占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

誰でも簡単!九星相性占い※2人の誕生日で恋愛を占う方法

      2016/10/05

九星とは?

九星(きゅうせい)は、古代中国から伝わる民間信仰。
一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫の9つ。

九星は年、月、日、時刻それぞれに割り当てられる。
年の九星は、例えばある年が九紫だとすると、その翌年は八白というように一つずつ数字を減らしていき、一白の翌年はまた九紫になるというように変わっていく。

陰陽五行とは、木・火・土・金・水のこと。

九星を五行に割り当てると、以下のような呼称になる。

一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しろくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(しちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

2人の人間の生まれ年の「五行相生相剋」によって、相性を占う。
相生ならば吉、相剋ならば、凶。

では、具体的に例を出しながら・・・

1.二人の九星を算出する

1965年(昭和40年)生まれの場合
西暦の全部の数字を足していきます。
1+9+6+5=21 ⇒ 2+1=3と10以下の数字になるまで足していき、
11から足した数字を引きます。11-3=8=八白土星 となります。

同じ要領で、1975年生まれの場合、1+9+7+5=22 → 2+2=4 →11-4=7。
だから、七赤金星。

いろいろなサイトや本に「九星早見表」が載っているので、自分の生まれ年の星(本命星)をチェックできる。

【注意】年の九星は立春をもって切り替わる。
したがって、2月3日までは、前の年の「星」になる。
(閏年の場合、2月4日まで)

2.二人の五行の相生・相剋を見る。

上で計算した、1965年生まれを男、1975年生まれを女として考えてみる。

女:1975年生まれ、七赤金星だから【金】。

男:1965年生まれ、八白土星だから【土】。

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」という関係を『五行相生』という。

「水は火に勝(剋)ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ」という関係を『五行相剋』という。

3.吉凶を判断する。

上の例の場合、「男の土」と「女の金」が相生する。

つまり、相性が良いと判断される。

男にとっても、女にとっても、吉なのだが、さらに詳しく判断すると、、、

土の力で、金が生まれるので、金、つまりこの場合、女にとっては、この男性との交際は、「大吉」と判断される。

男にとって、この女との交際は、「小吉」と判断される。

二人の五行要素が相剋の関係にある場合、「凶」つまり、相性が悪いと判断される。
同じ場合は「比和」といって、無難と判断される。

男女の恋愛に限らず、友達との相性にも使うことができる。



 - まとめ ,