占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

島田秀平の手相占いで見る「子供の叱り方」

      2016/07/08

▼島田秀平さん

解散後は、島田得意の手相関係や怪談、都市伝説、パワースポットをネタにするなど、幅広く活動をしている。
2010年のサッカーワールドカップでは、主な国の選手の手相を占うことで、決勝進出国と優勝国を的中させた。
2003年頃仕事で知り合った菅野鈴子(原宿の母)から「あんた、見えるね(手相を見る力がある)」と言われ、手ほどきを受けた。その後、何度も教えを請い、2007年夏頃『代々木の甥』の名前をもらった。自分で命名したオリジナル手相というのが100種類ほどあり、「エロ線」「KY線」「あげまん線」など、ユニークな名前を付けている。また、「手相は統計学ですから」とも述べている。

▼良い手相と悪い手相

基本的に、線がはっきりと強いほうが良い線だと言われています。
「線は運気が流れる川」という考え方があります。
大河のように途中で邪魔するものがなく強く深い川(線)は、流れもよく理想的とされています。
心身ともによどみなく、自分に合った人生を勢いよく生きている方です。

逆に弱くて切れ切れだったり、途中で横切る線、障害があると川の流れも弱くなります。
そういう線の持ち主は、自分の才能や気持ちを押し殺してしまっているため、運勢も滞りがちになります。
自分の気持ちに正直になって前向きに!

▼手相で見る「子供の叱り方」

出典ameblo.jp

頭脳線がまっすぐ伸びているのは理系ということです。

頭脳線がまっすぐの場合しっかり順序立て「こうこうだからダメなんだよ」と、論理的に叱りましょう。

出典jisin.jp

頭脳線が下がる場合は文系、芸術家肌ということです。

この線の場合、感情に訴えかけるように叱りましょう。

線が下がっているほど、切り替えが遅く、心を閉ざしがちなので、怒りすぎると自分の殻にこもってしまうかも。

▼子供の進路に悩んだら

決まりごとが大嫌いな人なので、その子の自主性を尊重してあげましょう。

出典jisin.jp

スポーツを通じてお金を稼いだり成長できる人なので、体を動かす習い事をさせてみましょう。

出典jisin.jp

旅先でいろいろなことに刺激を受け、学んだりして成長できる人なので、見聞を広める投資は惜しまないようにしましょう。

出典jisin.jp

文才があるので、本をいっぱい買ってあげたり、映画や芸術鑑賞などをさせて、感性を磨いてあげましょう。

出典jisin.jp

留学、英会話スクールなども含め、とにかく人と話す訓練をさせてあげましょう。

ライバルが多そうな厳しい競争世界に入れた方が力を発揮できるので、一流塾や進学校に入れるといいかも。

自身を持たせるため、ほめて伸ばすようにしましょう。
厳しい世界に入れるとプレッシャーに負けてしまう可能性があるので、のびのびできる学校に入れるのがいいかも。

以上です。ありがとうございました!

関連まとめ



 - まとめ