不仲の父・永之助と対立するうち、父が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれてしまう。降り立った場所は、雪に囲まれ、妖魔が跋扈する北甲国(ほっかんこく)。多喜子は国を救う伝説の「玄武の巫女」とされ、七星士集めの旅に出ることに・・・。大人気シリーズ「ふしぎ遊戯」、始まりの物語、開幕。

比叡山を出て諸国を放浪する行脚僧カイは、童顔が悩みの二十二歳。安房国の海辺で不思議な少女テンと出会った。追われているというテンは、初対面のカイから昼御飯を強奪したあげくに「助けてくれなければ、祟ってやる」と脅迫する。追っ手の侍たちを振り切った二人は、テンが世話になっているという稲村城に向かった。そこでは、若き城主・里見義豊をめぐってお家騒動が起きていたが…。

今日は二十八宿の「斗」。 諸事平穏にして願望成就の望みあり、吉日にして祝事、倉庫建家の造作に凡て吉。

ウソw 二十八宿の命運 bit.ly/1A3AVbj 尾宿 女性は、男が地味に対して世間で名声を得る人が多い。気性は淡白、少々ボーイッシュだが魅力あり、世話女房タイプ、身内や兄弟、後輩、配偶者等の面倒見も実に良い。為に生活力旺盛であるが、反面男性運は今一と…



 - まとめ