占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

世の中の運気は?【2015年上半期の星占い】信頼できるサイトの占いまとめ!

      2015/12/08

※こちらは西洋占星術で占った2015年上半期の世の中全体の運勢です。12星座別の占いは、各占い師さんの紹介リンクよりご確認ください。

【SPUR】2015年上半期、フランチェスカ先生のアモーレ占星術

2015年前半は情熱的で勇敢なムード。感情を制する「意思の力」がキーワードになる半年間でしょう。というのも2014年12月24日、土星が約2年2ヵ月ぶりに星座を移動して射手座に入ります。これによって、2014年7月から獅子座にいる木星と土星がそろって「火の星座」に滞在することになるのです。

「火の星座」は文字通り、燃え上がる情熱と自発的な意志が特徴の誇り高いサイン。ですから、2015年前半は高い志を抱いてポジティブに行動する人、独立心が旺盛で正義と真実を求める誇り高い人に追い風が吹くでしょう。何をするにも「I’m proud」と思えるかどうかがカギに。 一方、2011年3月から始まった「大変革」の流れは3月半ばにゴールを迎えます。個人も社会もここで「過去の問題」に決着をつけ、新しいフェーズへ。世界の未来が決まるような重要なタイミングです。

2015年上半期、フランチェスカ先生のアモーレ占星術http://hpplus.jp/spur/fortune/horoscope/2015_1-6/

フランチェスカ先生の12星座占いはこちら↓

2015年の運勢By マリア・デシモネ

2015年のヘッドラインニュースは、2012年から私たちの生活を揺さぶっている騒々しい天王星-冥王星のスクエアとはほとんど関係がありません。もちろん、3月16日にはもう1度この2惑星による衝撃を受けるのですが、2015年の焦点を当てるほどではありません。

今年は…全てが土星に行き着くでしょう。
(中略)
ありがたいことに、拡張的な木星は今年、束の間の幸福な衝撃をもたらします。2015年の始まりを、木星は獅子座で迎えます。そして3月3日と6月22日、木星は牡羊座の天王星と豪華なトラインをつくるのです。これはあなたの人生のあるエリアを調子に乗せて、成功させてくれるチャンス。リスクを取る覚悟があれば、しっかりご褒美が得られそうです。

8月11日、木星は明敏な乙女座へと入り、1年の残りをそこで過ごします。そして私たちは細部に対して非常に目を向けることになるのです。特にそれが「仕事」と「健康」に関することならば。

2015年の運勢By マリア・デシモネ
http://jp.tarot.com/astrology/yearly

Tarot.com マリア・デシモネ先生の12星座占いはこちら↓

【辛口オネエ】2015年の上半期の全体運と12星座占いもくじ【年間占い】

2014年12月24日に土星が射手座に移動すると、
木星獅子座・土星射手座・天王星牡羊座

世の中全体に長期的な影響を与える天体が「火の星座」に集合するのね。木星は8月12日には乙女座に、土星は6月16日から9月18日までは逆行して蠍座に戻っちゃうから、実質的にこの3天体が全て火の星座に揃うのは、

2014年12月24日~2015年6月15日まで

この期間は、けっこうな困難が目の前にあっても、それを乗り越えようって意欲がどこからともなく、湧いてきちゃうわよ。

それって実は、世の中全体が、明るい展望を抱いて、「俺達の新時代が来るぞ~!!」「世界を変えるぞ~!!」って、ムンムンした『THE・男祭り』みたいになってるからなのね。
(中略)
知らず知らずのうちに世の中のムードの影響を受けて、これまで慎重に失敗しないように、目立たないようにって生きてきた人ですら、「失敗してもいいから、やってみよう!」って気持ちになって、行動に出るんじゃないかと思うのね。
(中略)

【辛口オネエ】2015年の上半期の全体運
http://www.verygood.la/?p=27125

■「失敗してもいい」誰もが、挑戦も失敗も再起も出来る世の中に
2015年前半、世の中は
・過去30年くらいの間に築かれて、今は当たり前になってる社会の「仕組み」やそれを維持するインフラ、技術に革新が起きる
・「当たり前」がなくなっていく中で、「新しいこと」「変わったこと」「面白いこと」をやる人が増える
・挑戦する人にエールを送り、失敗をしてもそれで終わりにならず再起が出来る
(中略)

これまで、自分で自分を信じられるような「成功体験」をして来なかった人。
地縁も血縁もない土地で、就職がうまく行かず派遣やバイトで働いている人。

「自分なんかにできるはずがない」「お前なんかにできるはずがない」「どうせ、俺には誰も援助してくれない」「私なんかが夢を追いかけても、笑われるだけ」そんな悲痛な想いを抱えながら、やりたいことをやってる人達のキラキラした世界を遠目に見てるだけだった人達が、「自分もやってみよう」「ダメでも、挑戦したなりにいいことがあるだろう」「失敗したけど、またやってみよう」って、ごく普通に思えるようにね。

【辛口オネエ】2015年の上半期の全体運
http://www.verygood.la/?p=27125

辛口おねえ先生の12星座占いはこちら↓

【ELLE online】Sayaが読み解く! 2015年の全体像

春先までは一見、楽天的ムードだけれど気を引き締めて

(前略)土星がいて座に移動すると、土星と木星が調和してくるので、一見、いろいろなことが上手くいくように感じられるかもしれません。「ノリで行こう」と考えてしまったり、いて座土星の勢いで強がっても、短期的にはなんとかなってしまったり。でも、その陰には天王星と冥王星のスクエアがあります。木星が「順行」する年4月9日(木)までは、表面的な「強がり」に騙されないようにしたほうがよさそうです。それは、もしかしたら、自分自身でさえ騙してしまうような強がり。「大丈夫」と思っていても、本当は大丈夫でないかもしれないのです。

ここで問題になることは、実は、2014年に前兆がありました。9月から10月にかけて、いて座に火星があった頃、たとえば、いて座の小渕優子さんの辞任劇がありました。大事にせず済ませてきたことも、根本から向き合う必要が出てくるのがこの年末年始です。イージーなマインドでいると、思わぬしっぺ返しがきやすいとき。どんな場面でも、気を引き締めたほうがよさそうです。

Sayaが読み解く! 2015年の全体像
http://www.elle.co.jp/horoscope/pick/saya_total2014_11/3

「怖いくらい当たる!」と人気の「Sayaの星占い」12星座占いはこちら↓

2015年前半は情熱的で勇敢なムード。感情を制する「意思の力」がキーワードになる半年間でしょう。というのも2014年12月24日、土星が約2年2ヵ月ぶりに星座を移動して射手座に入ります。これによって、2014年7月から獅子座にいる木星と土星がそろって「火の星座」に滞在することになるのです。

「火の星座」は文字通り、燃え上がる情熱と自発的な意志が特徴の誇り高いサイン。ですから、2015年前半は高い志を抱いてポジティブに行動する人、独立心が旺盛で正義と真実を求める誇り高い人に追い風が吹くでしょう。何をするにも「I’m proud」と思えるかどうかがカギに。 一方、2011年3月から始まった「大変革」の流れは3月半ばにゴールを迎えます。個人も社会もここで「過去の問題」に決着をつけ、新しいフェーズへ。世界の未来が決まるような重要なタイミングです。

2015年上半期、フランチェスカ先生のアモーレ占星術http://hpplus.jp/spur/fortune/horoscope/2015_1-6/



 - まとめ