占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

占い師・ゲッターズ飯田が教える浮気されやすい人に《共通する法則》

      2016/03/12

日本の占い師タレント、構成作家。
静岡県磐田市出身。名古屋吉本4期生。
1999年 – 2005年4月の間は、
お笑いコンビ・ゲッターズの飯田延孝
として活動していた。
メディア露出は主にラジオと
インターネットテレビで、
占い師としてのゲスト出演多数。

飯田によれば4万人を占った中でも
浮気されやすい人には法則があるそう。
番組ではそれを3つに分けて説明した。

(1)『朝ごはんは納豆と決めている人』
飯田が今まで見た中で、浮気をされている人は「毎日○○しないと気が済まない」「絶対」「決めている」など、なんでも決めつけている人が多いそう。その決めつけを相手に強要することで面倒くさいと思われ、結果として浮気につながるという。

『対応策』
たまには「明日何が食べたい?」と聞く。
相手にも主導権を渡すことで居心地を
良くすることで浮気を防げるのだという。

(2)『500円玉貯金をしている人』
浮気される人は安定志向が強いそう。行き過ぎた安定志向は相手に窮屈を感じさせ、浮気につながるという理由から、500円に関わらず、10円や100円でも同じで小銭を貯める人は浮気されやすいとのこと。また、きっちり割り勘も浮気されやすいそう。

『対応策』
なんとなく意味も無く貯金することが問題とのことで明確な目的での貯金することが重要だという。「二人で旅行」などポジティブな目標を定めることで浮気を防げるのだとか。

(3)『手土産に和菓子を選びがちな人』
飯田に浮気相談しに来る人は、9割が和菓子を持ってくるそう。相談者が和菓子を選ぶ理由は「カロリー重視」「お土産にも手堅い」といった合理的なもの。合理主義は結婚がゴールと考えているため、イチャイチャするのは時間の無駄と捉えがち。過度な合理主義が相手に寂しさを感じさせ、結果浮気に発展するという。

『対応策』
合理的な人は刺激が好きなので、刺激を上手く発散すれば相手も自分も喜べるとのこと。パートナーと旅行に行くなど、非日常的なことを行うと良いのだとか。



 - まとめ