占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

「血液型を知らない」が当たり前の時代になっていく

      2016/07/08

今は、赤ちゃんの血液型の検査はしないが当たり前!

最近子供の血液型検査ってしないんやね… 初めて知った(`・ω・´)

へー。今って赤ちゃんの血液型、出産時に調べてくれたりしないんだー(・∀・) mixiニュースで書いてた(・∀・)

私も子供の血液型知らないな。夫のも知らないし、夫自身も自分の血液型知らないんだって。

最近の産婦人科や総合病院でも、出産のとき赤ちゃんの血液型を調べないそうです。それは血液から調べる血液型は3才位まで安定しないから。遺伝子型なら生まれてすぐに正確なABO式血液型の遺伝子型がわかります。goo.gl/6B8te

廃止された、新生児の血液型検査

現在、日本の医療機関では、新生児の血液型を調べるサービスは殆ど行われていない。

昭和50年代は産科で血液型を調べ、親に知らせるサービスが全国で行われていた

新生児のかかとに小さな針を刺して微量の血液を採取し、先天性の病気の有無を調べる「先天性代謝異常検査」が全国で導入され、その際にサービスとして血液型を調べる、といった事が行われていました。

昔は出産時に教えてくれたが、今では調べない産婦人科が多い

しかし、新生児は血液型検査を行う際に必要な抗体が検出されず、正しく判定できないことが多いため、トラブルの元になると判断され今では多くの産院で血液型検査は行っていません。

間違えやすいパターンとしては、本当はA型(またはB型)なのにO型と判定される、本当はAB型なのにA型(またはB型)と判定されるなど

大人になってから検査をして「血液型が変わった!」という人がいますが、多くは新生児の時の検査結果が前述の理由により間違っていたと考えられます。

小児科で調べてもらおうと思っても、特別な理由がない限りやってくれない病院もあります

わざわざ知る必要のないものなので、嫌がる子供にわざわざ痛い思いをさせて採血はしない、という方針の医師も多いようです。

血液型を知らないことはリスクになる?

万が一のために、血液型は知っておいた方がいいんじゃないの…?

手術や輸血が必要になれば、必ず血液型を検査します。そのため、基本的に事前に血液型検査をする必要性はない

輸血など、血液型の把握が必要になる場合は必ずその直前に検査をするため、あらかじめ知っておく必要はありません。

知っていた所で、親やこどもの申告した血液型を鵜呑みにして、輸血等を行うことは、重大な医療事故に繋がる可能性もある

たとえ1分1秒を争うような事態でも、医療事故を防ぐため必ず医療の現場で手術や輸血の直前に検査が行われます。

輸血の時に果たしてこの血液を輸血して大丈夫かどうかの検査(クロスマッチ)も必ずします

ABO・Rh以外の血液型不適合もあるため、ABOとRhの型だけ知っていても意味はないのです。

知っていても意味はない

子供の血液型を教えてくれない・自分の血液型を知らないからといって、不都合はありません。

なぜ日本人は血液型を知りたがる?

日本人の多くが自分の血液型を知っているのは、日本の特殊な事情があった

日本人が自分の血液型を知っている場合が多いのは、「血液型性格診断が流行ったから」

占いが好きな国民性でしょうか。

欧米の人たちは、そもそも自分の血液型を知らない

血液型診断が日本だけで流行ったのは、そもそも外国には「自分の血液型を知る」機会がまず無いためです。

社会の変化によって広義の“血液型占い”に含まれる血液型性格判断は廃れる可能性が高い

日本でも血液型を知らない人が増えているため、将来的に血液型性格診断は廃れていく可能性が高いといわれています。

おすすめまとめ



 - まとめ