占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

no image
【大殺界】頑張れもう少しだ!土星人プラス&戌亥空亡!【四柱推命】

   

土星人プラス・戌亥空亡は、他のタイプに比べて影響を強く受けやすいため無理は禁物。その反面、大殺界と空亡が明けた直後に大活躍する超人が多い。

土星人プラス 2019年:大殺界3年目 最後「減退」。
非常に運勢が悪い年。

土星人プラスは大殺界、六星占術の影響を他の星人に比べて強く受けやすい。

2018年の運勢の停止よりは多少上昇している。

しかしまだ大殺界であるため、大きなトラブルが待ち構えている可能性があり、どこに落とし穴が潜んでいるか不明。

気を引き締めていくべき。
月運が大殺界の9、10、11月には要注意。

多少気分が良くなるのを感じて2019年に動いてしまうと大殺界の魔力に完全に襲われるため、大きな決断を下して行動することは決定的な失敗となる。
大人しく粛々と自分の実力をつける努力をした方が賢明。

土星人プラスにとって2019年は大殺界明けの2020年からの運勢をスタートからいきなり飛躍させるか否かの大事な年となる。

土星人プラス・戌亥空亡は、大殺界明けにいきなり有名になる人が多い。

事実芸能人、有名人、スポーツ選手などに大殺界明けに突如として注目を浴びたり大きな結果を残す人が非常に多い。

大殺界明けに大きな成果を残す事ができた方は大殺界の時期に冷や飯を食べながらも腐らなかった人達。

どうせ2019年は大きな結果は期待できないため、それならば2019年を死んだと思って何かに邁進していくべき。
自分に向き合い鍛えれば鍛える程今後の12年間の運勢を良いものに変えていく事ができる。

戌亥空亡は精神的な繋がりに重きを置くため、空亡の影響を受けやすい。

土星人プラスの2019年の総合運は、12年の中で一番運勢が悪い年になる可能性がある。

2019年は大殺界の最後の年。昨年の「停止」が一番辛い状態だった可能性があるが、少しずつ回復してくるとはいえ、まだまだ本調子ではない。

運勢が悪くなって回復の兆しがある時期というのは、どうしても焦ってしまい、精神的に疲れてしまうことも多い。

・・・が、苦しい時ほど得られる学びは大きく、ポジティブでいる事で、2019年は後で振り返ると重要で不可欠だった思えるような一年になる可能性がある。

新規事業、起業や大きなことをやらない。過去12年間を反省する。次の12年に備える。

大殺界の時期には積極的にものごとを起こさない。

結婚、転職、引っ越し、起業、新規開店、マイホームやマンションの購入など。一生を左右するようなことはなるべく避けたほうが良いとされている。

大殺界の時期について細木数子先生は「過去9年間ののたまった心身の疲れを癒やし、肉体と精神のバランスを回復させて、次に訪れる新しい期間を再び元気に過ごす準備をする時期」としている。

逆に、この大殺界の時期に多少の不幸や問題がないと、それが溜まりに溜まって大変なことにもなりかねない。何か良くないことがあってもそれで厄がおちたと考える。

それまでの自分を見つめ直す凄く大切な時期。
大きな行動をする時には特に慎重に。我がままな行動であればしっぺ返しを食いやすい。
それまでの自分を振り返って問題のある行動は慎み、反省する。
そしてしっかりと反省して次の新しい12周期に備える。

大殺界は人間的に成長するために大切な時期。

六星占術の「大殺界」や算命学の「天中殺」五星三心占いの「裏運気」では、運気が下がっているため「結婚」「転職」「引っ越し」「大きな出費」などの大きな変化を起こしてはいけないとされている。
これは、「大殺界」「天中殺」「裏運気」ともに判断を間違えたりトラブルに巻き込まれたりしやすく、次の時期のために蓄えなければならないエネルギーを消耗してしまうためである。

四柱推命の「空亡」期も、時間と空間が結びついていない、いわば気のバランスが崩れた状態。「変化・変動・反転」という現象がおこりやすく物事が安定しない。

大殺界は「冬」の季節。種まきをしても収穫がない。大殺界は学習や吸収、準備、充電期間。

思うようにいかないからと言ってひねくれたりキレたりするのは本末転倒。
そこで、改めて自分のそういった側面に向き合い、新たなステップアップを目指す期間とする。

大殺界は学びの姿勢に転ずる。新たな決断に向けた計画の再確認や見直しも大いに有効。

大殺界は季節で言えば冬。パワーチャージの期間。リラックスタイムの充実を図る。

空亡は時間(天干)と空間(地支)の繰り返す長い人生のサイクルの中で、必ず訪れる「ゼロ」に戻る時期、つまりリセット期間
流れに逆らうことなく、自分を見つめ直し次のサイクルに向けての準備期間とする。

戌亥空亡は精神性に重きを置くため、現実社会に価値を見出せず孤独感や周囲との葛藤を抱えがち。
物事の本質をとらえる才能に長けているため、芸術家やジャーナリスト、宗教家など、その道を極めてカリスマ的な存在となる可能性がある。

空亡期間中破、物質的なことではなく精神的なことを重視するように過ごすことが大切。

空亡期には、いろいろな事が不安定に進む。この時期に新しいことを始めてもなかなか安定せず、トラブルが起こったり失敗したりしてしまう。この時期に新しい事業を始めたり起業・独立したりするのは避けるべき。
空亡期は準備期間と捉えて、新しいことへのリサーチや調査などの下準備をする。

断捨離をする。
空亡期は新しいことを始める前の準備段階の時期。もう古くて要らない物や、嫌々繋がっていた人間関係などを見直すいい機会。
思い切って断捨離をして余分なエネルギーを片付けておく。
空亡期が明けた後に、新しいエネルギーが入ってこられるよう断捨離によってスペースを空けておく。



 - 四柱推命, 東洋系占い ,