占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

【恋愛】島田秀平の手相占いで見る「恋愛の相」

      2016/03/12

▼島田秀平さん

解散後は、島田得意の手相関係や怪談、都市伝説、パワースポットをネタにするなど、幅広く活動をしている。
2010年のサッカーワールドカップでは、主な国の選手の手相を占うことで、決勝進出国と優勝国を的中させた。
2003年頃仕事で知り合った菅野鈴子(原宿の母)から「あんた、見えるね(手相を見る力がある)」と言われ、手ほどきを受けた。その後、何度も教えを請い、2007年夏頃『代々木の甥』の名前をもらった。自分で命名したオリジナル手相というのが100種類ほどあり、「エロ線」「KY線」「あげまん線」など、ユニークな名前を付けている。また、「手相は統計学ですから」とも述べている。

▼良い手相と悪い手相

基本的に、線がはっきりと強いほうが良い線だと言われています。
「線は運気が流れる川」という考え方があります。
大河のように途中で邪魔するものがなく強く深い川(線)は、流れもよく理想的とされています。
心身ともによどみなく、自分に合った人生を勢いよく生きている方です。

逆に弱くて切れ切れだったり、途中で横切る線、障害があると川の流れも弱くなります。
そういう線の持ち主は、自分の才能や気持ちを押し殺してしまっているため、運勢も滞りがちになります。
自分の気持ちに正直になって前向きに!

▼モテ線

たくさんの異性を虜にする魅力あふれる人です。
人の気持ちがわかり、愛着もある。
さらに、転性のコミュニケーション能力に恵まれているのでチヤホヤされ、あらゆるところで恋のチャンスにめぐまれます。

▼エロ線

この線がある人はセクシーな魅力があったり、不思議な色気があったりして独特な魅力で人を惹きつける力があります。

▼エス線

恋愛でも人間関係でも自分が引っ張っていきたいタイプです。
エム線の人と相性がいいでしょう。

▼エム線

誰かに引っ張っていってほしい受け身の人です。
エス線の人と相性がいいでしょう。

▼アブノーマル線

この線がある人は少し変わり者で、変態かもしれません。
恋愛では邪魔が入るなど障害がある方が燃えたりします。
夜の営みでもちょっと変わったことを本心では望んでいるかもしれません。

▼束縛線

個性的で、魅力があるためモテますが、毎回異性の好みが変わりやすい気分屋です。
イライラが多く感情が表に出やすいタイプです。
好きになると相手の全てを独占したくなります。
心配性で恋人と離れていると、しつこく電話をかけるタイプかも。

▼あげまん線

パートナーの気持ちをしっかり支えることで、相手の隠れた才能や魅力、実力を引き出すことのできる人です。
見た目も魅力的で、多くの人に親しみをもたれる穏やかな人です。
なかなかいない線ですが、もし見つけたら即プロポーズしましょう。
ちなみに男性にある場合は「あげちん線」絶対に手放してはいけませんよ。

▼浮気線

付き合っている人がいても、つい浮気心を抱いてしまいがちな人です。
恋愛に意欲的で、性欲も強い傾向があります。
もしも相手にこの線があった場合は、監視が必要でしょう。

▼ビアラシビア線

3人でも満足できないパワー溢れる存在。
自由でいたいと願う人ですが、反面退屈しやすいので、常に夢中になれるものや、刺激を与えてくれる相手を常に欲しています。
その傾向は恋愛でも一緒で、異性がころころ変わり、3人でも満足できません。
知的好奇心を刺激してくれる相手に惹かれます。
束縛を嫌うので、大きな心で付き合わないと上手くいきません。

▼夢見る乙女線

異性の理想が高く、現実を直視しない人です。
このタイプは理想を大事にしているので、間違っても幻滅させるような行動はNGです。
とにかくお姫様扱いしましょう。
合コンでは、お持ち帰りされやすいタイプでもあるので気をつけましょう。

▼勝ち気線

出典ameblo.jp

積極的に自分を押し出していけるタイプです。
とにかく負けず嫌いなので、恋愛でもライバルが出現すると、俄然、燃えてしまいます。
この線がある人を落としたい場合は自分はモテているアピールをして、異性の影をちらつかせましょう。
また、しばらく電話をしなかったりとジラしも効果的でしょう。
相手を心配させると燃えてくるかもしれません。

▼ストーカー線

出典ameblo.jp

ライバルが現れると、すっと身を引いてしまう人です。
失恋や仕事の失敗を引きずりがちで切り替えがヘタな一面があります。
心配性な性格なので、メールなどはすぐに返事してあげましょう。

▼二丁目線

出典jisin.jp

別名「思いやり線」とも言い、相手の立場で物事を考えられる人に出る線です。
さりげない気配りなどができるため、恋のチャンスは多いでしょう。
人一倍やさしいので、相手にこの線があったらラッキーです。
スキンシップが大好きです。
ちなみに、同性愛者にもこの線を持つ人が多いです。

▼トラウマ線

過去のツライ経験を、うまく解消できていない人に現れます。
もちろん、恋愛での傷が癒えてない人にもできます。
このタイプの人は恋愛に対して消極的で、嫌われたくないという気持ちが強いため、うまい距離感がつかめません。
また、相手の都合を考えず一方的になったり、異常な媚び方をする人もいます。
このタイプにに接するには、強引に迫るのではなく、ゆっくり時間をかけて優しくして、閉ざした心を開いていきましょう。

▼しわしわ線

たまに、手のひら全体が細かいしわに覆われている人がいます。
そんな人は、繊細で感受性の強い人です。
想像力が豊かなのでドラマのような恋愛に憧れる傾向があります。
勘が鋭くウソをみやぶる能力があります。
いっぽうで押され弱い一面もあります。

▼未練タラタラ線

別れた恋人をいつまでも忘れられない人です。
新たな恋をしようと思っているけど、基本的に悲観的なので、近場で次の相手を探してしまう傾向も。
間に合わせの恋愛をするので、長続きしません。
過去の恋にきっぱり区切りをつけて前に踏み出すことが大事です。
結婚しているひとでもこの線は多いといいます。
前の恋人が忘れられていないのかもしれません。

▼ガラスのハート線

女性に多い相です。
自ら心を閉ざしてしまう傾向があります。
ちょっと強い言葉を言われて傷ついてしまうことも。
いっぽうで、「言い方がイヤ」などNG項目も多いです。
少しでも理想と違いマイナスな面を見ると心を閉ざすため、恋のチャンスも逃しがち。
優しい言葉や甘い勧誘に弱いので騙されないように気をつけましょう。

▼気づかい屋さん線

出典jisin.jp

思いやりがあり、人の気持ちを敏感に感じることができます。
さらに、礼儀正しくロマンチック。
この相の人がパートナーだと、自分の気持ちを察してくれて、さりげなく支えてくれるので、居心地が良いです。
相手をすぐに好きになる傾向があるので、悪い人に騙されないようにしましょう。

▼ラテン系線

出典ameblo.jp

感情線が人差し指と中指の間より短い人です。
熱しやすく冷めやすい、好き嫌いが激しい、といった恋愛傾向があるようです。
短気なところもあり、冷静さを失って熱くなることもあるでしょう。
恋愛大好き人間で合コンでも気になる相手の隣に座ったりと、大胆にアプローチするタイプです。
このタイプを口説くなら、短期集中で一気に攻めたほうが落としやすいでしょう。

▼奥手線

感情線が人差し指と中指の間より長い人です。
何事にも慎重で、恋愛もどこか冷めている印象を受けストレートな感情表現が苦手で、何を考えているのか分からないことがあります。
が、熱くならにのは本当の自分を出して、傷つくのが怖いからです。
異性に対しての理想はやや高めで、最初は自分を抑えて行動しますが、いったん関係ができてしまえば感情が倍加し執着する人もいます。
もしも好きな人がこのタイプならば、あせらず、まずは友達付き合いからがいいでしょう。

▼良妻賢母・マイホームパパ線

出典ameblo.jp

心のバランスがとれている人で、仕事も頑張り、適度に遊びますが家族をおろそかにするような事はないため、幸せな家庭を築いてくれます。
楽しいことが大好きで、面倒見も良く、人付き合いも上手と、バランスの良さが魅力です。
純粋に人に愛を注げるタイプで穏やかなので、恋愛や結婚相手にはもってこいの相手でしょう。

▼恋愛後回し線

出典ameblo.jp

恋のチャンスは少ない人かもしれません。
異性の理想が高すぎたり、仕事人間だったり、趣味のひとだったりと、どうしても恋愛を後回しにしがちです。
しかし、ひとたび恋人ができると、所有欲や嫉妬から相手を独占しようとする傾向があります。
また、生活のあらゆる面で、自分の好みを押し通して世話を焼くようなところもあるので恋人にすると少々やっかいではあります。
結婚した後はカカア天下や亭主関白になりがちです。

▼二重感情線

仕事と家庭の両面に力を発揮できたり、いろいろな人を結びつける能力があります。
面倒見が良く友達思いで、
周囲への気遣いもバツグン。
しかし、恋愛は少し不器用で、好きな人の前だと緊張したり、本来の自分を出せなくなる傾向があります。
が、その段階を越えてしまえば充実した恋愛になるでしょう。

▼悲しみのモノサシ線

出典ameblo.jp

人生のツライ経験が手に刻まれています。
他人の痛みが分かるので、涙もろく哀れみ深いので、困っている人は放っておけません。
恋愛ではいったん好きになると一人の人を愛し続けます。

以上です。見てくれてありがとう!

関連まとめ



 - まとめ