占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

しいたけ占いの水瓶座だけを淡々とアーカイブする

      2016/07/08

6月27日(月)〜7月3日(日)の運勢

もうひとつ、今週のあなたはちょっと幼稚になってもいいと思います。はしゃげるならはしゃいでしまうこと。ジメジメを吹き飛ばすためには、「ちょっとしたパーティ」がいいです。お友達と大型スーパーに買い出しに行ってホームパーティをしたり、天気は心配ですが遊園地などもおすすめです。そういう時間が取れなかったり、体力が残っていない人は「手巻き寿司パーティ」や「お菓子を手作りする」なども立派なパーティですので、ぜひともやってみてください。夏を迎えていく前の行事です。恋愛面では今みんな疲れている時なので相手をいたわってあげましょう。こういう時に「いつも頑張っているよね。お疲れ様」と声をかけてあげると相手の心に響きますよ。

「仲間や自分の好きな世界へ帰る」という緑色が出ています。今週はエネルギーをチャージする時です。これはどの星座にもお伝えしているのですが、今週は季節の変わり目まっただなかで、皆さん想像以上に体力を消耗しやすくなっているのです。「普段できることができない」という悪循環にハマるとイライラしやすくもなります。ですから、あなたも今週は「エネルギーをチャージする」ということに重きをおいてください。「毎日やらなければいけないことがある世界」から離れて、少しだけ学生時代を思い返したり、音楽など自分が好きな世界がある人は、そういう「いつもとは違った世界」に足を運ぶのがいいです。

6月20日(月)〜6月26日(日)の運勢

強い黄色の閃光が2本出ていて、これは「思っていたことが確信になる」という動きを表しています。この現象について説明すると、今週のあなたは神がかるというようなことが起きてきます。ほら、神がかっている時の動きの代表例って「連絡しようと思っていた人から連絡が来た」、「取ろうと思っていた人気ホテルの部屋が一室だけ残っていた」など、「やろうと思っていたことのタイミングが合い、そしてそれはあたかも私を待っていたかのように感じる」という瞬間が多くあります。

今のあなたを他の視点から見ると、一種の棚卸(たなおろし)の時期でもあります。棚卸というのは「この上半期で自分が取り組んできたことがどういう結果として出てきているのか」など、そういうことを点検するのに良い時期です。「自分を振り返る」ってけっこう大事ですよ。これは別に反省をしたり、「もっと頑張らなきゃ」という答えを引き出すために自分を振り返るのではなく、少し時間をとって自分のことを振り返ってみると「日常生活の中には意外と小さな奇跡ってあるんだよな」ということ、結構発見できます。「なかよくなろうとも思わなかった人と今は自然になかよくさせてもらっている」など。恋愛面でも、もし親密な人たちと集まれるのなら、「この時こんな失敗しちゃってさ」など、武装していない自分のことについて話してもいい時ですよ。

6月13日(月)〜6月19日(日)の運勢

「いろいろなことに気づき、手を出したいと思う」という黄色。そして隣に「でも今はいろいろ動かないでゆっくりやっていこう」というマイペースの水色も出ています。「あれこれやりたい気持ちをおさえて、少しゆっくりやってみる。リラックスしようとしている」という流れがあります。水瓶座の人たちって、緊張しやすい性格のためか、人と実際に会っている時には「サービス役」に徹することが多かったりもします。一緒にいる人の飲み物がなくなったら注文するなど、その場所で仕事を見つけるのが得意です。でも、今のあなたはそういう気のつかい方に興味はなく、「自分も普通になって、その場を楽しむ」ということをやろうとしています。

あなたには「気づいたことはやらなければいけない。放っておくと気持ち悪い」という感覚があります。このあたりが乙女座と似ていますが、水瓶座と乙女座の人たちってかなり細かいことに気づく人たちです。みんながおおざっぱに「これでいいか」とまとめようとしているところに「ちょっと待って、これ足りなくない?」と気づくことができます。それはいいことですが、当の本人はなかなか日常生活で気が抜けなかったりします。だから水瓶座の人は、日常生活から距離を取って非日常の世界に行くという「フェスティバル」の時間を必要とします。それは映画であったり、音楽であったり、あとはエスニック料理など。今週も自分なりのフェスを楽しんでください。恋愛面でも野外や外のテラス席で食事ができるお店などがおすすめです。

6月6日(月)〜6月12日(日)の運勢

「何でもない時間を過ごしたい」というやわらかい黄色が出ています。今のあなたは全然悪い意味ではなく「何かをしようと思わない」というニュートラルな状態にいます。そういうニュートラルな状態の時って「目的を持たずにただお喋りを楽しみたい」など、そういう童心に帰ることがいいです。ちょっとこういう話もしたいのですが、今の世の中って「それをやって何になるの?」「で、どうするの?」「その人のことは好きなの?」など、そういう“目的を常に明確にしておかなければいけない”という空気が強すぎる時があるのです。そういう目的論には「ハーイ、頑張リマース(棒読み)」と言っておくのがいいですよ。

あなたは普段あまり自覚がないのですが、ある程度緊張感を持って、気を張って頑張り続けている人です。ですからこうやって気が緩んで「何でもない時間を楽しみたい」という時間はすごく貴重になります。今のあなたから黄色のオーラが「クチビル」を表す形で強く出ていて、これは「お喋り」や、グラスに口をつけるイメージから「Barなどにあるお酒」、あとは「キス」を象徴するものでもあります。もし可能ならお喋りか、あなたが大人なら「ちょっとおしゃれな場所に飲みに行く」ということをやってみてください。意外と盛り上がります。「ちゃんとした大人になんてならなくていい。少しだけちゃんとしていればいい。いつも助けてもらってありがとう」と時々自分に言ってあげてください。恋愛面でのキーワードも今週は「目的のないお喋り」になります。

5月30日(月)〜6月5日(日)の運勢

「フワ~と力が抜ける」という黄色。「自分を好きになる」というピンク色が出ています。今のあなたは「フワ~」と体や気持ちから力が抜けるのです。このちょうどいい脱力感があなたに新しい力を与えていたのです。あなたの体から出ているメッセージを代弁すると以下のようになります。「私は自分に特別の自信があるわけではない。今の自分に100%の満足や納得があるわけでもない。だけど、私は私なりに頑張ってきたと思う。だから、私は今の私が出している結果、そしてこれから先に私が作っていくもの、私が関わっていく人たちを好きになっていきたい。愛したい」。

あなたってかなりの天然成分があります。この「事前準備なしの天然成分」が気持ち良く動けている時にあなたは奇跡を起こすのです。逆に「これをやったらどう思われるだろう?」と変な常識や自分の良心に縛られすぎて、いろいろなことを準備しすぎると普通の結果に終わることの方が多くなったりもします。あなたは去年と今年で少し大人になったと思います。納得できない部分であったり、「これは違うよな」と思ったことに対しても、あなたなりに理解しようとしたり、あなたの方法で人を愛そうとかなり努力してきました。あなたは頑張ったんだからね! 恋愛面でももう一段階ぐらい人に対して心を開いていきます。武装されたいつもの言葉ではなく、あなたの素直な言葉が出てきやすくなってきてます。

5月23日(月)〜5月29日(日)の運勢

不思議なシンボルだったのですが「食事の時間と再生」というものを表すやわらかい黄色が出ています。どうしてこういう動きが今のあなたに出ていたかというと、今のあなたは「少しずつ自分のやるべきこと」を見つめ直している時なのです。この「やるべきこと」というのがポイントで、例えば仕事をしている人だったら「今日も出勤しなければいけない」ってやるべきことのひとつだと思うのです。でも、「大人だから」「学生だから」など、そういう理由で日々やらなければいけないことを消化するという感覚よりも、今のあなたには「もっと人生を楽しまなきゃ!」という情熱のほうが強く湧いてきているのです。

あなたは今、疲れているわけではないのですが「ちょっと日常を離れてゆっくりしたい。普段の私の役割から解放されたい」という気持ちが強く出てきています。普段の自分の生活圏にあるような人の行き来がある風景ではなくて、違う風景の風を感じてみたい。そして、そこでゆっくりおいしいごはんを食べたいというような「プチ解放」を体が求めています。あなたは他の人と比べて、決められたことをこなしていくのが得意です。でも、時々「自分の体は何を喜ぶか」ということに対しても時間をとって聞いてあげてもいいかもしれません。今週、ゆっくりできる時間を持てる人は「ちょっと足をのばした郊外」に行くのもいいですし、キャンプなどもいいです。恋愛面でも、好きな人とでも、みんなと一緒でも「プチ解放」にしっくりくる場所に足をのばせたら行ってみてください。

5月16日(月)〜5月22日(日)の運勢

「テンションが高くなり、行動力が増す」というオレンジ色が出ています。いろいろなことを説明する前に、今のあなたのテンションは高いです(笑)。お酒を飲んだ時や、熱がある時にあるようなフワーッとした状態で次から次へといろいろなことをやっていきたい気分。だから先に注意点としては「現実感のなさ」がある程度ある時でもあるから、「慎重になった方がいい事柄」に関しては勢いで決めたりしないでほしいのです。いまは「もうこれでいいや!」とフワーッとした感覚で決めてしまいがちだから。テンションの高さは保って前からやりたかったこと、会ってみたい人に会ったりするのにはとてもいい時期です。

今の「フワーッとして、しかもテンションが高い状態」があるからこそ、普段のあなただったらできないこともできます。水瓶座の人には「やると決めたらやる!」というような強くアクセルを踏み力と、「自分が間違ったことをしてしまったらどうしよう」と、間違ったことをすることに対する過度の怖れの気持ちを表すブレーキも同時に強くあります。フワーッとしている時は、この「失敗を怖れる気持ち」が弱くなっている時でもあります。今は「正しいか/間違っているか」ということを重視するよりも「おもしろいと感じるか/おもしろくないと感じるか」の方を重視してみてください。恋愛面ではテンションが高いことはすごくいいことです。頭で考えすぎずに「楽しい!」「おもしろい!」という感覚を大切にして!

5月9日(月)〜5月15日(日)の運勢

「自分の理想を取り戻す。自分の中のもっとも熱い部分が動き出す」という赤。「冷めるなら冷めろ。笑いたければ笑え。でも私は私でいることを選ぶ!」という水色が出てきています。ちょっと今週はくだけた口調であなたに語りかけるのを許してください。なんていうかあなたにはドM精神があるじゃないですか。辛いのが好きみたいな。ひどく面倒くさがり屋のはずなのに、なんかしら苦しいことがないと落ちつかないみたいな。でも、今週あたりからあなたの封印されていたドS部分が動き出します。怒っているわけではない。キレたわけではない。でも、正直な自分の「本音」を淡々とみんなに伝えようとしています。

あなたは人を傷つけることも、人に傷つけられることも、その記憶が他の人よりも強く残る人です。だから、あなたはかなりの確率で、自ら人を傷つけるということを選びません。その理由は前頁でもあげた「傷つけられる辛さは私が知っているから」。でも、今、あなたが向き合おうとしているのはこの「傷」です。傷を避けていては前に進めないところまできているのです。だから、勇気を出して。「すべてに対していい人で、期待に応える私よりも、私は私でいることを選ぶ!」。傷ってね、実際に傷つくよりも、過去にあった傷の中にいる方が実は辛いし痛いです。ここから先はもう本当にテクニックや説得の話じゃなくて、あなたの勇気の話。「私はどういう人間でいたいか」があって、そこに怖れずに進んでいく勇気の段階。恋愛面は、今は自分に集中している時だから「あなたはこういう人だから」とあなたをわかったように言ってくる人に注意ね。洗脳性がある人に注意。

5月2日(月)〜5月8日(日)の運勢

「正解はわかってる」というきれいな紫色。そして周りには「どこまでいい人であればいいんだろう?」という緑色が出ています。このふたつの色があなたが抱えてきた葛藤を表しています。あなたが苦手な質問のひとつに「あなたの本音って何?」ということがあると思うのです。それを知るためにあなたは人と出会い、本を読み、舞台を観たりするから。だから水瓶座の人はさまざまな役柄を自ら積極的に演じたりもします。すごく忙しいところでも対応できるし、ボーッとするのが好きな友人と一緒にいる時にはボーッとする人になります。つまり「いろいろな自分」を持っています。

その「いろいろな自分」を持っているあなたなのですが、今もうひとつの問いかけが自分の胸に来ている感じなのです。それは「どこまでいい人であればいいんだろう?」というものです。あなたは今、もうひとつの可能性に気づき始めています。それは「幸せになるということは、人々の期待に応え続けることではない」ということ。期待に応えることから少しずつ手を離していっています。すべてをいっぺんに離すわけではありません。できるところから「いい人卒業」をやろうとしているのです。この流れは来週にも続いていて、「あなたのためなら何でもやります」というMから「え、そんなこと言われてもできないから自分でやって」というSの方に進んでいっています。恋愛面でも誰かの世話をするのは、面倒なモードにあります。

4月25日(月)〜5月1日(日)の運勢

下のほうから「新しい風が吹いている」という黄色。そして上から「新しい道」を表すエメラルドが出ています。まず注目したいのが下のほうの「新しい風」なのです。今のあなたは古い羽がすべて抜け落ち、全く新しいきれいな羽が生え揃ってきているかのような状態です。つまり「いろいろなことが新しく生まれ変わっていく感覚」をたしかに覚えているはずなのです。こういうタイミングの渦中にいる時って「驚くほどあっけなく新しい道のりが始まる」という場合がほとんどです。だから伝えさせてください。今は前に進んでいってください。今のあなたには新しく示されている道のりがあるはずだから。

人には周期的に「調子がいい時」と「調子が悪い時」というのがあります。調子がいい時のわかりやすい目安があって、「いつもの自分だったらやらないようなこと」に対してどこからかお願いがあったり、依頼が入ったりするような時なのです。それと同時に「今までだったら、なかよくならないような人」ともなかよくなっていったりします。今、あなたの周りの波が変わってきています。その波には乗っていってください。何度も言ってしつこいのだけど、こういう時に大事になる目安は「ワクワク感」です。「いいや、楽しんじゃえ!」と緊張5割、楽しみ5割ぐらいのことってすごく素敵な展開になっていくから! 恋愛面でも無理に「今まで通りの自分」にとどまらずに、こういう時こそイメチェンや背伸びした格好を! かっこつけてオシャレしちゃって!

4月18日(月)〜4月24日(日)の運勢

「全部が完璧なわけではないけど、元気」という組み合わせを表す色が出ています。下の方に出ているやわらかいオレンジ色が「ほどよくやることがあって、ほどよい疲れもあって、マイペースも保てている」状態、その上に出ているネイビーが「今の自分をハッキリさせたい」という誘惑を表しています。あなたの特殊なところって、自分の中にエンジンがふたつあることです。普通の人はエンジンがひとつで、そのメインエンジンが疲れた時には「もうできない。寝る」となります。でも、あなたはそのエンジンがふたつあって「何もしたくないんだけど、何かしていないとちょっと気持ち悪い」と、エンジンが起動し続けてしまう問題があります。

あなたに質問したいことがあります。「頑張る」という言葉に対して今のあなたはどう感じるでしょうか。「頑張るのが当たり前」「まだ私は全然頑張りきれていない」と感じた人は「胃腸をいたわる食べ物」をとってください。「もうちょっと食べたいな」と思うぐらいでとどめておくのがいいです。「私は頑張りすぎてしまうから、頑張ることに対してはちょっと距離を取っている」と思った人は春夏のレジャーを計画してみてください。「正直あんまり頑張りたくないなあ」と思った人は今の時期かなり正解です。「そこそこサボることもできて、みんなのおかげで楽しくやれている」という人は本当に素晴らしいです。でもどの解答を選んだ人もちゃんと自分自身に取り組めているから大丈夫! 恋愛面でも白黒ハッキリさせようとしないで、イライラしたら胃腸をいたわる食べ物を。

4月11日(月)〜4月17日(日)の運勢

「断食的なエネルギー」を表す水色が出ています。実際にファスティングのようなことをしているわけではないのですが、「体内を掃除する」というエネルギーが強く出ているのです。こういう掃除の力が出ている時ってどういう状態になるのかと言うと「何事にも気が乗らない」「ポカーンとした」感覚になります。変な言い方に聞こえるかもしれませんが、あなたにとって「気が乗らないを知る」ことって大事です。あなたは自分のそばにいる人から「10やって」と望まれたらきちんとその10をやります。その「求められる10」をずっと続けると人はどうなるのかというと、壊れちゃうのです。その壊れ方にその人の個性が出ます。

例えば星座で言うと蠍座や山羊座の人も10やる人たちです。だからときどき壊れて連絡が取れなくなります。でも、水瓶座の人の“壊れ方”は少し違っていて、壊れながら動いているのです。本人も壊れていることに気づいていません。むしろ、自分が壊れている時こそいつも以上に手を抜かないで頑張り尽くすところがあります。あなたが自分の中の感覚に目を向けて「10頑張ろうとしている」のを感じたら、7ぐらいでいいと思ってあげて。3残すことに対して気持ち悪さを感じないで。全部を「理解」や「遂行」という形で埋めないで、未来に残しておいた方がいいものもたくさんあるから。3の「わからなさ」を残せると、余裕が出て自然の笑顔が出るようになります。恋愛面も胸に手を当てて「絶好調が100なら、今の自分は何%ぐらいか」と自分の精神的なコンディションを大体決めるとその範囲で動けますよ。30%の日があってもいいです。30%なのに40%まで頑張ることができればその日は上出来!

4月4日(月)〜4月10日(日)の運勢

「体が透明になって、いつもの常識的な自分から離れる」という薄い黄色が出ています。今週は体や気持ちが「ポワーン」として、普段の自分のルールや約束から離れていく感じです。あなたのおもしろいところって、半分は「すごい常識派」の人なのです。この常識派の部分が、決められたルールを破ることや自分勝手なふるまいをする人に強い嫌悪感を持ちます。そして、ここからがおもしろいのですが、あなたは「自分勝手に振る舞って、自分の世界を自由に築いていく人」にも深い憧憬があります。そういう「常識派」と「ファンタジー派」が交互に織り混ざっているところが、まぎれもなくあなたのなかにはあります。

最近はあなたのなかで常識派の部分より、かなり強くファンタジー派の部分が騒ぎ出しています。「急にきれいな夜景が見えるところでディナーをしたくなった」「普段だったら誘いに乗らない人の誘いを受けたくなった」「いつもと外見を変えたくなった」など。あなたはそういう「たまにひとりでハロウィンパーティ」をやるようなコスプレの時間が必要なのです。今週、星や月と縁があるので(これらのものは古代からファンタジーの世界と人間を結びつける強力な印です)、そういうアイテムを持っておくといいです。「ファンタジーに浸ること。いい匂いを嗅いで、いい夢を見ること」。それが今のあなたの仕事です。恋愛面では多少ガードが緩くなるので、成人の人はアルコールで失敗することに注意してください。

3月28日(月)〜4月3日(日)の運勢

「いつの間にか自分を縛ってきたルール」というネイビー。「そのルールを見直す」という黄色が出ています。どんな人でもそうなのですが、人は生きていく過程で少なからず自分で自分にルールを課しています。先週もお伝えしたのですが、あなたは「まわりにいる自分の大切な人たちをがっかりさせたくない」という理由で、本来はあなたにとってかけがいのない魅力でもある「奔放さ」や「自由さ」、そして「天然な部分」を“表に出してはいけない”とグルグル巻きにして閉じ込めてしまうところがあります。その「自分に課しているルール」を今週は見直す時です。

今週、やってほしいことがあります。すごくシンプルです。「何かをやる際に“これをやったら他人にどう思われるか”と思わないこと」。いきなり大きなことから始めなくていいので、自分の行動の基準を「他人から見てズレていないか。おかしいと思われるんじゃないか」という点から「私が興味を持っている。だからやる!」という方向に変えていくこと。大丈夫。だって他人のほとんどって直接あなたに対してお金をくれる存在でもないし、あなたについて責任をとってくれる存在でもないんだから。ちょっとずつ「自分」からズレていくこと。「そんなやり方でやっていけると思ったらいつか痛い目に合う」など、そういう脅しをかけてくる人間は低俗な存在だと思ってください。相手にしなくていいです。恋愛面でも今週は「自分に何を禁止しているのか」をチェックすることを重視してみてください。

3月21日(月)〜3月27日(日)の運勢

「天然を取り戻す」という黄色と「天然を取り戻していくとハッピーが増す」というピンク色が出ています。いきなりなのですが、水瓶座の人って「本当はすごく天然なんだけど、ものすごく努力をしてその天然さを隠して常識人であろうとしている人がすごく多い」のです。水瓶座の人って、特に10代の時には「誰も届かない領域の美しさ」を外見か内面に持っている人たちが多いです。それは多分、10代の人たちって周りの人もほとんどが「常識を持っていない、変な人が多くて当たり前」だったからあなたも天然のままでいられた。でも、あなたは周りがしっかりしてくると、それに合わせて自分自身も必要以上にしっかりさせようとするところがあったのです。

あなたがいつのまにか天然ではなくなっていってしまった理由。それは、あなたは自分の周りの好きな人をガッカリさせたくないからだと思います。「ガッカリさせない」ために、あなたは誰よりも「常識的に振る舞う」ということを自分に課してきました。だから私から提案です。春に向けて少しずつ、あなたの誰にも持てない魅力的な天然さを取り戻すプロジェクトをより強く始めてみませんか? そのやり方は簡単。あなたが何を言っても怒らない、できれば精神的に「いい小学生の部分」を持っている人と一緒にいること。もしくは「春や夏から始めたいこと」をもう始めてしまうこと。ワクワクすること。自分の周りにいる他人全員の期待に応えるなどの責任を持たないこと。怒られたら「うるさいバーカ」と思うこと。そして、笑うこと。恋愛面では怒る人には注意して。距離をとって。何かを強制される空気を感じたら「じゃあね、バイバーイ」と笑顔で帰ること。

3月14日(月)〜3月20日(日)の運勢

「自信や強さの芽」を表すピンク色が出ています。怖がらずに聞いてもらいたいのですが、今週のあなたは自分の強さが試されると思ってください。もし可能な人は2016年しいたけ占い水瓶座の9ページ目を見てみてください。そこにこう書かれています。「もう今の自分はあの頃の自分に比べて強いはずなのに、どこかでまだ弱かった頃の自分の部品を必要としてしまう」。あなたは愛情深い人です。ですから、あなたは過去にあったいろいろな人やモノが忘れられず、強く自分と結び付けられています。だから、あなたが前に向かって歩いていこうとする時にはどうしても「過去との比較」を行ってしまうことがあります。

別に過去との比較をしてもいいです。でも、自分にこう言ってあげてください。「あなたのおかげで強くなったよ。ありがとう。私は大丈夫」って。そしてね、ゆっくり気づいてあげて。「前の私と比べても、今の私はこういうところが強くなった。いい変化をした」って。強さだけを持つ人はいないし、弱さだけを持つ人もいません。でも、多分「勇気」というのは弱さが4で、強さを6持つことなのかもしれません。ときどき弱さが勝ってしまうことももちろんあります。でも「私ならできる。やってみたい!」という明るい方向に行く方を怖れないこと。「怖い」と感じたら目の前に幸せがあるというサインの一部だと思うこと。恋愛面に関しても「怖くない。全部経験」と自分を常に励ましてあげて。「失敗するのが怖い」と思いこむことが「怖さ」の単純な正体なのだから。

3月7日(月)〜3月13日(日)の運勢

「好きという気持ちが春の訪れと共に強まっている」というピンク色。「感情面で激しい部分も出る」という赤が出ています。単純な言い方をしてしまうと、今週はあなたの中のエネルギーがかなり強い高まりを見せていっている時なのです。そして、ここから先が大切なのですが、エネルギーが高まっている時って仕事でもプライベートでも新しい縁が結ばれやすい状態になっています。「新しい、いい変化」が起きる時って、いつもの自分とは違う、ノリがいい状態とか「軽い暴走状態」になっているから。そのエネルギーの高まりをどう活かしていくかが今週の宿題になります。

このしいたけ占いではしつこいぐらいにお伝えしているのですが、あなたは決して単純な人ではないです。自分の中に起こるエネルギーは激しいけれど、それを表現・消化することが他の人と違って難しい。例えば、好きな人ができた時に友達のA子に「えー、いいじゃん。好きって言いなよ」と言われたとします。でも、そういう感情を表現することがあなたはいちばん苦手なの(笑) 。あなたは「好きなことにこそ悩む」という自分の性質を覚えておいて。意外と他のどうでもいいことはバサバサ切り捨てているはずだから。今、あなたがいちばん悩み、考えてしまうことは、あなたの「好き」とすごく関係するものです。「悩んでしまうということは、自分の中で大事なものなんだ」ということをわかっているだけでいいです。恋愛面では「ノリ」に任せてしまった方がいいのですが、「ひとつの結果」だけに執着はしないで。できれば他の人のいいところも見つける。「この人のこのやさしさは好き」とか。

2月29日(月)〜3月6日(日)の運勢

「心身の再生」を表すやわらかいオレンジ色が出ています。ホッと一息つけそうです。あなたはとにかく「いつの間にか責任を背負う」という人でもあります。だから、緊張しなければいけない場面が続いていた時は「あれはどうしよう。こっちもどうしよう」と、とにかく背負ってきたこともあると思います。でも今週は一息をつける時なのでゆっくりしてみてください。今のあなたにとって大事なキーワードは「あたたかい気持ちで」ということになります。何となく考えてきたことに対して踏ん切りがついて「私はこういう感じでいこう!」と方向性が見える時でもあります。

今週のあなたにおすすめしたいのが、空いている時で構いませんので、ぜひ夜会を開いてください。心許せる人と夜のディナーをして、お酒が飲める人だったらワインなどを飲んで、ゆっくりリラックスしてみてください。お店でなくても、手料理を持ち合ってホームパーティでもいいですよ。シンプルに聞こえるかもしれませんが「頑張ったら→ささやかに祝う」というのが幸せへのコツです。今週のあなたの夜は冴えます。あたたかい気持ちと共にこれまでの自分を何らかの形で祝ってあげてください。あまりガヤガヤした環境ではなく、隠れ家的なところがラッキースポットになりますよ。恋愛面でもキーワードは「あたたかい気持ち」。「あなたに会うとやさしい気持ちになるの」という人が今週は相性がいいです。「会ってみてあれこれ難しい問答に引きずりこまれる」という人とは距離を取って。

2月22日(月)〜2月28日(日)の運勢

「強さを取り戻す」というすごくきれいな赤が出ています。先に結論を言うと、これからのあなたは輝き始めます。周りから注目を受けます。今までやってきたことに対して成果を得ていきます。先週書いたことで、「あなたはテストで98点を取ったとしても、ミスした2点の方が異様に気になってしまって素直に高得点を喜べない」という傾向が少しある人なのです。だから、周りから見たら「いや、あなたは頑張っているしすごいじゃん」と評価されたとしても「なんとなく素直に喜べない」という状態が続いてしまう可能性があるのです。でもね、今のあなたから出ている赤って自信を取り戻して「私を見ろ!」と強くなっているあなたが出てきているの。

あなたに対してはどうしてもこういう発言をしたくなります。あなたって本当に面倒くさい(笑)。だって、他の人だったら面倒くさくてスルーするような問題にもあなたは全部に全力で向き合うから。その「全部に全力な自分」に疲れてしまって部屋の隅にひとりでいる時もあるかもしれない。でも、それがあなたなりの「生きる」ということへの責任の取り方なのかもしれません。「自分と関わったものに対しては、不器用でも全部に全力で返す」。あなたが幸せになっていくためにすごく大事な作法があります。それは「遠くから見守る」という態度です。あなたは常に目の前の人、目の前のモノに全力でぶつかっていく人。だから、そのエネルギーを誰かの幸せを祈るために使ってください。「あの人がおいしいごはんを食べていますように」とか。そしたらね、目の前の人にあなたの愛情が届いていくから。恋愛面でも、もう少しだけ「激しい全力の愛」が穏やかになるといい感じなのです。

2月15日(月)〜2月21日(日)の運勢

「足取りがしっかりしていて、力強く前に進んでいっている。今の自分自身を愛せていっている」という強いピンク色が出ています。とてもいい状態にいます。今のあなたはある程度自分に対して自信があって、自信があるからこそ行動や言動が自然です。そう、いろいろなことを考えずにやることができる感じなのです。「これをしたらどう思われるか」を考えずに、自然にできていく。今の感触を大事にしていてください。あなたの魅力や才能にとっていちばんの大敵になるものって「これをしたらどう思われるか」です。水瓶座の人って普段の対人関係には強いのだけど、「この人だけには弱くて、この人の言うことなら全面的に聞いたり、気にしてしまう」という人がちらほらいるのです。

さきほどもお伝えしたように、今のあなたはとても調子がいい状態になっていっています。ですから、イメージとしては一日一日鎖を断ち切っていくようなイメージで。「怖いものは何もない」と「してはいけないことなんて何もない」と自分に伝えてください。あなたって妙なところをすごく精確に気にします。例えば、小さい子どもが算数のテストで間違って減点されたら、先生に答えを確認しないと気が済まないみたいな。「先生がテストで意図した公式」と自分の公式が違ったことを気にしてしまう感じなのです。大人になったらある程度「自分の公式」に自由になれるのだから、正解/不正解に対して細かく気にしないこと。自分は自由であること。恋愛面に関しても、あなたは「正解を気にして縮こまるよりも、自由奔放な自分」を採用していった方がうまくいきますよ!

2月8日(月)〜2月14日(日)の運勢

「私の裸」を表す水色が出ています。今週は「裸」という言葉があなたにとってキーワードになります。「あなたは誰?」と言われた時に、ほとんどの人が今の自分の身分や、やっていること、もしくは自分の過去で説明する人が多いと思います。でも、そこで説明される「私」には裸が含まれていないです。最近のあなたは「自分の素や、自分の裸の気持ちってどこにあるんだろう?」って探し求めている印象があります。これは実際の現実社会の中で見つけられるものというよりは音楽とか映画など、本の中で発見できるところの方が大きいと思います。もうちょっとこのわけのわからない話に付き合ってください。

はじめて見る映画や本の中に「あ、この人(=著者)は信用できる」という感覚を覚えることってありませんか? それはどういう感覚かというと、それは映画や本や音楽の作り手が、その作品の中に込めた「裸の部分」にあなたが共感したからなのだと思います。人が持つ「裸の部分」って、実生活の中で表にわかりやすい形で出せるものではなく、「作品」という形を通じての方が表しやすいところがあるから。あなたにはそういうアーティスト性が強くあります。あなたが「本当に伝えたかったこと」を込めた作品には、人の心に大きく動かす力があります。あなたは、自分の人生を通じて「人に伝えたかったもの」を何かの創作活動を通じて伝えていってもいいのではないでしょうか。そういうなんらかの創作活動は、あなたを自由にしていってくれるものでもあるから。恋愛面でも言葉や手作りのものを今週は残してほしいのです。

2月1日(月)〜2月7日(日)の運勢

「動きを止める」「自分を癒す」というエメラルドが出ています。今、あなたは少し考えている時かもしれません。いきなりなのですが、人って大体“昨日からの続きとしての今日”という日常に生きています。でも、ちょっとその“日常”から離れて自分のことを考える時もあるのです。例えば、久しぶりに旧友と再会した時に「あの人はこういう人生を今生きているんだな。私はどうなのかな」ってちょっと普段の自分の日常を離れて考えるじゃないですか。今のあなたはそういう時期なのです。そして、あなたが他の人と違うのが「私とは何か?」「私は誰に必要とされているのか?」という根源的な問題を、時々すごく真剣に考える時間を必要とする人なのです。

だから、今週はアドバイスから先に言います。休日にお気に入りの本一冊と、メモ帳だけ持ってカフェなどに行ってみてください。電車に乗って少し遠出してもいいから、自分がゆっくりリラックスできるところ。そこでお気に入りの本を読みながら、ノートに今の自分が考えていることをいろいろ書いてみてください。前頁で説明した「日常から離れて、脇道を楽しむ」ということをやってほしいのです。もちろん、気が合う人とおしゃべりしながらでもいいです。あなたは日常の中にプレッシャーを感じやすいところがあります。「明日に備えて今日のことはちゃんと今日中に終わらせなきゃ!」と感じ過ぎてしまう時もあります。ですからこういうプチ脇道はとても必要。恋愛面は「言葉による応酬」が生じやすく、メールやLINEなどSNSとちょっと距離を取りたい時でもあります。

1月25日(月)〜1月31日(日)の運勢

下の方に「あふれる想い」を表すピンク色。上の方に「伝え方の整理」を表す青が出ています。今週は山羊座や水瓶座、魚座にかけて「何か今まで封印してきたような感情が、パッとフタが外れるかのように表に出てくる」ようなことが起きてきます。つまり、感情の力がとても強く表に出てきているのです。その時に「伝え方」の問題が出てきます。感情の力が強く出てきている時というのは、「自分がここまでの範囲で伝えよう」と思っていることの範囲を超えるのです。つまり「思ってもみなかったことをついうっかり言ってしまった」など、そういう失言が起きやすいのです。ちょっと対策を書いていきますね。

今週のあなたにやってほしいのが「携帯電話のメモ帳大作戦」です。もちろん、手書きのメモ帳でも構いません。あなたならいつも向き合ってきたと思うのですが、「自分の想いを他人に伝える」ってすごく難しいことでもあるのです。例えば、ある人に「愛しい」と思う気持ちを伝えようとしているのに「どうしてあなたはいつも私のことに気づいてくれないの?」という非難として伝えてしまうなど、そういうことって本当に起こるのです。「自分の想い」と「他者に伝える言葉」っていつも違います。だから、まず「他者」を気にせずに今の自分の想いをメモ帳に書き込み続けること。そこで、あなたは言葉や表現に自由を与えることができるから。「メモ帳にいったん書いて一呼吸置く」ってすごく有効になります。恋愛面でも一呼吸置く、一晩置くが有効に。

1月18日(月)〜1月24日(日)の運勢

「いい方向からの流れ」を表すターコイズ。そして「あなたの中にある荷物やプレッシャー」を表す紫色が出ています。まず注目したいのが、下の方からのターコイズは「いい風が吹いてくる」という吉事なのです。「昔の友人に再会する」とか、たまたま頼まれたことが以前からやりたかったこととか、そしていい助けが入るとか。そこまではもちろんいいことなのです。が! その「いい流れになる」という時にあなたの「完全主義の部分」が紫で表されていて、「せっかくいい流れになってきているんだから、自分が不快に思うものを徹底して掃除しよう」と悪い部分をほじくり返してしまう可能性も強くあるのです。

なんていうか、あなたは「中間(ちゅうかん)がない人」なのです。「良い悪いはハッキリ言って! 口をにごすような、白黒ハッキリしないようなことは耐えられない!」という性質で、グレーゾーンはかなりハッキリと苦手です。ですから「いい流れが来ている時こそ、自分の中にある未解決の部分や悪い部分を逆に放っておけなくなる」ということが多くありがちです。ちょっと結論を言います。いい風が吹いている時って、先のことまでシミュレーションを完璧にやるよりも「なんとかなりそう!」という楽観主義に任せてしまうことの方がいいのです。あなたはもっと自分にも他人にもやさしくていい加減な部分がある方が、あなたの美しさやちょっと変わっているあなたのおもしろさが際立ちます。恋愛面でもシミュレーションではなくて「なんとかなりそう!」という楽観で!

1月11日(月)〜1月17日(日)の運勢

「あたたかい夕暮れの太陽が、今のあなたを後押しして照らしてくれている」というやわらかい黄色が出ています。今のあなたの周りの時間は比較的緩やかに流れ、平和な状況の中にあります。そして、このゆっくりとあたたかい時間の中で、あなたには「見るべきもの」「やるべきもの」を直視する勇気が与えられます。そしてまた、今週は第六感や動物的な勘が冴える時でもあります。後から振り返ってみても「あの時の私の判断は正しかった」と思えるその判断には、必ずその横に控えている気持ちがあります。それは「明るさ」です。正しい判断って「ジメジメした暗い場所」にはありません。なにかこう、「えい! やっちゃえ!」という明るい陽光があるのです。

人生では「様子を見た方がいい時」と「決めた方がいい時」があります。もちろん誰にとっても「未来」ってわからないものなのです。未来に対して「判断材料が十分に揃う」という時まで待った方がいい時と、「あ、多分私はこっちにうながされている」と思って動いてしまった方がいい時。今のあなたは後者の「直感」が冴えている時なのです。あなたの人生はあなたが輝くためにあるものです。あなたの人生は、言葉は汚いのですが「誰かの尻ぬぐい」のためにあるものじゃないです。水瓶座は博愛の星でもあります。その博愛精神は、あなたを困っている人から離しません。でも、あなたが飛び立つことで救えるものもあります。あなたと共にあったものは、あなたの体内の血になって、記憶になって、永遠に残ります。恋愛面でも理屈ではなくてボーッとしながら「あ、こっちだ!」という直感ベースで選んでいってください。

1月4日(月)〜1月10日(日)の運勢

「テンション高くてOK!」という鋭い水色が出ていました。新年の速い段階から「今年はどういうスタイルになろうか?」とか「今年はどういう課題に向き合っていくか」ということを考える方もいるかもしれませんが、ぜひ初詣には行ってもらって「今年はいっぱい笑う。笑顔で!」ということを基本的なお願い事にしてもらいたいのです。あなたは真顔で「鋭いところを突く」というセンスがあります。そのセンスももちろん素晴らしいのですが、今年は自然体のあなたに近づく機会がたくさんあります。だからまず「笑顔で!」。

今回しつこくてごめんなさい! 「今年こそは!」とかは思わないで大丈夫です。というのは、今年あなたに必要なのは隙です。隙というのは「これだけのことを果たしていくのにどれだけのことをしなければいけないのか」という悲壮な努力とか人よりも何倍の努力とかの話で今年をスタートさせないでほしいのです。あなたの周りの人を見てみて「この人は運がいいよな。なんだかんだ結果も出している」という人を見てもらいたいのです。あなたがそういう人の可能性も強いのですが、「幸せそうに結果を出している人たちって、どこか必ずすっごく鈍感なところ」があります。あなたに今年欲しいのってその「鈍感」。まずは鈍感の演技からでもいいのです。「あ、ミスしちゃった。あるんだよね、私こういうの。ごめんなさいね」と笑顔で流していく意識。恋愛面も今年はいっぱい笑うということを意識して。

2016年上半期しいたけ占い:水瓶座は「報われる。プレゼントを受け取っていく」

■2016年上半期、水瓶座を巡るキーワード■
・「今年はいっぱい笑う」をいちばんの願い事に!
・「自分史をつくる」
・深刻に考えることはひとつもない。笑って流していくこと
・恋愛では「この人は私のことが好き!」という勘違いをどんどんする!

これらのキーワードが2016年上半期の水瓶座にとって大切! その訳を次頁から占い師しいたけが解説していきます。

■キーワード:「今年はいっぱい笑う」をいちばんの願い事に!

2016年上半期のあなたのオーラは下側に「今まで尽くしてきたことが返ってくる」というピンク色。そして上に「新しい天地」を表すゴールドが出ています。この、何といってもいちばんはじめにあなたから強く出ていたピンクの「愛」についてお話していきたいのです。

水瓶座の人たちというのは、もしかしたら12星座の中でいちばん「愛を伝える」のが苦手なのかもしれません。どうしてかというと、あなたは「誰かと共にいる」とか「みんなと共にいる」という時に「私はみんなの役に立たなければいけない」という強い条件を自分に課すからです。

ほら、ホームパーティで料理が出てくるまでに「座って話しててもらって大丈夫だよ」と声を掛けられているのに、「私も手伝います!」と言って料理を運んだりする人っているでしょう。それの強化バージョンがあなたなのです。

「黙って誰かの歓待(=愛情)を受けることが苦手」。だから自分から何かやってあげていた方が落ち着くという感覚があなたにはあります。

だから先に結論から言いますね。2016年のあなたは「あなたが何か役に立つことを考えて尽くす」のではなくて「プレゼントを受け取る側に回る」という1年になると。

ピンクとゴールドは両方「報われる」という強い象徴なのです。

2016年を迎えるまでの流れ

「報われる」ということを話していく前に、ここに至るまでのあなたの最近の流れを振り返ってみたいのです。

2015年の中で、大きな声で言わなくても大丈夫なのですが、どこかで「ここらが限界!」と自分の限界について感じたことはありませんでしたか?

これは別にネガティブな情報ではなくて、「自分の中で納得したくて、確かめたくて、やりきりたくて」、そして「ひとつのことはやりきった!」という納得感を伴うひとつの限界みたいなもの。違う言い方をすると「こうありたい自分!」というものを作るために手をゆるめないで努力をしてきて、でも現実的に自分には得意なことと不得意なことがあるという、「ひとつの納得感」のようなものにたどり着いている人が2015年には多いのです。

「自分にできることや得意なこともわかった。それと同じように自分に足りないものもわかった」

という感覚を今までのあなたは確かに学んできています。

そういうものがわかってきて「さて、どうしていきましょうかね」と真っ白な予定表をみて悩んだり、ワクワクしたりしているのが今のあなたの状態です。

ここで強調したいのが、「今の自分が真っ白だ」という実感がある人ほど、これは良い状態だしラッキーだと思ってください。

なんで「真っ白だという実感があった方がラッキー」なのか? それだけあなたにとって過去を清算するって難しいことだからです。

2016年上半期しいたけ占い:水瓶座は「報われる。プレゼントを受け取っていく」②

過去を清算してきた1年=2015年

株やビジネスの世界では「損切り」という言葉があります。これは自分にとってメリットにならないものは、損が大きくならないうちにバシバシ切っていくというやり方ですね。その「損切り」というものをいちばん苦手とするのが水瓶座です。どこか、自分にとって大切な過去の匂いを感じさせるものを全部は捨てられないから。

余談ですが、あなたの恋愛でいちばん深く印象に残る相手って、「あなたが弱くて情緒不安定だった時、強そうに見えて自分の芯を持っていそうな人」なのです。そういう人ってものすごく強い影響をあなたに与えていることがあります。言い方が悪いかもしれないけど、「半分はあなたの努力によって強くなったはずなのに」、あなたは「その人のおかげで強くなれた」と過去を美化し過ぎてしまうところもあります。ごめんなさい、こんなあけすけに失礼なことばかり言って。でも、前に進んでいくためにはこういう情報もちょっと必要なのです。

「もう今の自分はあの頃の自分に比べて強いはずなのに、どこかでまだ弱かった頃の自分の部品を必要としてしまう」

だからね、これは良いところなのですが、いろいろな経験を乗り越えた後の水瓶座の表現力って本当に人を魅了するのです。なぜなら、ひとつの表現の中に「自分が経験してきた過去、自分に影響を与えてくれた人たちの面影」のすべてが詰まっているからです。あなたがどこか古い劇場や古い街、古いお店に惹かれるのはそういうものが本能的に好きだからです。「この場所にはいろいろな人の想いや、いろいろな人の記憶が残っている」という感覚があるから。古い記憶や歴史マニアな部分も水瓶座の人には多いです。

そこまで「過去の清算」が不得意なあなたが、なぜある程度見切りをつけて自分の自由さを手に入れられてきているのか。そして、その「清算」と「前を向く」ということを2016年においてはより強くやっていくために、もう一回だけ遠回りさせてください。

■キーワード:自分史を作る

2016年にあなたにやってほしいこと。それは、自分史を作ってほしいのです。これはPCで作っても、紙で作っても、どちらでもいいです。そうですね、イメージとしては「履歴書」です。企業や会社に提出しない履歴書。主にあなたが過去どこにいて、どういう人たちと一緒にいて、何をしてきたかという履歴書。書き方は自由なのですが、ひとつだけルールがあります。SNSなどには公表しないでください。公表目的で作ろうとすると、ちょっとふざけてしまったり、純粋なものではなくなってしまうから。

※一応注意書きなのですが、この作業は過去に「トラウマになっている出来事で、まだそれが自分の中でうまく整理ができていない」という人は無理にやらないでください。そして途中で気分が悪くなったりしたら、まだあなたは過去に向き合う時ではありません。書いている紙を捨ててください。

その作業をしてもらうとどうなるのか。そこには必ず無数の「あなたが影響をうけた記憶、人」がいます。それらのものをゆっくりと思い出してあげてください。その人やそのものに出会っている時、あなたはどんな感じだったでしょうか。今よりももっと向こう見ずだったでしょうか。今よりももっとワガママだったでしょうか。それとも今のあなたとそんなに変わらなかったでしょうか。

もちろん、過去にとらわれすぎることは良くはないのですが、「過去の弱かった時の自分」の影響を受けやすいあなたは、そこから卒業するために何回か過去を追体験してもいいです。だってね、過去って今の自分に至るまでの大切な道のりだったから。過去は、無視をしようとすると違う形でもってまた自分の目の前に現れます。でも、それを再び見てあげて「かつて私はあなたと共にいた。でも、もう今の私には必要ないよ。ありがとう」と言ってあげて卒業をしていくと、過去の前に足止めをくらっていたあなたの未来が、あなたに訪れてきます。

2016年上半期しいたけ占い:水瓶座は「報われる。プレゼントを受け取っていく」③

新しい天地を表すゴールド

なぜここまで行数を割いて「過去の清算」について書いてきたかというと、2016年は「新しい天地」を表すゴールドが強く出るのです。「過去清算」というのは新しくて強大な運気を迎えるための「年末大掃除」のようなものです。それをやらないと運気が入ってこないから。

「運気」や「幸運」というものは循環なのです。逆に、「不運」や「重さ」というのは重くなって、動けなくなって、循環がなくなることです。循環を起こすためには古くなって不要になって、動けなくなっているものを整理していく必要があります。ですから日本でもその他の国でも、灯篭流しのような宗教的な儀式ってあります。あれは、「新しいものを迎えていくため、古くなったものを毎年流していく」という知恵でもあるのです。

できればこの「私的灯篭流し」のようなことを数人の有志とやってもらいたいです。鍋でも囲いながらでもいいから、今年あった恥ずかしいこととか、そういうことをみんなの前で告白をして「はい、じゃあこれはおしまい」と一回一回整理していく。大事なのはどんな内容の話でも「はい、じゃあこれはおしまい」とみんなの前で流すことです。忘年会シーズンでも、新年を迎えてからでもいいから、秘密を順守できる人たちを集めてやってみてください。「毎年恒例ざんげの会」をやってもおもしろいですよ。運気にとって大事なことって、ひとりで深刻さを抱えるのではなくて、みんなで笑ってあげることでもあるから。

あなたにいちばん言いたいことがあって、それはいっぱい笑っていっぱい泣いてってことなのです。難しい顔をしてひとりで抱えるのではなくて、人生ってやっぱりいろいろあるんですよ。どんなに頑張ってもダメな時はダメだし、逆に棚ぼた式にうまくいってしまうこともある。大事なことはひとりで抱えないでみんなで笑ってしまうことです。泣いちゃっても構わないから、恥をいっぱいかいて! そして笑って!

そして、新年を迎えるタイミングで、やはり自分なりに初詣に行ってみてください。みんなでいくのもいいですし、ちょっと空いた1月3日あたりに行ってもらってもいいです。信仰的な理由で神社仏閣に行かないという人は空がきれいに見上げられる場所か、自分にとって特別な場所でOK。

そこで、個別のお願い事をする前に「今年はいっぱい笑う」っていちばん最初に願ってみて。そして遠慮しないで願い事をたくさん願うこと。「いっぱい人に会いたい」とか「くよくよしない」とか、2分か3分以上その場所でずっと願い続けてもいいです。

しつこいけど、大事なのは出すことです。出すことによって循環が起こるから。いちばんダメなのは黙って溜めること。そうすると動きが止まってきて循環が起きなくなるから。

動きが出てきたらね、いい話なんて勝手にやってきます。徐々に気持ちが動いていくとね、体がいい方向に向かって勝手に動きたくなってくるのです。「自分本来の光を取り戻す」というのが、ゴールドという色のもうひとつの意味なのです。

2016年上半期しいたけ占い:水瓶座は「報われる。プレゼントを受け取っていく」④

■キーワード:深刻に考えることはひとつもない。笑って流していくこと

人生をもっと気軽に考えること。負えない責任や過去をひとりで背負って苦しまないこと。どんなことにもとことん律儀になって「約束を果たす」と気負わないで、失敗してしまったことは「毎年恒例ざんげの会」に回すこと。

だってね、みんなわかっているもん。あなたが思いきり泣いてしまうことや、思いきり笑えることの裏側には「あなたが本当に一生懸命になって取り組んできたことがある」って。それが結果としてうまくいこうが、うまくいくまいが、あなたがあなたであることには変わらないのだから、そんなあなたのことをみんなは好きなのです。だからもっとあなたのことを共有させて。

人生で重いことなんてひとつもないです。できる時はできる。できない時はできない。できない理由を考えてクヨクヨしないで、2016年は全部を笑顔で迎えてみてあげて! 最初のイメージを思い出してください。友人宅でホームパーティがあって、どうにもいたたまれなくなって「私手伝います!」という方に回るのではなくて、堂々と座って歓待を受ける。人からのプレゼントを受け取る。「恩を受けたらその2倍は返さないといけない」なんていうケチくさい考え方は持たないこと。それをやっちゃうとね、あなたのことが好きで相手がやってくれた行為を逆に傷つけてしまうことになるのだから。

■キーワード:恋愛では「この人は私のことが好き!」という勘違いをどんどんする!

恋愛面に関しても「過去の整理」ということがいちばんに関わります。思い出してもらいたいのですが、「停滞している荷物があると、新しい運気が入ってこられない」ということ。つまり、どんどん循環を起こしていることの方が大事になります。

そしてね、恋愛でも、恋愛以外でもぜひやってもらいたいのが「この人は私のことを好きでしょうがないんだ」という勘違いを、あなたが接する機会のある人にやってもらいたいのです。

これは全員にやっていくというのは難しいでしょうが、どこかで“いたたまれない気分になることが多い”あなたは、調子が悪い時の対人関係で「どうせ私は……」という気持ちが出やすいのです。だから、とりあえず他人を信じてみる。あなたのことが好きな他人って、そんなにめったなことであなたを嫌いになることはないんだから。だからまずあなたが人を「この人は私のことが好きでしょうがないんだ。私モテモテでごめんなさい!」と心の中で思ってください。演じているうちに、それがその人にとっての真実になっていくのです。

2016年上半期の時間の流れ

2015年12月までは人によっては「あれ? 私、今どこにいるんだっけ?」と宙をさまよっている感覚を持つ人もいます。自分のイメージをある程度自分の力として使える人は逆に、イメージの力が強まって自分だけの作品を建設していく力が強まります。

2016年1月から3月まではいい意味で開き直る力が増します。自分を縛っていたものから解放され、本来の自由な動きを取り戻します。この動きにうまく乗るためにも、これまで述べてきたような過去の清算とお願い事はできればやってみてください。

4月から6月は「愛を伝える」という力が増していきます。「もっと人を好きになりたい。そしてもっと自分のことも好きになりたい」。その気持ちがあなたに奇跡を起こしていきます。

■しいたけから水瓶座へのメッセージ

「私はどう人の役に立てるのか」ということを考え過ぎずに笑うこと、出すこと。成功も失敗も、みんなと共有すること。

「ここまでがこうだった」とか「これから先は大丈夫か」なんて考えずに踊ること! 人生はダンスであること! その時にかかる音楽に合わせて踊ればいいのです。あなたにはダンスの才能があります。あなたのダンスはきっと、周りのみんなを魅了するから。

あなたにとっての2016年が素敵な一年になりますように!

12月14日(月)〜12月20日(日)の運勢

水色という「感情」を象徴する色が出ています。東洋の占いでは特にそうなのですが、感情って「水」の形で表されます。その理由というのはおそらく感情って「明確な始まりと、明確な終わりというものがないから」だと思います。うれしいはずなのに「なんとなく寂しい」と矛盾した感じ方をするのもまた感情の表れかたなのです。この「感情のパワー」って、あなたという人を象徴するものでもあります。水瓶座の人たちは、表面的にはクールで、どちらかというと美形とされている人たちが多いです。でも、中身は激しいのです。その激しさを日常生活の中で発散できる人はエネルギッシュなのだけど、その激しさを発散できない人はちょっと内にこもっちゃうこともあります。

繰り返しになってしまうのですが、あなたには激しい感情があります。だから「表面的にはクールで何を考えているかわからないけど、内側はすごく激しいものを持っている」という人に惹かれ、共鳴しやすいのです。いわゆる世間的に見たら「アクが強い人」とすごく仲良くなることが多い。感情の力が強い人は、その感情が激しくなり過ぎないように「発散させておく」儀式がたまに必要になります。それがやはりあなたの場合は舞台や映画、音楽、ミュージカルなど、ファンタジーの世界なのです。成年を迎えた人はクラブに行って思いきり踊ってくるのもいいですよ! 恋愛面も含めて、この時期のあなたはちょっといろいろなものと共鳴しやすいので、なるべく明るい人と一緒にいてください。「何考えているかわからない人」は遠ざけておくのが無難です。

12月7日(月)〜12月13日(日)の運勢

「繋がり方の再考」を表す青が出ています。このテーマについては説明が必要で、人ってひとりで生きているわけではなくて、どの人でもやっぱり何らかの人間関係に繋がって生きています。今年は特に、あなたにとって「どの人と、どの程度繋がっているか」は否応なく突きつけられたテーマになったと思います。これ、余計なお世話になってしまったら申し訳ないのですが、水瓶座の人は常に自分と関わった他人に対して全力を尽くす傾向があります。例えば「その辺でお茶でも」ってなったとしても、その場でお店を調べて「そのお店が今日定休日じゃなくて、ちゃんと入れるか」とかチェックする“ホスト役”を無意識にやってしまう感じなのです。

「人に対して過度に気を遣ってしまう、神経を遣ってしまう」というところ。これをですね、変な話「好きな人限定」にやるのは全然大丈夫なのです。でも、ここのバランスが乱れると「それ程好きじゃない人にも特別尽くしてしまう」→「結果、人間関係ですごく疲れることがある」ということがあるかも知れなかった。その見直しを今年2015年は特にやっていました。だから今年、人間関係についてある程度吹っ切れて「まあ、嫌われる人には嫌われてもいいや。ごめんね、自分でやって。私はあなたのお母さんじゃないから」と感じられたら、すごくいいのです。もうシンプルに「私が好きな人が喜ぶことをする。全員にはやらない!」という感じでいいです。恋愛面に関して、自分の喜びの基準を「他人からの評価」に置かないで! 自分が喜んでいるかどうかで! いいんですよ嫌な人からは嫌われて! 嫌な人と勇気を持って距離取ることで、必ず好きな人が見つかっていくから」

11月30日(月)〜12月6日(日)の運勢

「お世話になっている人に愛を込めて」という緑色が出ています。今のあなたは平和な気分の中にいて、人と会う時間が今週は増えそうです。それで、あなたは今週「秘密」というものがひとつのキーワードになっていきます。だから、ちょっと普段会っている友達などでも、自分がインタビュアーになったつもりで「その人が今大事にしていること」とか、そういうことを聞いてみてください。大丈夫。あなたの聞き方って結構うまいから。そういう、他人が「何を頑張っているか」「何にこだわっているか」って聞くとすごくあなたにとってヒントになることがありそうです。

先ほどもお伝えしたように、今週はもしよければインタビュアーになってもらいたいのです。もちろんこれはしつこく個人情報を聞き出すということではなくて、自分がいつも何気なく接している人たちの中に「聞いてみたいこと」を持つ。できれば、その「聞いてみたいこと」はリスペクトできる部分がいいです。なぜ、そんなに頑張ることができるのかとか。そういうことって実は聞かれる方もうれしかったりもするのです。今週はそういうインタビュー以外にも、できれば他人に喜んでもらうサービスをしてあげてください。もう年末も近くなってきたので、今年お世話になった人に先に「あの時はありがとうございました」って人よりも早く挨拶しておくのも相手の心に残ってくれますよ。恋愛面に関しては「あなたの日常で、あなたに小さな幸せをもたらしてくれる人にありがとう」とお礼を言ってあげてください。

11月23日(月)〜11月29日(日)の運勢

「大切な記憶」を表す黄色。「再び縁が巡る」というオレンジが出ています。今、状況がうまく動いている人も、「ちょっと地道に今はやりたい」という人も、そろそろ手応えを感じ始めようとしています。今年のあなたには「ひとり旅」を示すシンボルが出ていました。ひとり旅というのは「みんなと一緒」というわけではなくて「少し寂しいけど、みんなとは一回離れてみて自分なりにいろいろなことを見つめ直したい」という行動です。だから今の自分が自分になるために印象深かった場所、そして人と再び縁ができるようなこともあります。

あなたの不思議なところって、あなたはどちらかというと子ども時代や10代の頃は「大人」として振る舞うことが多いのです。考え方も大人のところがあったし、周囲からも大人として扱われてきたことが多くあります。でも、年齢を重ねるごとに今度はあなたの中の「子どもの部分」が色濃くなってくるのです。その時にあなたは自分の年齢とかを考えて「こんな子どもっぽい考えではいけない! 大人にならないと」と動揺してしまうことがあります。でも、スナックのママみたいなアドバイスになるのですが「子どもっぽくていいんじゃない? 全部が全部大人になんかならなくても」と言いたいのです。恋愛面でも久しぶりにファミリーレストランに行ってみたり、子どもの頃に夢中になっていた映画を見返したりすると、今の自分がやるべきことがシンプルにわかったりしますよ。

11月16日(月)〜11月22日(日)の運勢

「レトロな空気」を表すエメラルドグリーンが出ています。いきなりなのですが、あなたを見ていて「すごいな」と思うところからしゃべっていきたいと思います。あなたのすごいところって「自分が好きになったものに対して決して手を抜かないこと」だと思います。他の人がよくやる“ほどほど”ってあなたの辞書にはないです。とにかく一度好きなことを決めたら、他を見ずにやりきるという不器用なところがあります。「他の人から見た自分の魅力や長所を生かすという器用な生き方ではなくて、私は私が決めたことしかできない」という一本気な、ちょっと昭和の匂いがするところにあなたは惹かれるのです。

あなたがどんな外見でも、美女や美男でも、どこか昭和の匂いのするレトロな場所、古くから続いているお店などが似合うところがあります。それは多分、あなたが「変わることができなかった」とか「変わらずに続けてきたしんどさ、辛さ、誇り」という空気と共鳴しているからです。今週も含めて最近のあなたは「意外なところから意外な出会いがある」という流れにいます。「自分が頑張ることの大まかな方針」だけは決めておいて、そして「そこに対して助けが入る」と思っていてください。だからとりあえずどの人にも「私は今こういうことを頑張っているんです」という自分の情報をしゃべっておいてください。恋愛面では古いお店や古いものがある美術館などがとてもいいです。できれば昔の映画も観たいです。そういう「古いもの」に興味がありそうな人がいたら積極的に誘って!

11月9日(月)〜11月15日(日)の運勢

「許す、緩める」という特殊なエメラルドが出ています。色のイメージでいうと、「ギュッと緊張する、握りしめる」という状態を表す色が紫や青なのに対して、エメラルドというのは「パッと手放す」とか「まあまあ、そこまで言わないでもいいじゃないの」と許すとか緩める色なのです。そういう「緩める」という色が急速に今のあなたにやってきているので“今まで頑張ってきた方向とは逆の反動”がきます。だからズバリ、今週は頑張れない人が出てきてもしょうがないです。今週は今週であなたにやってほしいことがあります。

今、もしかしたら自分の方向性を見失っている水瓶座の方もいるかもしれません。「何で方向性を見失っているか」ということに対して行数の関係でそこはスルーします。ちょっと小難しい言い方に聞こえるかもしれませんが「自分が、自分として頑張っていくためには」自己承認が必要になります。「まあ、いろいろあるけど、私は私でいいや」と思える気持ちのことですね。そういう「私は私でいいんだ」という確認って、現実の交友関係での相談で得られるというよりは、あなたの場合は文学、映画、舞台、ミュージカルなどで得られることの方が多いです。今週は自分の「共感」や「共鳴」が起こる場所にできるだけ行ってみてください。「今の自分の気分ってこのカフェなんだよね」というところでもいいです。恋愛面は急に誰かのことを全面的に許したくなって、甘えさせてしまうことに注意。

11月2日(月)〜11月8日(日)の運勢

「後回しにしてきた夢」を表す黄色。その隣に「プレッシャー」を表す赤が出ていました。このプレッシャーの方から先に説明したいのですが、この赤が「何に対するプレッシャーか?」というと、クオリティに関するプレッシャーです。これはちょっと説明が必要になるのですが、水瓶座の人たちって、遊びでも仕事でも、自分が好きなことに対しては決して手を抜きません。他の人たちにあるような「70点取れればいいや」という手の抜き方を、好きなことに関してはできない人たちなのです(代わりにどうでもいいことに関してはマイナス5万点をとったりします)。今のあなたのプレッシャーは「自分でやると決めたことに対して、どう頑張っていこう?」というプレッシャーなのです。

それで、このプレッシャーに関しては「頑張らなくていいよ」とも「70点取れればいいよ」とも言いません。今は目をそむけないでください。あなたが今受けているプレッシャーって、「ちゃんと向き合って頑張れば結果が出せる」というものに向き合っているからプレッシャーとして感じているのです。これは向き合った方がいいプレッシャーです。あとね、このプレッシャーへの向き合い方のヒントとして、夢を確認してほしいのです。「ただ頑張る」ということではなくて、「何のために頑張っているか? 私はこういうことをしていきたいから」という“何のためにこれをやっているか”という確認を自分にしてみてください。世間は年末に向かって浮わついてきていますが、あなたは今ストイックなモードです。そういうあなたも素敵だからどうか頑張って! 恋愛面は今の自分の頑張りを共有できる戦友のような人と仲良くなっていきます。あなたの理解者を大切にしてあげてください。

10月26日(月)〜11月1日(日)の運勢

「これは私の問題!」という内面を表す紫色。そして「人に心配をかけないようにしている緑色が周りから出ています。まず先に説明したいのが、他の多くの人たちと異なる点として、あなたは「どんなに親しい人にも踏み込ませない自分のポリシー」を体内に持っています。これはもう本当に“損得”ではなくて、あなたは「みんなはそうでも、私はこうだから」という強い芯を持っています。それがなければどんなに楽になれるか(笑)。でも、その面倒くささを失ってしまったら自分が自分でなくなる感じも持っていると思います。

これはおもしろいのですが、人の評価ってすごくいい加減なものなのです。例えば、ある人にとっては「この人のこういうところは面倒くさい。すぐに変えてほしい」というネガティブな評価があったとしても、ある人にとってはその“面倒くさい部分”をすごくポジティブに評価してくれる人もいます。今のあなたの仕事って、あなたのその“変わらない部分”をおもしろがってくれたり、良い評価をしてくれる人を探すことです。あなたは「自分を評価してくれる人」を探すというよりは「はじめに出会った人に評価されるのを待つ」とその評価の場所から動かないようなところがあるのです。もっと楽に。もっというと10人中7人には評価されなくてもいいのです。残りの3人に評価されたら充分。恋愛面も含めて、改めて「自分を好きな人は誰だろう?」と探してみて。自分のことを嫌いな人からは逃げた方がいいです。

10月19日(月)〜10月25日(日)の運勢

「頑張ってきたからこそ、いつのまにか煮つまる」という赤が出ています。今週は同じ水瓶座でもふたつに分かれるのですが、適度に気が抜けている時間が持てている人は大丈夫です。でも、その一方で、頑張り過ぎてしまってちょっとひと休みしたいという人も出てきています。「ちょっと煮詰まってきたな」という感覚を覚えたら、疲れてきたサインだと思ってください。今週あたりでもう一度自分のリズムを一回整えたくなります。これは簡単です。舞台を観に行ったり、音楽を聴きに行ったり、映画を観に行ったりしてみてください。できるだけ「夢の場所へ行く」という感覚を持って、衣装なんかもしっかり決めて。ハロウィンシーズンだからそういう「異空間」に参加するのもあなたのリズムを整えることになりますよ。

これは私からのアドバイスなのですが、あなたは「あれもこれも考えて」というような、“完璧な、隙のない、大人の理論武装”をするというよりは、子どものままで「夢を見ていく。夢を叶えていく」という部分がどこかにあった方がいい人なのだと思います。夢って何ていうのかな、完璧に準備を整えてから叶えたいことを初めて周りに言うというわけではなくて、「私はこういう空間を作りたいんです!」って、準備ができていなくても周りに公言しちゃう方がいいということ。今週はそういう意味でも一回現実なんかから離れてしまって、夢を見られる環境に自分を戻してあげてください。キーワードは「うっとりする」ということ。美しいものでも、楽しいことでも、感激することでも。うっとりしてみて。恋愛でうっとりできる人はしても良いし、女友達同士でうっとりしにいっても全然構いません。

10月12日(月)〜10月18日(日)の運勢

「理想の炎が再び燃え上がる」という赤が出ていました。今週や今の時期のキーワードは「とりあえずやってみる。とりあえず会ってみる」だと思ってください。「これはどうなっているんだろう?」と考えることはちょっと休業してもらって、とりあえずやってみるということだけでいいです。それでね、今週は1日1日、自分に点数をつけて欲しいのです。1日の終わりで良いですよ。「あ、今日の私は52点ぐらいだな。思ったより効率が悪かった。でも、今日は予期しないところで人に褒めてもらったからやっぱり10点加点して62点ぐらいかな」という感じでいいです。

失敗や「正しさ」を頭で考えると「やらない」という0点になることが多いです。でも、たとえ失敗したとしても「やってみる」ということをやったら、自分に点数がつけられます。これは怒られることでも良いし、ミスしてしまうことでもいいのです。そういうことでも少なくとも0点じゃなければ次に繋がっていきます。今週はこの0点になるべく付き合わないこと。「いくらメールしても返事が返ってこない」という人は掛け算で言うと×0で「0点」ですよね。そういうことには付き合わない。自分にできる1点でもいいからそれをやってみて点数をつけてみて。コツコツと加点を積み重ねていくことが、あなたにとって理想を叶えていくやり方になりますよ。恋愛面でも今週は誰かに縛られて窮屈な思いをするよりかは自分の自由でいる方がいいです。

8月24日(月)〜8月30日(日)の運勢

「自信がついてくるような積み重ね」を表すオレンジ色。そして「清算」を表す水色が出ています。こういう例え話をしたいのですが、もしかしたら「自分のやりたいこと」や「自分の選択」ってもう自分の体の感覚で先に決まっているかもしれないのです。だから、他の人から見て「あの人っていつもうれしそう。やりたいことも決まっていて悩みがなさそう」と見える人って、そういう体からの感覚と自分の頭をうまく合わせている人とも言えるかもしれません。あなたがここ最近「体を使った楽しさ」をちゃんとやってきたのは、「何を選んでいくかしっかりと決めていきたい」という願いが裏にあったから。

今週を含めて、あなたは「自分が選びたいものを選んでいく」という流れの中にいます。そして、この「選びたいものを選んでいく」という行為が簡単な人と難しい人がいます。どうして「難しい」と思う人がいるかというと、そこに自分の思考の習慣や癖がどうしても出てきてしまうから。たとえば「人生は苦難の連続。楽観的に見ることなどできない」と思ってしまう人がいたら、それは「自分が作ってきた価値観」というよりは、「幼少期に誰かにそう教え込まれた」という可能性の方が強いです。水瓶座の中には幼少期ぐらいに「他人に迷惑を掛けてはいけない」と教えられると「他人には絶対に迷惑をかけてはいけない」という一種の教条を守り抜いてしまうことがあります。恋愛面でも「義務や正しいこと」よりも「楽しい、楽なこと」を選べていたらいいです。深刻に考え出したら呼吸をして少しウォーキング。

8月17日(月)〜8月23日(日)の運勢

「他人との間に幸運がある」というオレンジ。その周りに「エネルギーがスムーズに流れている」という黄色が出ています。今週はすごく他人の助けを得ることができますし、「好きな人たちと一緒にいる」というのがテーマにもなっています。ここ最近のあなたは、女性誌的な表現であれなんですが「甘え上手な女性」になっています。それだけね、体や気持ちのエネルギーが穏やかで、スムーズなのです。例えばね、こういう人たちもいるはずなのです。今までだったら「自分が全部やらなければいけない」と思っていたことも、他人に任せることができるとか、「失敗があったとしても、それも含めて私らしいんだよね」とか、カリカリすることが少なくなってきています。

今週はぜひ「甘え上手」でいてください。つまり、普段よりも1.5倍ぐらい意図して「ワガママ」になってみる。「ねー、これやってくれるとすごくうれしい」って目に満面の星空を浮かべて他人に頼んでみてください。そうすると「いいよ」って快く引き受けてくれる確率が普段よりも上がっていきます。そうして“頼み事”をしている内に気持ち良くなってくる人も出てきます。ちょっと深い話なのですが、人って潜在的に「誰かの役に立ちたい」と願っています。自分ひとりで全部やってしまうのではなく、頼み事をしていくって、想像以上に大切なことなのかもしれないのです。恋愛面も含めて、「この人に何を頼みたいか」って考えていくことって、相手の隠された魅力を発見するのに役に立ちますよ。相手の中に眠っている魅力をぜひとも発掘してあげてください。

8月10日(月)〜8月16日(日)の運勢

「土を育てている」という茶色が出ていました。今のあなたは「今週私○○しなきゃ!」と用事や要件に追い求められつつも、「この部屋でもうちょっとリラックスできる照明や観葉植物がほしいな」「忙しいからこそ、せめてお昼の一食ぐらいはきちんとしたものを食べたい」ということの方を重視しています。「忙しさ」や「やらなければいけないこと」よりも、その合間合間でやる「リラックス」の方に価値を見出しているのです。あなたの集中力ならば、いくらでも根を上げないで頑張ることができます。でも今はそういうやり方をあんまりやりたくなくて「仕事だけではなくプライベートの時間も大切にしたい」という気持ちになってきています。

これは不快に思わないで読んで頂きたいのですが、あなたはときどき「完璧主義を超えた、執念」のような徹底っぷりを見せることがあります。例えば、あなたにとっては「たかがレポート1枚」の仕事でも、それを作品のように完璧に仕上げていくときがあるのです。それはあなたの長所だし、個性でもあるからそういうやり方は持っておいてほしいのです。でも、「どんなに立派な仕事をしていたとしても、食事が粗末だったらあんまりいいことではない」。そういう“生活全般で健康的であること”ということに今のあなたは意識が向いています。だから「無理しない。計画は緩やかな方がうまくいく」という流れでいてください。恋愛面においても、心の余裕をなくさないように。「大丈夫大丈夫。うまくいくよ」と誰かが楽観的でなければ、物事っていい方向に進んでいかないから。

8月3日(月)〜8月9日(日)の運勢

「ちょっと力が抜ける」を表す薄い黄色が出ています。今週、生活のどこかの一部分で「もういいや」とか「もう、これぐらいでいいや」と力が抜けるのですね。例えば、レンタルビデオで昔の映画のシリーズを観続けてきた人が、一時的に飽きるとか。「体から力が抜ける」というのはデトックスでもあるので、一時的に体調が悪くなる人もいると思います。気にしないでください。ただ、この「気の抜け方」や「力が抜ける」という感覚ですね、そこに少しだけ注意点とアドバイスがあります。先に結論をいうと「次の目標をなるべく決めておく」ということなのです。

まず、いちばんはじめに、「力が抜ける」ということは人間にとっていいことです。でもそこに水瓶座の「何事に対しても極端」という性質が加わると、少し注意が必要になってくるのです。あなたは、倒れるまで頑張ることも、「何もかもやる気がなくなった。よし、全部やめちゃおう!」ということもできる人なのです。その危うさは個人的には好きなのですが(笑)、「これをやっていくために、この習慣を辞める」というのはいい辞め方です。でも、反対に悪い「辞め方」には「どうせ……」という台詞が入っていると思ってください。そういう場合はカッコ悪くても這いつくばったり、喧嘩をしたり、自分の意見を伝えたりする方がいいです。「どうせ……」で辞めてしまったり、諦めたりしたら後悔が残るから。恋愛面ではひとりで全部決めずに「ここまではできるけど、ここはできない」など、そういう、悩みとして抱える前に話してしまうこと。

7月27日(月)〜8月2日(日)の運勢

「今までの真面目な人格が変わるぐらいまで自由になる」というターコイズ色が出ています。いい流れの中にいます。今のあなたが何でいい流れの中にいられているかというと、それは「テキトー」という言葉が実践できているからです。あなたは例えば仕事でもプライベートでも、「ちゃんと自分に任されたことができるだろうか」という不安を常に現場に持っていきます。1から10まで任された責任に対して対応したい気持ちが、あなたにとって「愛」の気持ちでもあるのです。信頼された人に対しては、きちんと報いたいという気持ち。その「愛の気持ち」が変わってきている。

それでは今のあなたはどうかというと、「最低限の責任は果たして、あとの時間は自分で楽しんじゃう」ということができているのです。これはとてもいいことです。例えばあなたが出張で出かけるとするじゃないですか。そういう時に今までのあなただったら「ちゃんと仕事を済まさなきゃ」と思っていたのですが、今のあなただったら「あ、あの出張先はおいしいフルーツの産地だったよな。あそこに寄ってお土産買いたいな」という、“楽しむ”という方向にシフトチェンジできています。しつこいけど、今いい波が来ているから、普段だったらやらないことでも、ノリで楽しんじゃってください。「人生にはまだこんなこともあったんだ!」という感動を味わうための週。どうかきれいな景色を眺めて! 恋愛面でもノリ大事!!

7月20日(月)〜7月26日(日)の運勢

ちょっと色に注目したいのですが、「自分が思いつくことをやっていこう」という赤。そして「いやいや、もっと冷静に」とそれを止める紫色が出ています。これは同じ水瓶座の人でも個人差が出てくると思います。つまり、「自分が思いつくことをパーッとやっちゃおう! 今月はテーマパークに行きたい!」と言って「ビュン!」って行ってしまう人もいます。一方で「いやいや、もう少し冷静に考えよう」という部分が強く出る方もいると思います。水瓶座は「これは何だろう」「あれは何だったんだろう」「どうして私がこういうことを思いついたんだろう」と“意味の世界”に入ることができる人たちでもあります。

“意味の世界”に入ることができる人たちだから、水瓶座には「探究者」が多いです。それこそひとりで独立をして、次から次へとアイディアを出していくような方には「若い頃からひとりでずっと考え続けてきた」というバックボーンを持つ水瓶座もいるのです。一方でね、あなたは「何も考えずに、勢いだけでやっていっちゃう人」にも強烈に惹かれます。それはあなたもそういうことができる人だから。他の人たちから見て、あなたという人が魅力的なのは、実はあなたは外からみると「向こう見ずでめちゃくちゃなところ」がある人なのです。そういう爆発力とか「次に何をしているかわからない」というところを、もっと好きになってもいいかもしれません。説教くさく感じたらごめんなさい。恋愛面も今週はノリで! イエーイ!

7月13日(月)〜7月19日(日)の運勢

「自分との関係も良好だし、他人との関係も良好になる」というエメラルド。その周りに「フッと力が抜けて幸運の風が吹く」という黄色が出ていました。とてもいい感じです。今のあなたは「こうしなきゃ。ああしなきゃ」といういろいろな決め事から自由になって、たとえば「突然その日に誘われたことを優先する」といったような、以前からの計画ではなくてその日に起きる変化の方を大事にし始めています。よく言う例え話ですが、本当はいつも行くこのお店にご飯を食べに行きたかったけど、混んでいたりお休みだった。だから、たまたま目に入ったお店に入ったら、いつも行くお店よりもおいしかった。そんな感じの変化が起きる時です。

いい変化って、やっぱり歯をくいしばっている時にはあまりやってきません。「いい変化」ってなんですかね、例えばお店に入って、席が埋まっていたとします。その時に相席を頼まれて「あ、いいですよ」と言える空気がある席にやってくるのです。店員さんが積極的に相席を頼みやすい、ほがらかな空気というか(笑)。余談ですけど、運がいい人って地元でもないのによく道を尋ねられます。そういうピリピリしていない、ほがらかな空気のところにいい空気って流れてくるから。もうひとつだけお伝えすると、今週は「何ができないか」という考え方ではなく、「何をやらないか」という考え方でいてほしいのです。恋愛面でも今週はピリピリしないで、できるだけ穏やかに「あ、いいですよ」と許すような姿勢で。

7月6日(月)〜7月12日(日)の運勢

「とにかくやってみる!」を表すオレンジ色と「とりあえず前進で。ブレーキとかいらない!」というすごい強気モードを表す鋭い水色が出ています。「強気なあなたが返ってきた!」という状態。今週はちょっと「ハチャメチャ」でも「無茶苦茶」でもいいです。テンションの高さとノリで乗り切ることができます。「できるかな?」と不安になるのではなくて「はいできます! ハッハッハ!」と勢いでやっていった方がいいです。とにかく「やってしまう」「話してしまう」という勢いだけで生活してみてください。いいこと起こっていくから。

TVに出ている芸人さんに注目してもらいたいのですが、芸人の方同士のやりとりって、TV向けにテンションのギアを1段階あげていることに気づくと思うのです。何か言われたら「いやいやいや!」っていう反応の仕方をする。それが普通のテンションで「まぁ、そうですよね」と返してしまうと、会話やノリの勢いってついていかないのです。その「高いテンション」を今週のあなたならできます。いいと思ったら「うん!」と元気いっぱいに答えて、「それはちょっと違う」と思ったら「いやいやいや!」と、こっちも多少テンションをあげて答えてください。いろいろな場面で、自分に勢いをつける感じ。メールやLINEの文章も意識して語尾に「!」マークをつけてください。恋愛面もノリと勢いで!

6月29日(月)〜7月5日(日)の運勢

「強い気持ち」を表す赤。「冷静な精神」を表す青が出ています。今週のあなたは強いです。顔が前を向いているし、自分がやるべきことをわかっている感じ。人が「強いとき」って、どんな状況であっても冷静でいられて、時間を止めないことなのです。例えば「うれしい!」ということがあっても、それを喜びつつも、いつもと変わらずに自分がやるべきことに取り組むことができるということ。そして、「うまくいかなかった!」ということがあったとしても、またいちからやり直そうとすることができること。そういう「何があっても、冷静さをキープして前に向かっていっている」というのが今のあなたなのです。

もう今週は自分のペースでガンガン前に進んでください。他人からの指示を待つ必要はないです。やりたいと思ったことをして、会いたいと思った人に会って。そういう強気のときがあってもいいです。「開き直る」ということとはまた少し違うのですが、今のあなたには「私はこういうことをしていきたいから」と、相手に言える強さがあります。そういう意味で、今週は「今まで自分の心境がなかなかまとまらなくて、なかなか伝えられなかった言葉」を伝えるのにいいときです。今なら堂々と言えるということですね。その結果なんてハッキリいってどうでもいいのです。伝えたいから伝える。それを伝えられたら答えが出て次に進める。恋愛面でも、いろいろな面でも前へと時間が進み始めます。頑張って!

6月22日(月)〜6月28日(日)の運勢

「自問自答」を表す黒。その周りに「自分が好きで接しているもの」を表すピンク色が出ています。「自分が好きなものを好きであり続けるためには何をしなければいけないのか?」 こういったことで今週は悩んだり考えたりします。こういう話って、自分以外の誰かに話しても、ほとんど有意義なアドバイスって与えられないと思います。でも、あなたにとってはこういう自問自答って真剣なのです。あなたは時々、仕事でも、プライベートでも、自分が向き合っていることに対して「自分が本当にそれを好きでいる資格があるのか」ということに疑問を抱きます。そして「ちゃんと好きでいられているかどうか」を自問自答したくなるのです。

「私は今向き合っていることが、本当に好きなのか。そして、それを好きでい続けるためには何をしなければいけないのか?」。それはぜひとも自問自答をしてください。こういう「簡単には答えが出ない問題」に向き合うことって大事だから。それをある程度やったら、以下に書くことを思い出してください。あなたが本当にほしいものって「好き!」って断言できる自信です。自信さえあればいいのではないでしょうか? 自分がこれから新しいことを始める時、そして何かに行き詰った時、そういう時にあまり深刻そうな顔をして「自信がない」と言うよりも「すごい余裕!」って勘違いでも言っておいた方がいいです。そっちの楽観主義の方がいいアイディアが浮かんだりするから。恋愛面は「本当に好きなのかどうか」が出ます。ただ、あまりにも他人の心に深入りするのは自重して。

当たりすぎる! 2015年下半期しいたけ占い<水瓶座>

■ 第一章:上半期までの流れ

水瓶座に関しては2015年の上半期と下半期のテーマはほぼ同じになります。それは「体の気持ち良さの感覚を取り戻す」ということなのです。
上半期では『「頭で考える、こういう人間にならなければいけない」と考えるのではなく「今の私はどうやったら気持ちがあたたかくなるのか」の方を重視すること』と書きました。
その方針は下半期でもほぼ同じなのですが、「今の自分の感覚に沿って、いろいろといらないものを一新していきたい。新しい自分になりたい!」と羽ばたいていく人も増えていきます。

■ 第二章:2015年下半期のオーラ

2015年下半期全般のオーラを見ると「いろいろなものを、徹底して壊していきたい」という気持ちが入った青。そして「解放」を表すターコイズ色が出ていました。
まず、いちばんはじめの「徹底して壊していきたい」ということを表す青は、全く怖い意味で使われているわけではないので心配しないでください。この「壊していきたい」がどういう形で出るかというと、「今住んでいるところの大掃除をしたくなる」「仕事や人間関係や習い事、あらゆることをゼロから見直して、一新したい」という気持ちがすごく強くなるのです。特に「一新したい!」という気持ちは、2015年下半期のあなたにとってのひとつの大きなキーワードになっていきます。
一度壊した上でたどり着こうとしているのが、ターコイズ色で表されている「解放」という境地です。これについてはまた後で解説していきたいと思います。

■ 第三章:体から出ていたその他の情報

今のあなたの状態を見た時に、「足元を見つめる姿勢」が強く目立っていたのです。
足元を見つめるということを違う言葉で表すと「本当に今のままの自分でいいの?」という気持ちが芽生えてきているのです。
「本当に今のままの自分でいいの?」という自問自答って、別にあなたにとってはめずらしいことではないと思います。ストレスがたまると、それこそ自問自答を毎日のように行う人もいると思います。でも、今のあなたの自問自答はちょっと違うのです。
それは「壊しても構わない」という許可が降りている感じなのです。

例えば、あなたが仕事なり人間関係なりで、ものすごく頑張ったけどなかなか成果が出ず、自分が満足の行く結果が残せなかったとします。
でも、あなたは他の星座の人とは違って、「問題に対するチェック能力」がすごく細かいのです。「もっとこういう努力の仕方をしてみたらどうか」「こういうやり方で試してみたらどうか?」というような、“細かいチェックと細かい試行錯誤”をすごく辛抱強く行うことができる。

水瓶座が持つ「課題に取り組む集中力」は偉大で、決して途中でギブアップは言いません。他の人だったら辞めちゃうようなところでも「何とか他にいい手段はないか」と粘り強く課題に取り組むことができるのです。
「良くも悪くも、途中で投げ出すことができない」ところが水瓶座の人にあります。
でも、今のあなたはとてもめずらしく「今まで自分が努力して築き上げてきたものを壊してもいい」というような、「新しく生まれ変わる自分」を許可しているのです。

もっとハッキリと言っていくと、今までのあなただったら「私、そんなに性格が明るい人間じゃないから」という自己規定があったとすると、頼まれてもいないのにその「暗い私」にいつまでも律儀に自分が付き合っちゃう。「楽しい!」っていう場面があったとしても「暗い私なのに楽しめた。何で?」と考えちゃう。あなたがやるべきことは、「私は暗い」という昔の思い込みを手放すことなのです。壊して、解放されていいのです。
今のあなたに何が起きているのか? それをもう少しキーワードと共に説明していきたいと思います。

■ 第四章:「直感能力」と「調査能力」のぶつかり合い
「今までの自分自身を壊しても構わない」という許可があなたに降りてきていると説明をしてきました。もっというと、あなたが壊そうとしているものというのは「標準的な私」「常識的な私」「将来のこともちゃんと考えている私」という、「こうでなければいけない」という私なのではないでしょうか。
これはあなたにとって少し根深い問題なのです。

あなたには「これはおもしろい!」と自分にとって縁があって、おもしろい展開になる動きを捉える直感の能力があります。
それと同時に「私が今思いついた“おもしろさ”というものは、世間的にはどう評価されているのか」と即座にリサーチをする調査能力もあります。
その「直感の能力」と「調査する能力」が、ぶつかり合うのです。
このふたつがぶつかり合ったまま、もう何年も事態が前に進んでいないという水瓶座の人もいると思うのです。

もう少しこの「直感能力」と「調査能力」のぶつかり合いの話をしたいと思います。
例えば、あなたが「体を動かしたい」と思い立ったとしますね。あなたの直感は「よし、スポーツジムに行くか!」と回答を出したとします。
そこで「調査能力」の方も挙手するのです。「いやいや! せっかく今の時期に体を動かしたいと思ったのなら、ほら、あなたは昔から筋トレなどは苦手だからヨガからスタートしたらどう?」と提案してきます。

それで「せっかくだから調べてみるか!」と調査を始めてしまうと「一歩も動けなくなる」という事態に陥ります。あなたは「ヨガに行って体を動かすマニア」というより「都内のヨガ教室の特色に詳しい、ヨガ教室マニア」になる可能性もあるのです。
この「調査をして身動きが取れなくなる」という事態を解消するために、あるエクササイズをしてもらいたいのです。

「1日に1個、直感を入れる」
というものです。どういうことか説明すると、あなたが仕事帰りにスーパーに寄ったとします。棚にあるりんごと目が合いました。買って下さい。以上です(笑)。
こういう「頭で考えないで、やっちゃう」ということを、1日1回試してみてほしいのです。楽しいですよ。

この「直感行動」はですね、はじめはスーパーや食べるもので試してもらって、次第に「目が合ったカフェに入る」とか「たまたま仕事場に行って目が合った人に話しかける」とか、そういうふうに発展していきます。
あなたにとってのもうひとつの強力な武器である「調査班」が挙手をして表に出てくる前に決めてしまうということです。直感班優勢で。
その「直感班優勢」という行動を、別の言葉で言い換えると、あなたはそれをやっていくと「自分にとって“気持ちのいいこと”を優先できるように」なっていきます。

「目が合って、嫌な予感がしないものはとにかく実行してしまう」
それがもうできている人もいると思います。大丈夫。失敗したらその時に撤収すればいいだけだから。とにかく「考えずに、やる」。「考えずに、やる」というマニュアルが書かれた本だのブログだのをチェックしない。とにかく、やる。

■ 第五章:気をつけるべきこと
「後で書きます」と書いておいてここまで引き延ばしてしまった、あなたから出ていたターコイズの色の説明をしたいと思います。
ターコイズには「解放」や「融合」、「混じり合う」、「会合」などの意味があります。視覚的なイメージで説明すると、あなたが液体になって、広い、豊かな海に流れ出します。海の波は、あなたをしかるべき場所へ連れていってくれます。あなたがやるべき仕事は「身を委ねる」ということだけなのです。
これはもちろん、「ただ何もしない」ということではなく、「気持ち良さの追求」と共にあることなのです。

頭でずっとずっと考えて、悩んで迷って、停滞している感じがあるという時、そういう時に即座に「あなたにとって気持ちのいいことは何?」と問われてもわかりません。
そういう「停滞」から抜け出すためには、まず少し汗をかく必要があります。「体を動かして、おいしいものを食べる」というのが生きるための基本なのです。

1日5分でも、体を動かしてみて、その5分間だけは今の自分が抱えている問題や悩みからは離れてみる。それをどうか習慣化してほしいのです。個人で決意してやっていくのは難しいところがあるから、ヨガやピラティスなど、体を動かす習い事に習うのもいいと思います。

そうやって「自分の体が感じる気持ちの良さ」に目覚めた時に、あなたはすでに「もう自分にとって必要のなくなったもの」を手放して、「新しい展開」の中に入っていきます。
汗と共に、古い「人生はそんなに簡単に行くはずがない」と固くなっている自分を流していってください。

■ 第六章: 恋愛面

恋愛面も、直感にしたがって「考えて、考えて、考えまくる」という行為を捨てていくので、自分の抱く感情に対して素直になっていきます。
あれこれ「付き合う意味」や「この人と一緒にいる意味」、「私は本当にこの人を必要としているのだろうか」など、あれこれ考えるのではなくて「会いたいから会う」とか、そういう素直な感覚に近くなっていきます。

この下半期には、同じ水瓶座の人の中でも「思考の逆転」みたいな現象が起こりやすいのです。つまり、今まで物事を楽観的に考えていた人、「もうちょっと本格的に取り組んでみよう」と本腰を入れて未来に対する計画を練ります。逆に、今までは少し過度に真面目に考えて準備を重ねていたような人は、とたんに「ま、いっか」と楽観的な考えを手に入れていきます。
「今までの自分はこうは考えなかったけど、こういう新しい自分も悪くない」と思ってください。

そしてもう一言。恋愛面でも「自分が気持ちいいかどうか」が優先。相手の気持ちは第一優先で考えなくていいです。恋愛感情をまず抱かなったとしても「自分が一緒にいて気持ちのいい場所&人」に会いに行くようにしてください。その延長線上に好きな人、一緒にいる人が見えてくるから。

「自分にとって気持ちのいい場所探しツアー」というものを計画するのもおもしろいです。同じ地域のカフェだけど、こっちのお店は自分に合うけど、こっちのお店は自分には合わないとか、そういう感覚的なことに詳しくなっていってほしいのです。
しつこいけど、「相手が自分のことを本当に必要としているのかどうか」と考える、“相手重視”の恋愛観はうまくいきません。自分優先で。

■ 第七章: 時間の流れ
7月から「スタート!」を表す合図が鳴ります。6月までは「何かをしつつも、出発前の準備」を黙々とやっている感じです。
7月からの「スタート!」は何を表すのかというと、あなたにとっての「青春」が始まっていきます。その流れは11月まで続きます。

だから、7月から11月までは体力を使いきる感じで、思いつくすべてにチャレンジしてみてください。だってそれが青春だもの! いいですか。この時期に観客席にいるのはなしですよ。あなたもゼッケンをつけて参加をするのです。大丈夫。時間は長くあるから。結果を考えず、今の自分の順位を考えず、やってみること。

今回の水瓶座に対するアドバイスって「テキトー」に感じられる人もいると思います。でもね、しょうがないのです(笑)。今のあなたに向かっては「とにかくやってみて!」という直感に沿ったアドバイスしか言えないのです。
「具体的にこの時期にこういう動きが……」となってしまうと「調査班」の方が強くなってしまうから。
11月を過ぎて、12月に入る頃には「ここまで来ることができた!」とひとつのレースを終えます。その結果を楽しみに走ってください。

■ 第八章:メッセージ

「一新したい」。あなたの体の奥底から出ていた声です。まずは汗をかくこと。汗をかいて、心地いい疲労感の中でおいしいものを食べること。できれば週に1回は心地のいい疲労感を得ること。
「疲れた」とつぶやく人は、実はエネルギーが余っている状態なのです。体にエネルギーが余ると、その余ったエネルギーは循環不良を起こして、「あの人にこんなことを言われた」「今日はこんなことをされた」「あの人は何を考えているのか」など、そういう余計なことを考えるために使われていってしまいます。

できれば、体の力を使いきって、自然に触れて、自分の体の奥底から出てくる力を信じること。大きな願い事ではなくて、自分から湧き出る一歩の力をうまく取り扱えるようになること。
「自分の体が感じる気持ちの良さ」という感覚が、あなたを導いてくれます。

6月15日(月)〜6月21日(日)の運勢

「身も心も軽くなる」という浄化を表す黄色い光が出ていました。今週は特別な感触があります。このことを説明する前に、何度か“水瓶座”という星座を見ていて不思議に思うことがあります。それは、水瓶座って、ある特定の周期ごとに「自分の悩みに対して徹底的に取り組むストイックさをみせる時」と「デトックス」を繰り返すのです。だから、悩んだり苦しんだりする時は、周りの人があなたを見て「なんでこの子はここまで苦しみと向き合うんだろう?」というぐらいまで徹底的に向き合うのです。でも、向き合い続けた後は必ず「羽ばたく」という一瞬を迎えます。

それで、今週あたりから「浄化」のシーズンを迎えていきます。この「浄化のシーズン」は今までと違って、「自然体」をすごく取り入れやすくなります。これを違う言葉で説明したいのですが、例えば「こうでなければいけない」という、自分に対するプライドや「期待に応えたい」という気持ちが強くあると、ちょっとの失敗で凹んだりもします。でも、自然体でいられる時って、人から何か指摘された時でも「あ、そうなんだ」とすぐに切り替えていくことができます。「難しく考えずに、疲れたら寝る」というようなシンプルな生活と共にあることを心掛けてください。自然体でいられる時って「その日にできる無理」をしなくなります。恋愛面でも朝か夜のどちらかに散歩をして手ぶらの時間を作ったりすると、自然体でいられます。

6月8日(月)〜6月14日(日)の運勢

「いつまでもこの時間が続くといいな」という楽しいという時間を表すターコイズが出ています。この「楽しい」と思える今の時間が「大正解」だと思ってください。あなたにはどこかの部分で「100%楽しくあること」を怖れてしまうところがあります。あれです、どんなに楽しくても「早く家に帰って宿題をやらなきゃ」というような、冷静さに帰ろうとするところ。「まだまだこんなところで満足してはいけない」という心配性なところ。でも、今週はそういう心配性な自分から解き放たれてください! 「すごい楽しい!」ってことがいちばん最高なのです。そこに余分な心配をつけ加える必要はありませんよ。

今週の水瓶座は「今週の牡牛座の占い」も見てほしいのですが、「遊びを大事にして」というメッセージが同じなのです。特にあなたが今関わっているモノや人。それは、はじめは「好きだからその世界に入った」ってところがいちばん大きいと思うのです。「好き」って純粋です。バカみたいです。だから、大人ってそこに余計な理屈をつけ加えたがる。「言葉やロジックはしっかりしているけど、まったく胸を打たない台詞」って、あなたにはあまり必要ない。「好きだから!」と堂々と言い続けている人の方が強いのです。今のあなたはそういう「好きなもの」のために足を踏ん張って頑張れているから。遠慮しないで全力で「好き」でいて。そして恋愛面も含めて「遊び」も大事にして。自己評価が低い人ほど遊びません。この辺も牡牛座のところを見てね。

6月1日(月)〜6月7日(日)の運勢

「花や植物の香り」を表すピンク色と「土の匂い」を表す柔らかい茶色が出ています。この「自然の優しい匂い」が体から出ている時というのは「健康的なモテ運」が大幅にアップしているようなときなのです。今週、できれば自然に還ってあげてください。そんなに遠くなくてかまいません。できれば海の匂い、山の匂い、花や緑の匂いを少し足を延ばして嗅いできてほしいのです。その自然が多い環境の中で、できればご飯を食べること。「どうしてもスケジュール的に難しい」という人は、異国情緒を感じられるカフェとか、そういうところに行ってランチをしてみてください。

たまにあなたから「自然に還りたい」という欲求が強く出るのですが、これは多分あなたが「自分が接したり、一緒にいる人たちの雰囲気や顔色の変化にすごく敏感だから」というのが理由になります。「他人の反応が気になってしょうがなくなる」という状態が続いたりした時は、今のあなたがそうであるように、素直に自分を解放できる場所に旅立たせるのがオススメです。それはやっぱり「自然」という環境なのです。人の反応って気にしたらキリがない。たとえば自分の気になる人が今日は愛想が良かったとしても、明日になったらどうなるんだろうって、相手が人である限りは心配事ってなくならないから。だからたまに自分を解放させてあげて。自然は自分に対して何も求めません。だから自由でいられるのです。恋愛面でも自然を感じられる場所でおいしいごはんを食べること。

5月25日(月)〜5月31日(日)の運勢

「頑張ってきたことがある」というオレンジ色と、「それが認められ始める」という緑色が出ています。頑張ってやってきたことが周りから認められるという、とてもいい状態です。「自分が調子がいい時」ってあります。でも、そういう「調子がいい」っていう状態って、よくよく考えてみるとそれが自分のやってきた努力が正しかったからなのか、それともそういうこととは無関係に「周りのおかげ」なのかわからない時というのがあるのです。それで、あなたが心の底から「いや、周りのおかげですよ」と今週自分の周りの誰かに感謝ができたらすごいことなのです。「私の努力」よりも「みんなのおかげ」のほうを見られる人って、大人じゃなければできないから。

今週は平和な時間を過ごせます。普通に過ごせれば何より。そして、ひとつだけ注意点があるとするならば「ショックを引きずらない」ということ。別にこれは今週のあなたにショックな出来事が起こると言いたいわけではなく、むしろ、あなたが「いい流れ」にある時って、「これでいいのかな?」という怖さや不安が先に来る場合が多いのです。あなたは時々、自分についてニュース原稿を読む感じで、「常に自分に何が起きているか客観視しておきたい」という、なんというか「現状確認」をしたがる気持ちがあります。あなたが「客観的に自己確認」をしたがるのは、周りの状況に乗っかることよりも、「自力で何とかしなければいけない」という怖れの方が強いから。今週は恋愛面でも「助けてもらう」と「甘える」というのがキーワードになります。恥なんてかいても一銭も損しないんだからどんどんかいちゃえ! 「みんなのおかげ」のほうにどんどん乗ってしまうこと。

5月18日(月)〜5月24日(日)の運勢

「どうすれば伝わるんだろう?」という悩みに取り組む水色が出ています。今週は「他人への伝え方の中で、自分がこだわっていることを発見する」という週になりそうです。あなたはここ最近ずっと「他人への伝え方」について取り組んでいたのです。例えば、これを恋愛面で説明をすると、自分があんまり好意を寄せていない人に対する対応と、本気で好きな人への対応があったとします。その時、「あんまり好意を寄せていない相手」の方のほうが、自分がリラックスしているぶん、「良い伝え方をして相手に好意を持ってもらう」ということがあるのです。そういう「伝え方のジレンマ」について取り組んでいました。

「伝え方」やアウトプットって、本当にやってみなければどれが正解なのかわからないのです。雑誌でもテレビでも、個人の活動でも、「あんまり力を入れていない企画がウケてしまう」ということって結構たくさんあったりもします。逆に、力も時間も予算も使ってきたことが、今いち伸び悩むということもあります。そして「じゃあどういうのがウケるのか」って事前には全部はわからないものだと思います。コミュニケーションとか“こだわり”って「ウケること」も「ウケないこと」も両方やってみると「自分の中でどうしても外せない部分とかどうしてもこだわってしまう部分」って見つかります。今週は「自分がどうしてもこだわってしまう部分」を少し楽しみながら見つけてみて下さい。カウンセラー的な人が周りにいるともっと見つかりやすいです。恋愛面でも、第三者からの「あなたってこうよね」っていうアドバイスを受け取るのが良いです。

5月11日(月)〜5月17日(日)

「デトックスが深まり、広がる」というきれいなターコイズ色が再び出ています。ここ数か月あったデトックスもそろそろ仕上げの時期に入ろうとしています。その仕上げの時期にあるキーワードとして「あるがまま」というイメージがあります。「あるがまま」というのは「仕込みなしの自分を受け入れる」ということです。こういう「自分を受け入れる」などという言葉って、普段の自分では今いち理解できないのです。でも、デトックスをされた状態の時って、体感としてわかる。「無理するときは無理するけど、無理できないものには無理できない」という「あるがままの状態」というのを、あなたは今受け入れようとしています。

今のあなたが学んでいることはすごく深いのですが、一言で表すと「無理なもんは無理。しょうがない」という乱暴な表現になります(笑)。「一生懸命やってきた結果、無理になるものも出てくるけど、その無理になったものにはこだわってもしょうがない」という広い目線を学んでいます。「そういうこと」を学んだ人は、結果を気にせずに目の前の一日に集中できるようになります。ちょっとお花を買いに行ったり、机の周りを整理してみたり、そうやって「今日一日を少しだけいい気分で過ごそう」と意図して行動したことって、あなたに返ってきますよ。難しいことを難しい顔で考えるのではなくて「今日一日を少しだけ良くする。気分がすぐれなくて動けない日もあるけれど、そういう日がある自分を嫌いにならない」と意識して。恋愛面でも自分を好きになれない人は、他人を好きにはなれません。

5月4日(月)〜5月10日(日)の運勢

「なんだか全部許しちゃうような気分」を表す柔らかいターコイズ色が出ています。「にこやかに、笑顔で、油断して」というような1週間になりそうです。今のあなたは小鳥やそよ風がお友達のような、そんな平和でかけがえのない日々を過ごしています。最後の「油断して」という文言が気になる人もいるかと思いますが、あなたは少しぐらい油断しているぐらいがちょうどいいのです。あなたにとって「警戒心」や「自衛本能(=自分の身は自分で守らなければいけないという感情)」はそれだけ扱い方が難しい。ほら、緊張し続けると糸が引っ張られる形で切れちゃうじゃないですか。だから普段から緩い方がいいのです。

もし、今のあなたが街を歩いていて「今日のタスク」や「今の自分が置かれている現状」というものをカリカリと考えずに、ただ「風」を感じられたら、これほど素晴らしいものはないのです。ブログやSNSの更新に熱心にならずに、「私だけの気持ち良さ」とか「私だけのおいしさ」というものを味わってください。幸せってフランス料理や懐石料理のようなものかもしれないのです。ああいうコース料理って気が短い人は苦手なのだけど、気持ちに余裕を持って一品一品にそれぞれの季節感を感じたり、「こちら側の心がけ」がないと楽しめないものなのです。いきなりメインディッシュにはいかないというのも、もしかしたら幸せというものにおいては大事なのかもしれないのです。恋愛面でも「メインを焦らない」という気持ちと「そよ風を楽しむ」という気持ちを大切に。

4月27日(月)〜5月3日(日)の運勢

「デトックス終了」を表す紫色と、「人間関係が輝き始める」という新しい緑色が出ていました。先週、先々週と「デトックス」でしたね。それでは今週はどうなっているのでしょうか。デトックスを終えたあなたに訪れた変化というのは「人間関係の変化」です。「は? それだけ?」と思われるかもしれないのですが、これはすごく大きなことなのです。もっと具体的にいうと「あなたの中での“人に対してはこうあらねばならない”という人間関係のルール」が変わりはじめています。例えば、「朝昼晩、毎食ごはんを作ってあげなければいけない」と思ってやってきた人は「今週から、土曜日は私は外でランチ食べてくるからね」と言えるようになってきます。

あなたにはこういうキーワードを持ってほしいのです。「お互い、もっと楽に」という言葉の掛け合い。人間関係って、それが仕事でもプライベートでも「どちらかが絶対に相手の責任を取らなければいけない」という窮屈な関係ではありません。「戦って何かを勝ち取る」というような関係ではなく、もっと楽でいられるところは楽にする。それがもしかしたらあなたが望んでいたことなのかもしれないのです。こういう感覚って、体がデトックスを迎えないと(デトックス中はみんな物事がスムーズにいかなかったり、生理痛のような重苦しさを感じます)、なかなか「ま、これでいいか」とは言えないから。恋愛面でも「ま、これでいいか」を重視してください。そういう「楽で、今の気分が楽しい」という関係から、確固とした「頼り合い」が生まれてくる予兆が出ています。今週はちょっと遊んでしまって!

4月20日(月)〜4月26日(日)の運勢

「デトックスしてますよー」と言っている赤が強く出ています。先週から引き続いてデトックス期間が続いております。今のあなたがやっている「デトックス」の意味というのは、「反応するもの/反応しなくていいもの」を仕分けしている感じなのです。「反応しなくていいものに反応する」と、体力や気力を消耗していきます。逆に、「反応した方がいいものに反応する」と、力をかけずにスムーズに流れていきます。これは「体感」の世界なので言葉で説明することの限界がありますが、先週に引き続いて「はい無理。ごめん」という線引きによって、「反応するもの/反応しなくていいもの」を分けようとしています。

この「デトックス期間」を経ることによってあなたがどうなっていくのか。こう説明させてください。例え話なのですが、あなたが自宅で友人を招いて手巻き寿司パーティをやったとします。その時にあなたは「みんなが喜ぶようなオーソドックスな寿司ネタ」を完璧に用意することもできる人なのです。でも、あなたの本性の中には、そういう寿司パーティの時に「みんなが知らないネタ」を用意できる部分も強くあるのです。オーソドックスもできるし、「特殊なネタ」も用意できるというバランスをあなたは持っています。オーソドックスだけでもダメだと思いますし、「特殊」だけでもバランスとしてはちょっとダメ。どちらかに偏り過ぎてもダメ。そのバランスを整えようとしているのです。恋愛面では手巻き寿司パーティをやってもいいです。ただし、体調がまだ整っていない人は無理をしないで。

4月13日(月)〜4月19日(日)の運勢

「デトックスされて、気持ちも体もきれいになっている」という黄色が出ています。デトックスされた状態の時って、「直感が冴える」という時なのです。これについて少し説明したいのですが、「迷い」がある時って、体や気持ちの中に「余分なものをしょいこんでいる」という時なのです。不純物があるときは「通りが悪い」のです。でも、それが今全部きれいに出されて、「はい、これはいける!」「はい、これは無理!」という即断即決がされやすいようになっています。今週はその「即決」を楽しむぐらいの気持ちでいてください。無理なものは「はい無理、ごめん!」で。

迷いがある時とか、「自分がいい選択をできていない」と感じられる時って、実は「できないことをしよう」と思っているのです。それが、デトックスされクリアになっている。この感覚を覚えておいてください。即断即決ができる時って、体とか頭が「考えてしまう」というステップにハマっていません。ひとつひとつの「無理!」を感じてみてください。「あ、どうしよう。あの人からの誘いだ。断ったら悪いよな」と普段だったら考えてしまうような場面でも「はい無理、気が乗らない!」でとりあえず断っちゃいましょう。今週は「義務」という考えを少し脇において、自分ができることに集中して。恋愛面では「仕切り直し」という面が大きくなります。そういう時も「過去の自信のなさ」は脇に置いておくこと。

4月6日(月)〜4月12日(日)の運勢

「巣に入ってゴシゴシ作業をしている」という森の色が出ています。アライグマが巣穴に引きこもって淡々と洗い物を片づけているかのように平穏な生活をコツコツとやろうとしています。今週はちょっとひと休みといったような感じ。その時に注目してもらいたいのが、「ひと仕事を終えた時に『ふぅー』という溜め息が出るかどうか」なのです。「ふぅー」という溜め息は「前へ向かっていっている」といういい溜め息なのです。逆に「はぁー」という溜め息は「わかってもらいたい」という他人への期待が込められた、それこそ「力が抜けていく」溜め息です。今のあなたは「力を漏らさない」という「ふぅー」という溜め息ができています。

ちょっと話が変わりますが、例えば私が相談者から「仕事を辞めようと思っている」という相談を受けた時などに「一週間、シューズを磨いたり、掃除などをしてみてください」とアドバイスをすることがあります。これは「仕事を辞めたい」という言葉の真意に「今の何も起こらないと感じられる生活を一変させるために、大きな刺激を取り入れたい」という気持ちがあるからなのです。でも実は、日頃お世話になっているシューズやバッグをきれいにしたり、ちょっと掃除をすることで、大きな変化ってやってきます。なぜなら、自分の身の周りに「いつもありがとね」と愛を取り戻す大事な行為だからです。変化は常に起きているのです。でも、その変化は「自分の周囲3メートル以内の空気に同調しているだけ」とも言えます。愛情をこめて靴磨きを。恋愛面では日頃お世話になっている人たちにメールや手紙を書いてみてください。

3月30日(月)〜4月5日(日)の運勢

「新しい自分への旅立ち」という黄色と「自分の状況を把握しようとしている」という紫色が出ています。人によっては「すごい急展開」の中を走っている印象です。頭でグルグルと考えずに自分が進んでいく道を信じてください。あなたはどこか「自分の状況」に対して常に「自分はどういう状況で、どういうことを学んだのか」という理解を求めます。でも、時と場合によっては「まっ白な地図」を使っていった方がうまく事が回っていきます。自分が持っている地図にあれこれと「心配事」を描き尽くして「理解」しようとすると、大切な道が見えなくなってしまうこともあるから。

これはどの人もそうなのですが、頭で展開を読もうとし過ぎたり、「今の自分」についてグルグルと考え出すと、「意味の罠」にハマります。「なんで私はこういう傾向があるのだろう」と分析をするのは、変な話、10年後に取り組んでみてもいいぐらいのレベルです。それよりも、今のあなたは「今」を生きています。あなたの「今」ってけっこう大事な時なのです。こういう時は簡単。地図すら必要ありません。真っ白でいいです。誰かと会う前に予想しない、現場に行く前に心配をしない。「その時の自分に任せる」という勇気を持ってください。YesかNoかは、その時の自分が感じる方に任せてください。あなたは自分が思っているよりも大丈夫だから。恋愛面でも「とりあえずの今日。とりあえずの明日。今後は未定」の波に乗っかる意識を。「次の展開」を予想しようとすると、「不安」の方が先に出ちゃうから。頑張って!

3月23日(月)〜3月29日(日)の運勢

「ここまで耐えてきたぜ! 状況を変えてみせるぜ!」というゴールドが、体の奥底から湧き出ようとしています。今週のあなたは強いです。どういう強さかと言うと「私ってこういうことだったんだ」と、自分の方針や軸のようなものが確認できるのです。そして今週は「自分の肉体計画」に取り組んでいく大きなチャンスの中にいます。あなたにとっての「未来へのイメージ」というのは、自分の肉体と共にあるとも思ってほしいのです。ほら、よく「せっかくいいお店に来たのにこんな服なんか着てくるんじゃないかった」と後悔することってあるじゃないですか。「完璧に楽しむための準備をする。妥協はしない!」という時間に向かって、スタートしていますよ。

本当に何でもいいので「今年の夏にビーチに行く私!」というようなイメージを持ってください。ここで約束して頂きたいのが、その楽しみを「夢想」にはしないこと。「いつかできたら良いね」にはしないこと。もう「行く!」って決めてしまう。そのためにはこのトランクを持って、この服を持っていく!くらい考える。それだけ今のあなたは「運に乗ろう」としています。運に乗ろうとしている時にいちばんやってはいけない態度というのは「遠慮」や「控えめにする」という態度です。女性誌によく載っている「幸せオーラ」って、それは「楽しむべきときは楽しむ!」という人たちから出ます。全部の場面で「汗水を垂らし続ける」なんてあなたらしくないです。思いきり楽しむために生きているのだから。今週は恋愛面でも人間関係でも自分に辛気臭い匂いを持ってこようとする人(話すとガッカリする人ですね)はできるだけシャットアウト!

3月16日(月)〜3月22日(日)の運勢

「モヤモヤした檻から解き放たれようとしている」という鋭い水色が出ています。今のあなたの胸に飛来しているものは「希望」です。「新しい展開」です。それをまず信じてみてください。もし今の自分が「停滞している」と感じていたら、それはただの停滞ではなくて「毒出し」の停滞だと思ってください。この「しいたけ占い」でも、ときどき水瓶座を見ていると切なくなるときがあります。水瓶座の人って「こんなに懸命に頑張っているのに、他人からの受け入れられ方、評価のされ方」にすごく不器用なところがあるのです。今週はそこをちょっと説明したいのですが、あなたが持つ「不器用」って、他の星座にはない徹底した「他人尊重」のやさしさです。

これは真面目にお話したいのですが、水瓶座は「幻」というものの方にリアリティを感じたりもします。「今自分が幸せに感じているものを、それを思いきりつかんでしまえば、その幸せは壊れてしまうんじゃないか」という感覚を持っているのです。ですから、水瓶座がアーティストや表現者になった時にはすごく人の心を揺さぶることができます。でもね、あなたは24時間役者になってはいけない! あなたにはあなたの欲求があって、「会いたい!」という気持ちがあって、失敗をしてしまう自分もいる。「誰も傷つけたくない」という自分の檻から出て、傷つくつもりで表に出てきてください。なんなら、傷ついちゃって! そっちの方が絶対にスッキリするから。モヤモヤ状態よりも、やるだけやってスッキリする方が絶対に気持ちいいから! 気持ち良さ重視! 恋愛面も気持ち良さ重視! 下品で上等ですよ。

3月9日(月)〜3月15日(日)の運勢

「自分の道に向き合いだす」という水色が出ています。水瓶座って「みんなの中にいると、突然自分が見えなくなっていってしまう」という感覚に襲われることがあります。「自分はこの空間に必要なのか」というような、自分が見えなくなっていってしまう感覚。それだけ「普通が苦手」という気質があるのです。だから水瓶座の人って「変な人たち」が好きなんですが、それは変な人たちがあなたに「普通でいること」を強制しないからなのです。それだけあなたの中に「普通」という言葉に強く反応してしまうようなコンプレックスのようなものがあるのです。これをね、ちょっと今週はお伝えしていきたいのです。

これはすぐじゃなくてもいいから、半年後でも何でも「ひとり旅」の予定を作ってもらいたいのです。それ程遠くに行く必要はありません。あなたは「静かな変人」です。変人ってたまに「日常の、みんな」から離れないと自分の感覚が死んでいってしまうのです。「みんなができる平均点をいつでも高くとれる」という人は変人ではなくて、「自分にしかできない100点」をあなたはとれる人。だから、どうか「普通にできない私」を傷つけないで。それができる人に任せておけば(笑)。「あなたが普通になれない」と言いたいわけではないのです。そうじゃなくて、あなたはどこかで「あなたの道」を踏み出さなければいけない。やり方が違うけどそっちに幸せがあるから。恋愛面に関しては「浄化」を表す水色かターコイズのアイテムを持ってほしいです。

3月2日(月)〜3月8日(日)の運勢

「新しい感動がめぐってくる」という黄色が出ています。今週はですね、イメージとして6歳児ぐらいに戻ってほしいのです。6歳児というと、小学校で新しい友達ができて、新しい教科書ももらって、給食も本格化します。「わー!大人の食べ物だー」と感動しちゃいます。なんでこういうことをあなたに伝えたかと言うと、水瓶座って「まとめサイト」みたいなところがあるのです。つまり、今の現状を自分でせっせとまとめて「これはこういうことになっているらしい」と自分の頭の中にデータとしてまとめようとする癖があります。それはよいことでもあるのですが、そこで忘れてしまうことがあります。それはあなたの中にある「こども心」なのです。

「こども心」って何でしょうか。それは「わー!すごい!」です。以上。「こども心」の反対にあるものは何でしょうか? はい、ご名答。「考察」ですね。まとめですね。今のあなたは「これまでに蓄積したデータ以外」の出来事に遭遇しようとしてきているのです。ですから、「ただワクワク感だけ持っていけばよい」ということになります。今自分が目の前にしたものを、あとでネタにしたり、全部をまとめて考察する必要はなく、ただ「わー!すごい!」とその場で感動すれば大丈夫。「体験」をあとでまとめようとする気持ちが強いと、その場で感動していく力が弱くなっちゃうから。難しく考えないで大丈夫! 今週のキーワードは「わー!すごい!」です。恋愛面でもこの言葉を胸に秘めておけば、動いていきますよ。

2月23日(月)〜3月1日(日)の運勢

「体の中から普段とは違う音が鳴り出す」という水色が出てきています。今週、本当に思いつきでよいので「普段の自分がやらないこと」をやってみてください。具体的な説明をすると、今のあなたの体の中からは「普段とは違う音」が鳴り出しているのです。こういうときって「この人とは気が合わないと思っていたけれど、なんか打ち解け合えた」というような新しい発見があるときなのです。たとえば、あなたはどうしても「軽薄なもの」や「力が入っていない」作品、他人の態度に対して引っかかるものが出てくるところがあります。でも、できる限り今週は「相手のリズム」に合わせてあげることがよい結果を生みます。

たとえば頭で「自分は変わらなきゃ!」と思っても、なかなか人って変わることができません。完璧な1年計画を建てたところで、それをやりきられる人って稀だから。それよりも、どこかで「こうでなければいけない」という強い意思を一時的にあきらめて、「この流れや雰囲気に乗ってみよう」と流されることも大切。水瓶座の人って「飲み会の席でも、必ず人の気持ちに残るひと言を言わなければいけない」という「1回1回の場面で、白黒ハッキリつけようとする態度」があるのです。だから本当、これはできる人にはやってもらいたいのですが、今週はメールの語尾にハートマークをつけてほしいのです。それだけで違うから。恋愛面に関しても「相手に合わせてみる」という気持ちをもって、無理にその人の心境を「こういうことなのか」とまとめようとしないことがよいと思います。

2月16日(月)〜2月22日(日)の運勢

「余裕が出てきて、完璧主義の考え方が変化する」という薄いターコイズ色が出ています。今週も先週に引き続き「頑張って」います。だからこそ、「ガー!」って叫びたくなるような精神的に余裕がなくなる状態に陥らないことが大事。頑張っている時って余裕がなくなるのです。あなたの今の状態ってフィギィアスケートに出てくるプロスケーターに例えられます。「このジャンプの失敗さえなければ、完璧な演技だったのに!」というようなこと。でも、今の時期ってみんな疲れているから、ライバルとか周りの人もみんなジャンプに失敗しています(笑)。だから焦らずに自分の演技を続けてみてください。「ミスが許せなくなる」というのは、気持ちの余裕を失っている証拠だから。

あなたには天才肌のところがあります。何というか、天才と呼ばれている人たちは「波に乗っている自分の威力」を知っているのです。だから、チマチマと努力したり、波に乗り切れない自分に対してものすごくイライラしちゃう時も出てきます。でもね、実はスランプのすぐ横にも幸せってあると思うのです。「強く前へ進もうとしている時」って、「こうでなければいけない自分」のイメージにとらわれてしまいます。でも、「弱くなった」という時って、人から自分のよさを見つけてもらえるという場面でもあるのです。自分の「弱さ」に少しずつ慣れていって、その「弱さ」もそんなに嫌いじゃないと思えたら合格です。恋愛面に関しては「完璧な演技」ではなくて、派手にすっころんでも大丈夫です。審判は減点したとしても、観客はあなたがジャンプに失敗した姿に対して幻滅なんて絶対にしないから。

2月9日(月)〜2月15日(日)の運勢

「私けっこう頑張ってきたから褒められたいぞ!」というピンク色が出ています。今週は「寂しさ」という感情が表に出やすくなっています。なので「自分がホッとする人」に連絡をとって会ってみてください。小さい子どもがそうであるように、人間って大人になっても「私頑張ってきたよ!」と誰かに褒められたくなるときがあります。そういう「褒められたい」という感情が出てきたときって、「私は大丈夫ですから」とクールにその感情を流さないほうがよいのです。「褒めて、褒めて!」と相手に強制するのは違うと思うけど、今週はあなたも誰かに褒められないとやってられない(笑)。だからとりあえず私があなたを褒めます。すごく頑張ってきましたね。えらい!

子どものときと違って、大人になり始めると辛くなってきてしまうのが、「努力はして当たり前」とか「自分のことは自分でやってね」という暗黙の共通ルールができてしまうこと。たとえば、みんなから「すごい!」と思われるような成果を出したときには、そりゃ褒めてもらえるでしょう。でも、そういう「大きな成果」ってどの人にもいつも訪れているわけではないのです。自分の周りを見渡してみて、「そんなにすぐ私を褒めてくれる人なんていない」と思ったあなたは「ちょっとしたお菓子を誰かにプレゼント」するなどして「ありがとう」と言われてみてください。「ありがとう」って自分が頑張っていくためのガソリンになります。恋愛面に関しても「ちょっとしたものを相手に渡す」のがよいです。「ちょっと渡したいものがあるんだけど」と誘い出して。

2月2日(月)〜2月8日(日)の運勢

「異世界に惹かれる」という黄色が出ています。今週は音楽や映像、自分の思い出など、「ここではない、どこか」という世界に強く惹かれていきます。例えば、昭和初期までの人気のデートスポットのひとつとして、神社とか仏閣とか「岬」などの場所があげられていました。なぜかというと、そういう世界って「普段自分がいる場所」ではないから、「普段の自分とは違うことを喋る」という場所であったからです。現代でいうと「クラブ」と言われている場所もそういう役割を引き継いでいます。クラブにおいては「あなたのご職業は?」とたずねられることなく、音の世界に浸っていることができるから。

とにかく、今週のあなたは「ここではない、どこか」という異世界に惹かれます。特に水瓶座であるあなたは「逃げられる時に、逃げる時間は持った方がよい」というのがアドバイスになります。なぜなら、あなたには「徹底して日常生活に同調することもできれば、その反動で徹底的に拒絶反応が出る時」もあるからなのです。変な言い方なのですが適度にファンタジーに逃げていないと、あなたは日常生活に対して心をこめられなくなるということも起こります。無感動で淡々とやり続けていることがあったら、それはあなたが疲れている証拠。だから、「わけのわからないところに行って、わけのわからないことを喋る。もしくは映像の世界などに浸る」などの時間もあなたには必要なのです。恋愛面でもちょっと普段行かないようなところに行ってみるのが吉。あ、でも常識の範囲をそれ過ぎないで!

1月26日(月)〜2月1日(日)の運勢

「完璧さを手離す」というエメラルドグリーンが出ています。今週は「3割仕事を残しておく」という気持ちで過ごしてみてください。これは言い換えると「あなたの中にある“徹底してやり遂げる”」という性質を、うまく取り扱うことが必要というメッセージになります。それだけ今、あなたは大事な場面にいます。こういう例え話をしたいのですが、あなたに今、仕事でも恋愛でも「本命」がいるとします。そして、「本命」となかよくなっていくためには「いきなりクライマックス」を迎えさせようとするのではなくて、まず「こんにちは」という気軽なやり取りが必要になっていくのです。だから今はすべての場面で全力は出さなくて大丈夫です。

水瓶座は美的観点の優れた人が多いのです。たとえばあなたがある書類の作成を命じられた時に、あなたは「書類の余白が余ったら、何かの文章なり写真なりで埋めるなりして完璧なバランスで整えたい」という衝動を抑えることができません。あなたの「発言」「仕事」「休日の過ごし方」には、「ひとつの作品を完成させる」というぐらいの熱がこもっているのです。だから、社会人となった水瓶座には「あれも『作品として』完成できなかった」という無数のストレスを抱えることになってしまいがち。だから、人生って全部が「作品」でなくてもよいと思うのです。特に相手があるコミュニケーションというのは、極端な話「響き合わない時」もあると思います。でも、響かない時がいつまでも続くわけではありません。恋愛面でも「ただ挨拶だけする関係」というのを続けてください。2、3の世間話だけでも、その積み重ねがあなたの状況に充分な変化をもたらすことになります。毎回「完成を目指すやりとり」なんてしなくてよいのですよ。

1月19日(月)〜1月25日(日)の運勢

「強いマイブーム」を表す赤が出ています。エネルギーが自分に向いています。この状態はあなたにときどき訪れる「頑(かたく)なモード」です。水瓶座ってとても面白くて、執念すら感じる「マイブーム」が各自あるのです。たとえば冬なのに「今このアイスにハマってるんだ!」と友人間で報告しているのは大体水瓶座の人です(笑)。それで、その頑なさというのは、あなたの中にある大切な個性です。たとえば、「ある停滞したもの」を動かすものって、「わけのわからないことに集中してバランスを壊す」ということも必要なのです。今週はそういう「わけのわからないこと」に集中するモードの中にいます。

多分、あなたのすごいところというのは「執着の強さ」だと思うのです。これは悪口ではないのです。たとえば「満たされる」という言葉があります。水瓶座の人というのは、「適度に満たされる」という感覚があんまりないのです。「やるからには徹底的に!」という人たちだから。全部を完了させないと、やった気にならない。もちろん、自分の目の前にあるすべての出来事に「徹底的にやらなければいけない」という姿勢で対応したら、生きていくことができません。だから、そういう時の救済措置が「何か訳のわからないことに徹底的に集中する」ということなのです。そのモードが今週出るので、「あー、また出てきたな」と面倒くさい隣人を愛するような視線で自分を見てあげてください。そういうわけで今週は恋愛面でも「訳もわからず会いたい!」という人も出てきます。出来るのならば、素直に誘ったり会ったりしてもよいです。

1月12日(月)〜1月18日(日)の運勢

内側から「再生する光」を表すオレンジ色が出ています。再生する光と共にいます。もう安心してください。あなたが抱えていた悩みや「絶対にこのレベルから話が変わることはないだろうな」と思ってきた事柄に、新しい光が差し込みます。「占いやっている人が言いそうなこと」から始めてしまったのですが、本当にそうだったのです。ハワイの神聖な岬から、陽が昇るようなイメージと共にあなたは強くあります。だからちょっと今週は太陽の光がきれいに見える場所まで足を運んだりしてください。自分にお気に入りのスポットがあればそこでもよいですし、地名で「富士見」とか「坂」とついている場所は古代から太陽信仰がある場所です。

「今のあなたに何が起き始めてきているか」ということのすべてを、言葉に直すことができません。だって、もしあなたが「本当に感動すること」があったら、急にSNSなどにアップできないと思うのです。そういう「ジーンと来ること」や「迷いを断ち切って自分ひとりで前を向こうと決意したとき」というのは、その段階では言葉に直せないのです。ただ、付け加えてお伝えさせてください。あなたの後ろに、どんなに深い夜があったとしても、あなたは朝日に向かって歩みを進めるべきです。堂々と顔をあげて。あなたが今決意したことは楽しさではなくて、真剣に生きていこうとする決意です。それをまた忘れてしまっても構いません。でも、この瞬間だけは胸に刻んでおくこと。大丈夫だから。恋愛面も、今後勝手によくなっていきます。

1月5日(月)〜1月11日(日)の運勢

「あたたかく燃えている暖炉のような心」を表すオレンジ色が出ています。新年が明けました。今年もよろしくお願いします。いきなりですが、今年のあなたが取り組むものとして「わがままを取り戻す」というものがあります。「え?」と思われるかも知れませんが、あなたがあなたとして生きるためには「わがまま」というのは「自分のパートナー」になるぐらいに大切なものになっていきます。「わがまま」というのは自分勝手に振る舞うということではなくて、「自分が勝手に要求する、やりたいことリスト」にひとつひとつ取り組んでいくという姿勢のことです。

「やりたいことリストにひとつひとつ取り組んでいく」というのは、特別な驚きをもたらす表現ではないかも知れません。でも、あなたが大切にすることは「人として」とかそういう大げさなことではないのかもしれない。「人として」というような大きなものを背負ってしまうと、何をやるにしても「これしかできなかった」という傷を負ってしまう。そういうことではなくて「私なりに満足感が得られればそれで良い」というような「小さな満足感」の方をひとつひとつ重ねていく感じ。「勝手に楽しんでいる人」の周りには、「あたたかい暖炉に皆が集まるように」、自然と人が集まってきます。恋愛面に関しても変化が訪れようとしてきています。そのために、できれば「火」を眺めてボーッとしてください。「キッ」と張りつめた表情ではなくて、自然な表情の方があなたは魅力的だから。「火」は都市生活者にとっては身近にあるものではないから、キャンドルを焚いたり、夜景がきれいな場所へいくのもいいですよ。

絶対的中!2015年上半期しいたけ占い<水瓶座>

♡恋愛運♡
「無理を重ねてきた」という関係が、落ち着くべき位置に落ち着いていきます。その時に、水瓶座は「無理を無理として感じず、頑張り続けられる」というマゾ精神があります。あ、「無理を重ねてきた関係がダメになる」ということではないから、緊張して読まないでくださいね。

一度信頼関係を持った相手に「とことん尽くしてしまう」という精神を持った水瓶座なのですが、「自分の限界や無理を超えて相手に尽くす」と、自分も相手もギスギスしてしまいます。「全体運」のところで「自分の身体感覚を大切に」と書いたのは、そういう「あ、ちょっと無理しているな、今」という時に起こる「具体的な体の中の内臓感覚をチェック」してほしいからなのです。それがわかると「あ、これはもうちょっと頑張りたいな」と「気持ちよく感じる気持ち」にも敏感になることができます。

「恋愛とはこう」とか「結婚生活とはこう」と決めつけ過ぎないで、「自分にはできることとできないことがある。そのできることの範囲で相手に尽くす」という気持ちがあれば大丈夫です。

新しい出合いを求める人も、やはりヨガなり瞑想、またはフラワーアートなど、ある程度「ある程度手順が自由にできる、ポワーンとした空間」がよい流れを作ってくれます。「自分を解放できる時間」を意識的に持つこと。動物が好きな人だったら動物カフェに行ったりするのもよいです。

絶対的中!2015年上半期しいたけ占い<水瓶座>

◆全体運◆
体の内側に「自分の身体感覚がよみがえってくる」という薄いターコイズ、外側に「その感覚が、ある分野に対して決着をつける」という茶色が出ています。
ターコイズで表されていた「身体感覚がよみがえってくる」ということがいちばん重要です。水瓶座は、「ある価値観」を持っています。それは「人として、自分はどうあるべきか」というような、理想を追求する姿勢です。この文言については、他の占いなどでも「水瓶座は理想主義」と書き尽くされているから、うっとうしく感じられるかもしれません。

水瓶座にとって「自分なりの“こうあるべき”とか“これができている自分”という理想が100点満点中、90点ぐらい達成している」という状態なら、すごく調子がよいし、ハッピーです。でもそれが「あー。全然ダメ。今の私は50点にも満たないですよ」と薄ら笑いをするようになると、「なんでこんなこともできないんだろう」とアンハッピーな気分にどんどんとなっていきます。

理想と現実という言葉があります。そして、そのふたつの言葉の間には「身体感覚」というものは、必ず入るべし!と言いたいぐらいに大事な感覚なのです。変な例えですが、「現状がうまく行っているように感じられなくても、自分の体がなんとなくいい感じ」という状態をキープできていれば、幸せって勝手にやってきます。
だから、頭で「今の私はこういうところが弱点で、こういうところを克服していかなければいけない」とモヤモヤ考えるより、体が気持ちいいと感じることを追求した方がよいのです。

「体が気持ちよいと感じること」をやっていく時に、あなたは「忙し過ぎてはいけない」のです。水瓶座はサービス精神が旺盛なので、人前に出ると自分が倒れるぐらいにサービスをしてしまうところがあります。その理由は「人が好きだから」というものと「自分はたいした人間ではないから」という理由で「サービス役に徹する」というものがあるのです。

もし、そういう「義務感でサービスをしなければいけない」という会合があるなら、仮病を使って休んじゃいましょう。あなたにとって2015年の上半期は「時間」が貴重になります。その時間を「ちょっと気をつかっちゃいそうだよな」、「でも人としての義務として参加はしなければいけないよな」と思うような会を、一回勇気を出してサボってしまいましょう。

人生を「どういう人間にならなければいけないか」と考えるのではなくて「今の私はどうやったら気持ちがあたたかくなるのか」という方を重視すること。そして、自然に体が「ノッて」、動き出したことって必ずよい縁に辿り着いていくから。そういう状態に達している水瓶座の人もたくさんいると思うのです。

義理人情に縛られ過ぎないでください。「絶対にこう生きなければいけない」というルールはないのです。「他人の人生は他人の人生。自分の人生は自分の人生」と、固い決意でそう言い切るのではなくて、「私の時間を大事にしたいです。私がよい状態だと、私の周りの時間が私に協力してくれる」と、サービスはサービスで割り切って、その分自分の時間を楽しむ。「だらしない」とか「くだらない」という思いがある時間も、あなたにとっては大切なものなのです。ですから、それをできれば「よい時間」として迎えてあげる。いついかなる時も「私は人としてどうなのかな」という自責の念は持たないようにすること。
「自分の身体感覚を取り戻す」という上で、ヨガや瞑想は2015年にとても大切なものになります。なぜなら、それは「あ、どうもこんにちは」という人間関係が絡まず、あなたが素の姿のまま解放される時間だから。そういう時間はご褒美なのですよ。

12月29日(月)〜1月4日(日)の運勢

体の左側から「自分に優しくなった」というエメラルド、右側から「今後やってくる幸運」を表す黄色が出ています。あなたは今「年末」という時間を迎えています。今あなたが感じている時間は特別なものです。あなたが今年やってきたこと、学んできたことはすべて今後に生きていきます。あなたはもしかしたら、2014年になんらかの「挫折」を経験したかもしれません。「命がけ」という表現が大げさではないぐらいに走ったけど、周りなり相手なりが「一緒のペースで走れなかった」。それでポカーンと大きな穴が空いたままの人もいるかもしれません。もちろん、「あれが何だったのか」と今まとめる必要はありません。でも今のあなたはやさしくなりました。自分に対しても、他人に対しても。

あなたには不器用なところがあります。「会っていく人全員に心を開けるわけではない。でも、人として最低限のことはやらなければいけない」という信念を持って生きてきました。それが2014年、その信念に対して何らかの「傷」がついた。その「傷」を休めるために、あなたは「特別なこと」ではなくて、普段の「日常生活」の方を、できる限り「心穏やかに」過ごそうとしました。走り続けることの限界を悟った人もいるかも知れません。そして今。あなたはただ傷ついているだけではないと思います。ただ静かにしているだけではないと思います。あなたの奥底の方から、「希望」が出てきています。小さな炎かも知れないけど、「寂しい」と思うよりも「やってみよう」という気持ちがあふれてきています。あなたが会う人たちに、希望を持って。やさしい気持ちで。

12月22日(月)〜12月28日(日)の運勢

上の方から「良い疲れが出ている」という紫色、下の方からは「少し尻込みしている」という薄い黄色が出ています。上の方で表されていた「疲れ」というものがあるならば、あなたはその疲れを誇ってよいのです。なぜなら、それはあなたが今年「苦手なことにも挑んできた」という証だからです。これは伝えさせてください。いちばん良い道に取り組んでいる時こそ、不安は出てきます。あなたがやってきたこと。そして今やっていること。それは「私も含めて、私の周りにいる人たちに笑顔を増やす」という、地味だけど本当に大切な試みです。「急発進して燃え尽きる」という過激なやり方ではなくて、地味なコツコツを積み重ねています。

あなたは他の人たちと違って、「鋭い信念」を持っています。だから、「自分がこういう方向で頑張る」と決めた時に、思った以上に自分のパフォーマンスが伸びないと「私は何てダメな人間なんだ」と思いやすいところもあるのです。今年あなたが学んできたことは、「全部の方向に頑張るのは無理だ。許してもらおう」ということです。この「許してもらおう」という姿勢が、実は「他人に甘える」ということにつながっていきます。今週、「今不安に思うのは、私が頑張っているからだ」と思ってください。「無理のない範囲」でやっていけば、急発進・急停車が免れて、必ず「機会」があなたに訪れます。恋愛面は、今週はできれば異性に会ってほしいのです。自分が気を緩められる相手か、気を遣わないでよい相手。せっかく良い上昇期にいるから、「自分より精神的なコンディションが下」の人には会わないで大丈夫。

12月15日(月)〜12月21日(日)の運勢

全体から水色が出ていて「スムーズに体が動く」というよい状態にあります。今のあなたには「雑念」があまりないのです。今自分が取り組むべきことに時間を割けているし、集中している。「雑念」というのは「こうなったらどうしよう」とか「ここの部分もカバーしなきゃ」という「ないものねだり」をしている時に出てきます。今のあなたはその状態から「開き直る」という姿勢がとれています。だから、今のあなたは「とても正しい」。悲観も、過剰な期待もなく、黙々とやっています。そういう姿勢にこそ、あなたの美しさが宿ります。この状態を少し、続けてみてください。今目の前にあることから、道がつながっていきますよ。

「自分がどういうものを手に入れていくか?」と問う時に、「その時の自分の心境」というものが大きく影響してくるのです。たとえばあなたが誰か「返事が欲しい」と思う人にメールを出したとします。そういう時の心境は、実は雑念があります。でも、今のあなたは「一回深呼吸をして、心にさざ波が立っていない」という状態です。そういう時に出てくる行動というのは、通っていくものだし、何らかの返答があることになります。「無心で取り組む」という言葉がありますが、無心で取り組んでいる人は「反応」とか「結果」には、自分の欲を絡ませません。そういう深い境地にいるのが今のあなたです。この心境に辿り着くのは容易ではなかったと思います。そういうあなたに尊敬と敬意を表したいです。よく頑張ったね。恋愛面に関しても「無心」で。相手の反応がどうこうではなくて、今のあなたの心境を大切にする。心にさざ波が立っていない時、自然と「こうやった方がよい」という答えが出てくるから。

12月8日(月)〜12月14日(日)の運勢

下からは「やってみたい」というオレンジ色、上からは「もう過剰に反応しない」の水色が出ています。この色の出方に関しては説明が必要なのですが、水瓶座は「自分が自分のままでいる」ことができる人です。たとえば、あなたが年頃の女性であるとします。そのあなたが「誰かと食事に行く」ことになった。そうすると「メイクをして、何を着ていこうか考える」という段階で、少なからず“違和感”を感じます。いわゆる「メイクをして、ドレスアップする」ということに対して「自分は大人になったんだろうか」と考えてしまうような癖があります。そしてたそがれる(笑)。「私の望む居場所ってどこなの?」と。

「誰も考えないことを、いちいち考える」ということができるのがあなたです。だから「何でそんなこと考えちゃうわけ?」と聞いてくる相手には「自分」の説明が難しい。「大人」とか「年頃」であることを過剰に悩んでしまうこともあるのです。でも安心してほしいのが、あなたの中にある「いろいろなこと」に対して、あなた自身はもう答えが出ているのです。それは「自分がワクワクすることに集中すること」なのだと思います。「他人から見て自分がどう映っているか」をどうか乗り越えてください。ぶっちゃけたことを言うと、他人って、そんなに自分のことなんて気にしていない(笑)。恋愛面に関して、ちょっと今週は「現実逃避の旅」に出ているので、自分の楽しみを優先で。順番としてはいつも「まず自分」→そして「相手」だから。楽しんじゃってよいのです。

12月1日(月)〜12月7日(日)の運勢

体のオーラが「白い雲と青空がある」というような、空の色をしていました。これはすごいことなのです。今のあなたは、なんらかの体験を通じて「自分はつまらない人間なんじゃないか」という自己認識をします。そして、この「自分はつまらない人間なんじゃないか」という認識が、あなたが「自由」を手に入れ始めているということなのです。たとえばですね、仕事も、恋愛も、そして大げさに言ってしまえば人生に関しても、水瓶座のあなたは、「特別なもの」をとても大切にするのです。それ自体はもちろん全く間違っていない。でも、過去の「特別」も含めて、あまりにもそこにとらわれてしまうと、本来のあなたの「自由さ」を失っていってしまう。

水瓶座って、周りからは「個性的で自由な人」とみなされます。でも、決してそうじゃないのです。水瓶座は誰よりも共感能力が深い。その共感能力は「徹底的に解明しようとする」という行動になって表れます。たとえば「女心はわからない」という言葉がありますよね。そういう「謎」に直面した時に「女心とは何か」と、究極の答えを解明しようとするのが水瓶座。本当に追い求めていくと、答えって、すぐには出ません。だって、「答え」が出てしまったら、それはもう追求する必要がないものだから。だから、8割ぐらい「謎」を残しておくぐらいがいいバランス。恋愛面でもそう。「自分はつまらない人間だ」という思うことも、「つまんなくてもいいや」くらいにしておいて。そうするとね、他人に甘えることができるのですよ。世界の謎は、関わり合いの中で発見していくものなのだから。

11月24日(月)〜11月30日(日)の運勢
体の左側に「あるやり方や出来事に熱中する」という赤、右側に「生まれ変わる」の緑色が出ています。節目の時を迎えてきています。「今までの自分を振り返ってみて、あまりよいことがなかった」という人は逆転しますし、好調の人は、さらなる飛躍を迎えていきます。「そんなに都合の良い話があるの?」と疑問を抱かれるでしょうが、そういう時期を迎えてきているのです。ひとつアドバイスをさせてください。節目の時を迎えている時は、「自分なりの、卒業式のような儀式」をやってほしいのです。ひとりでやってもらっても構いませんし、みんなと一緒にやってもらっても構いません。

「自分なりの、卒業式のような儀式」についてもう少し説明します。学生と違って、大人、社会人と言われている立場の人は、「二学期」とか「卒業式」とか、そういう節目がなくなっていきます。だから「ずっと昨日までの自分」を習慣として演じ続けている人も多くなるのです。その習慣の中に、もう「捨ててよいもの」もあるはずです。それが捨てられずに残っている状態だと、「自分に変化が起こる」ということは難しくなります。だから、この節目の時期に、自分を変えてしまうこと。「全部をいっぺんに変える」ということはしなくてよいです。たとえば「お風呂に入っている間だけは、心配事や余計なことは考えない」という“出来ること”を自分自身に宣言するだけよいです。後、今週は「私はよい話を受け取る資格はない」とか、そういうネガティブな考えはしないでくださいね。しいたけとの約束です。

11月17日(月)〜11月23日(日)の運勢
すごく特殊な形でのオーラが出ていたのですが、紫色のオーラが“クロス”の形で出ています。これは「十字架」などのシンボルで、「あなたがこれまで背負ってきたミッション」を表すものだったのです。水瓶座の人たちは、人生のどこかで「え、ここまで無責任でいいのですか?」という「無責任な人との運命的な出会い」をします。でも、どこかで水瓶座にはそういう「無責任で自由な人たち」への、憧れにも近い魅力を感じてしまったのではないでしょうか。その人たちがあなたに出会って贈ってくれたものというのは、「人生に無責任を」というひとつのメッセージなのかも知れません。

話を戻して「オーラで出ていた十字架」の話なのですが、これは「あなたが背負ってきた使命とか、責任とか、ミッション」というものだったのです。それに対して「人生のどこかに、無責任を!」というメッセージが今週は強く当てられていました。これはですね、「いきなり今日から人に迷惑をかけてください」というわけではありません。でも、自由であることって、誰かしらには迷惑をかけるものなの。「自分の生き方を取るか、周囲が喜んでくれる生き方を取るか」。そういうことで悩んでいます。でもね、あなたを本当に愛してくれている人たちは、あなたが自由になった時に「待ってました!」と歓迎してくれると思います。「小心者だけど傍若無人」というのは水瓶座の特権です。信頼関係というのは「絶対に迷惑を掛けない」というがんじがらめの関係ではなくて「迷惑を掛けたら“ごめんなさい”と謝ることができる、緩い関係」なのです。それを目指して動き始めます。

11月10日(月)〜11月16日(日)の運勢
体の外側からは「新しい風があなたをノックする」というエメラルドグリーン。内側からは「今までの私」を表す濃い緑色が出ていました。「今の自分が受け入れていきそうなものを、再び試す」というイメージです。この状態を説明したいのですが、水瓶座には「とても強く律儀な面がある」のです。たとえば「一度好きになったものは、最後まで責任を通す」というところがあるのです。これは人でも、モノでも、自分が好きなブランドというものでも一緒。「好きになったものを、理解したい。わかり合いたい」という気持ちが強くあるから、なかなか「自分にとっての新しい変化に気づきにくい」という面もあったのです。

今週、来週ともに、「新しい風に乗っていく」というイメージが強くあったのです。だからこのときに自分の境遇なり考え方が変わっていく人も多くいます。「今のあなた」のところでお伝えした「古い自己イメージ」をどこまで整理出来るかというのは鍵になるのです。たとえばあなたが何かを好きだとします。でも、その「好き」に昔ほどの「情熱」を抱けなくなった自分がいたとします。水瓶座は「好き」に対する努力がある人たちなのです。今週は「好きでいなければいけない」から少し自分の気持ちを離してあげてください。「好きなもの」や「自分が取り組まなければいけないもの」に対しても、適度な距離感は必要。「何で自分はそこにしっかり取り組めないんだ?」と自分を責める必要はありません。「今やる気がないんです」とニッコリと言えたらもっと楽になられるんですけどね。

11月3日(月)〜11月9日(日)の運勢
体の内側には「冷静に行動出来ている」という綺麗な青色。そして外側には「その場で思いついて、チャレンジも出来ている」という赤が出ていました。「冷静」を表す青と「行動」を表す赤の二色がハッキリと出ている状態というのは「やるべきことと、楽しむべきことがきちんと分けられている」というとても良い状態です。以前にも書いたのですが、水瓶座の人たちは「なぜか知らないけど周囲の人たちから注目される」という性質を持っています。つまり、水瓶座には「自分の世界観を作る不思議な力」があるのです。その力を上手く使い始めることが出来ています。

今週は水瓶座の「注目を集める」という力が高まるので、もう少しこの性質を説明します。水瓶座の人たちが「心穏やかに、そして周囲から敬意を持って扱われる」ために必要なのは、「やりたいことをやろう」とあなたが思えたときからなのです。逆に「みんなはどう思うか」とか「周囲に合わせよう」という“普通にならなきゃ”と思えば思う程、あなたの緊張感が強くなっていきます。もっとハッキリ言うと、今週は「私は出来る女」もしくは「俺は出来る男」と思いこむことです。あなたたちには「女優性」とか「俳優性」があるので、その思い込みが自分にとって「ツキ」を読んできてくれるものです。「自分はダメな人間」と思ってしまうと、それが出てしまう。つまらなくいるよりかは、面白くあった方が良いです。あなたの思い込みは、周囲に幸せを与えられるのだから。

10月27日(月)〜11月2日(日)の運勢

体の内側には「自信が戻ってきている」ピンク色、外側には「幸運」を表す黄色が出ています。ピンク色の温度が高く、勢いもあったので「自分が大事にしていきたいものと共にある」という状態。話が飛びますが、水瓶座は自分が生きていくなかで「理想の状態」を求めます。「理想の自分」や「理想の環境」というものです。もちろん、理想通りの人などいません。「現実の自分」というのは理想から何点かマイナスしたところにあるのが自然です。この「理想からのマイナス分をひどく気にし過ぎてしまっていた」というのがこれまでのあなただと思ってほしいのです。

今週は平穏を取り戻していくし、よい風が吹き始めます。こうイメージしてみてください。あなたにとって大事で、「決めたい!」と思っている場面があったとします。その場面を迎える直前、あなたは鏡を見て「髪型が決まっていない!」と気づいたとします。以前のあなたなら、そこで全部のテンションが落ちていました。でも今のあなたは、その不都合を笑顔でカバーすることができます。水瓶座がショーやドラマを好む理由というのは、それは「予定から結果まで」が全て一本の線で結ばれているからです。その「美しき整合性」を水瓶座の美意識はとても好みます。でも現実って、棚からボタモチが落ちてくることもある。そのボタモチを笑顔で食べられるようになったら合格です。「あ、これもあり!」と言えるかどうか。そこに「結果を取りこぼさないたくましさ」が出てくるのです。

10月20日(月)〜10月26日(日)の運勢

体の周りに沿うように「流されてきている」というターコイズ色が出ています。この時期は同じ水瓶座でもふたつのグループに分かれています。「毎日の自分の流れが心地よく、このままでよい」と思える人たちは何かを見直す必要はありません。反対に、「毎日の自分の流れが問題だらけで、根本的にいろいろなことを変えたい」と願っている人は、ちょっと待ってほしいのです。毎日あれこれ考え「こうしてみよう」と新しい考えが出てきては消えていくという繰り返しをしていると思いますが、まずは「今の自分はよい方向に流されている」と自分を全面的に信頼する必要があります。

今週、何かあらがえない方向に流されようとしています。力を込めようとしても力が入らない状態。それを「よい流れ」と感じているか「不安感を伴う流れ」と感じているかが大事になります。「今の自分は川に流されている」とイメージしてみてください。そのときに不安にかられて石をつかもうとしないでほしいのです。何も考えずに、ただ川に流されてみる。対策を取らない方がよいときもあります。「今の自分はこうだ」と決めない。「どうせこういうことになる」という不安に負けない。「早く決めていかないと取り返しのつかないことになる」という勘違いを採用しない。「今がすべて正しい」。そう思うためには多少の思い込みも大切になります。

10月13日(月)〜10月19日(日)の運勢

体から「本能や感情を揺さぶるもの」としての鋭い水色が出ています。この色はオーラの色の中でも赤と並ぶぐらいに「非常に強いエネルギーを持った色」であり、この色があなたの心を揺さぶっています。この「揺さぶりの強さ」というのは、爆発的なところがあり、こういうときこそ「絶対に行ってみたい場所」などをリサーチして欲しいのです。自分の気持ちや感情が揺さぶられることは悪いことではないのです。こういう揺さぶりを「一時の気の迷い」と思って見逃すのはもったいないです。今のあなたは大きく動こうとしています。そして、一番最初に動くものは感情なのです。

感情が動く力が強いから、「今の自分を邪魔するもの」に対して我慢が出来なくなることもありそうです。普段のあなたなら相手の言い分を考え、それに合わせた妥協案を出すことも出来ます。でも、今は「本音」の部分が強くなってきているのです。だから、場合によってぶつかることがあっても構いません。ただし、それとは別に「自分が行ってみたい場所」についてのリサーチも忘れないで下さい。というのは、今のあなたにとって「楽しみ」というのもまた必要なものだからです。水瓶座はファンタジーな部分も強いので、あんまり「現実面」だけに努力しようとすると行き詰ってしまうこともあるからきちんと「現実逃避」もすること。

10月6日(月)〜10月12日(日)の運勢

外側から「私は色々なものに囲まれていて身動きが取れないと感じている」深い緑。それに対して内面から出ていた黄色が「だからどうした!」と力強く言えるパワーとして出ています。今のあなたは負けません。やること全てに勝っていきます。周囲に気に入られようと細心の注意を払ってきた自分の行動にバカバカしくなったのです。「私は何に怯え、何を怖れ、誰に対して気をつかってきたんだ?」と本心からその無意味さに気付いてきたのです。「私は全力でやってみる。そして、そのときに自分を応援してくれる人たちを信じたい」。

今週、傷がふさがり、希望や願いに向けて力強い一歩を踏み出していきます。長くかかってしまったかも知れません。色々なことを試してきたかも知れません。水瓶座は努力が出来る人です。だから、自分に向いていないことに関しても「それなりの結果」を残すまで努力を続けることが出来ます。そこでわかったことは「ダメなもんはダメ」というものだったのです。身も蓋もない認識ですが、それがわかったからこそ出来ていくことがあります。空はどこまでも続き、風は常にふき続けます。あなたは、あなたなんだよ。あなたがあなたを生きなくて、誰があなたの代わりをやるの? もう傷は癒えたんだよ。

9月22日(月)〜9月28日(日)の運勢

ピカッと光る水色が出ていて、これは「目指すべき場所が決まり始めた」という状態を表しています。今のあなたには「やりたいようにやらせてもらう」という迫力があります。ずっと自問自答してきた「自分のあり方」が落ち着いてきているからです。水瓶座の人たちは「若い頃になぜか知らないけど同世代やその他の世代の人たちから注目される」という経験をするのです。「自分が変わっていて、おもしろい存在であることが義務になる」という経験です。その注目されるパフォーマンスがプレッシャーになり、放っておいてほしいという疲れにもつながる。そこが「落ちついてきた」のが今なのです。

今週、素に戻ります。自分のあり方が落ちついてくるし、「やりたいようにやらせてもらう」という気持ちが戻ってきます。夜明けのような状態なのです。ここに辿り着く前に痛みを覚えた人もいるでしょうし、自分の限界を知った人もいると思います。あなたには何もなくてよいと思います。何もないのはつらいし、心細いです。でも、何も背負っていない人は自由です。「自由に振る舞えること」。それがあなたの最大の魅力だと思ってほしいのです。自分にできることだけをする。そのパフォーマンスがよいか悪いかの判断ってたいして重要じゃないから。自由にやって!

9月15日(月)〜9月21日(日)の運勢

体の下の方に「自分の本音」を表す黄色、少し離れた体の上の方から「力を抜いている」を表す水色が出ています。オーラが分かれて離れているのは、自分自身が何をしたいかをもう一度検討し直している状態です。先週のしいたけ占いで「企画図や予定表を持たずにいきましょう」と書きました。それが水瓶座にとっての「力を抜く」にあたります。人に会うときに「何のためにこの人に会って、そして何をしたいのか」ということを頭で考えているときって、なかなか心や感情の答えが出ないものです。

今週は素直な自分を取り戻します。水瓶座は人と会うときに「努力」します。周りがあまりノッてこないときは体を張ってみんなを盛り上げようとし、どこかのお店で集まるというときにもお店のリサーチをせっせとしているのは水瓶座の人たちに多いのです。そういうことが「人と会うための努力」。その「努力」の反動で「プライベートではひたすら何もしたくない」とか「これだけ努力をしているのに何もわかってもらえない…。もう全部の努力をやめてしまおうか!」という気持ちになってしまっていたかもしれません。でも、今週は努力を忘れて「お腹空いた! 何か食べにいかない?」という素直な気持ちを出せるときです。自分の本音に正直になってみてください。

9月8日(月)〜9月14日(日)の運勢

「心がみんなから離れている」という薄い水色のオーラが出ていました。今の水瓶座は人から少し離れた距離にいるイメージです。これは山小屋で暮らしているとかそういうことではなくて、気持ちが周りの人たちから離れてしまっている。心をどこに置いてよいのかわからないということ。これは各自で点検して修正してほしいのですが、気持ちとか心が離れ過ぎてしまい、ただただボーッとしているという人は適切な距離に戻ってきてください。えっ? 適切な距離がわからない? わかりました。それは「今週の乗り切り方」のページで説明していきましょう。

今週「気持ちをどこに置いたらよいのか。ただただボーッとする」ような流れのなかにいました。水瓶座にとって「人間関係の適切な距離感」という課題はとても難しいところもあります。なぜなら、水瓶座は急速に人と接近し、そしてそれをひと通りやると休息に心が空に向かって飛んでいってしまうからです。休息に接近するためにはその人たちのパシリになることもいといません。でも「やだ!」と思ったら「現実逃避の旅2014~遠いお空にさようなら~」に出てしまう。急速に、すべてを一気にやらないで。今週は心に進行表や企画図を持たないでいてみましょうよ。

8月25日(月)〜8月31日(日)の運勢

先週に引き続き「浄化」を表す水色が出ていました。下に出てきている黄色が「復調」とか「気力が復活してきている」というものを表しています。今の水瓶座の人たちにお伝えしたいことがあって、それは「物足りない」「不甲斐ない」「申し訳ない」「もっと強くなりたい」。今こう思ってシュンとしているところがあります。そして今の「過激ではなく、人間らしい」水瓶座のモードはとても大事なものなのです。水瓶座には独特の行動プロセスがあり、それは「穴があったら埋めようとする。全部!」というのがあります(もしくは「完全無視」)。それができなくなっている今がなぜかちょうどよいんです。

先週「こんこんと自分の素直な感情が流れ出す。湧き出てくる」というようなことを書きました。そして今週は、そこで流れ出た湧水のような綺麗な感情が、新しい川を求めて合流しようとします。「素直になる」って多くの本やメッセージで耳にする言葉なのですが、ある種の人達にとって「素直になる」って一番難しいことなのです。だって「素直」って人に迷惑を掛けることでもあるから。でも、その「素直」に取り組んでみて欲しいのです。「迷惑になるかも知れないけど…」と一言添えればその行動は喜ばれるかも知れないですよ。無理をしないでできることからでいいから。

8月18日(月)〜8月24日(日)の運勢
身体からは黄色のオーラが出ています。これがまだ生まれたばかりの新しいエネルギーだったのです。そして、同時に「今まで自分のそばにあったもの、古いもの」が役割を終えようとしていました。まだその「新しいもの」の形は完全には整っていません。だから「これはもしかしたらあのことね!」と決めつけないで良いです。後からわかる大事なことというのがあります。今の自分の目の前を通り過ぎていっても、自分にとっての大事なものは再び帰ってくるから大丈夫。

今週、水瓶座は「感極まる」、「涙もろくなる」、「自分の感情が静かに、こんこんと沸き出だす」というような経験をします。しつこいようですが「あ!これのことかも!」と準備をしないで下さい。面白くなくて良いです。そこに理由を見つけようとし、分析をしないで大丈夫です。 もし、自分の感情の持っていき場所がわからなくなったら、自分自身に第一に「ありがとう」と伝えてあげて下さい。「感謝しなきゃ!」と思って無理やり他人に感謝するよりも「どこに感謝すべきかわかんないけど、とりあえず自分に言ってみる」ということの方が心を揺さぶっていきます。



 - まとめ