占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

【復縁】星座ごとに分けられる男女の復縁占い12パターン【星座】

      2016/03/12

◆基本性格◆
おひつじ座の性格の要になっているのは、強い自我です。
なんでも自分で選び、なんでも自分で行動したという自覚がない限り、気持ちが満たされません。
人に従うことを苦手とし、自分が頂上に立つために努力するので、リーダーとして成功する人が多いです。
また、何事に対しても心のどこかで『大丈夫』という根拠のない自信を持っているため、
失敗を恐れないチャレンジャーにもなります。
ただ、人一倍プライドも高いため、時としてやせ我慢や意地っ張りになったり、
誰かから指摘を受けるとカっとなってしまう一面もあります。

◆復縁するためには◆
自分がおひつじ座の場合
忍耐力と余裕を持って復縁に臨みましょう。常に直球勝負なのはいいことですが、時には引いてみることも覚えましょう。
相手がおひつじ座の場合
相手に執着したり復縁を迫るのではなく、相手を楽しい気分にさせつつ、時々ドキっとさせるようなことをするといいでしょう。

おうし座の人は、ゆっくりじっくりと物事を進めていこうとする堅実なタイプです。
根気と忍耐のある芯のしっかりとした性格ですが、それゆえに頑固な一面もあります。
じっくりと物事を考えて決断を下すため、周りからは優柔不断だったり、何を考えているかわからないと思われることも。
何事も丁寧にやりたいという意思が強く、おおざっぱだったり、手を抜いた仕事はやりたくないと考えています。
信頼を裏切りたくないという気持ちがあり、普段は相手に合わせようと努力しますが、
信頼を裏切られると攻撃に転じるので注意。

◆復縁するためには◆
自分がおうし座の場合
相手はあなたが何を考えているのかわからない、と思っているかも。自分がどうしたいのかを告げる必要がありそう。

相手がおうし座の場合
復縁をしたいのなら、誠実さを見せること。文句やワガママなどを言わずに、焦らずゆっくりと見守っていきましょう。

ふたご座の人は、普段は明るく社交性がありますが、ささいなことで傷ついたり、物事を悲観的に捉えるような二面性を持っています。
他人からどう思われているかを気にするため、周りに気を遣い、明るく陽気に振舞うことが多いのです。
沈黙は大の苦手で、おしゃべりを封じられると強いストレスを感じて、時として神経症になることさえもあります。
行動などは軽快で、臨機応変に対応する柔軟さも持ち合わせていますが、根気や忍耐はゼロに等しいです。
目の前に壁があると、乗り越えようとせずに別の道を探すタイプです。

自分がふたご座の場合
根気をもって復縁に臨んでください。連絡をしすぎたり、駆け引きをしすぎたりしないように気をつけましょう。
相手がふたご座の場合
友達として遊べるくらいの軽い付き合いに戻ることを目標にしましょう。落ち込んでいるときは話を聞いてあげてください。

かに座は他の星座のように強い自我や個性はありませんが、月のように太陽の光を受け止め、
輝かせる性質を持っています。
順応性が非常に高く、置かれた環境の中で吸収できるものは吸収し、自分独自のやり方を編み出します。
どんな環境でも生きていける、したたかな強さを持ち、どんな相手でも、
相手の求めているものに応じようと努力して成長します。
現実を生き抜くという意味では驚くほど強いものを持っていますが、他人には決して見せない弱く、もろい部分もあります。
面倒見がよく、同情しやすい性格をしていますが、感情に流されて、追い詰められるとヒステリックになることもあります。

自分がかに座の場合
相手に復縁を求めたり、多くを期待するのはやめましょう。あなたが愛しているから愛を与える、ということを忘れずに。
相手がかに座の場合
相手の考えを聞いて、少しあなたから歩み寄る必要がありそう。時には情に訴える手段を取るのもいいかもしれません。

しし座は太陽のように燃え盛る、力強い性質を持っています。
考え方や行動も大胆で、太陽のごとく自分が中心にいたいと願います。
周囲を気にせずにのびのびと振る舞い、本音と建前の使い分け方を知らず、ウソをつくことのできない根からの正直者です。
プライドと自己顕示欲のかたまりですが、根気や忍耐を必要とすることは苦手で、計画性は全くありません。
その代わり、普段はどこまでも楽天的な性格をしていて、苦境では腹をくくって立ち向かう度胸の良さを持っています。
相手のことを考えず、無神経に人を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

◆復縁するためには◆
自分がしし座の場合
復縁を望むなら、あなたが悪いところは素直に認めて謝ることです。普段のあなたがしない行動に、相手も理解を示すかも。
相手がしし座の場合
全てを許して、そのままの彼でいいと言ってあげましょう。それでも復縁したいのだと伝えれば、心も動くかもしれません。

コツコツと根気よく努力を続け、着実に成果を得る。努力がなければ実りはない、というのがおとめ座の信条です。
そのため、いつもチャラチャラしていて、都合のいいときだけ儲けにありつこうとする人間とは分かり合えません。
おとめ座は学問、知識、はかりとものさしを性質の中に持っていて、どんな細かいものもきっちり計ろうとする、
非常に几帳面な一面もあります。
その日の行動だけではなく、将来設計などもしっかり立てていて、人によっては息苦しいことも、
おとめ座にしてみれば安心感でしかありません。
他人に対しても、自分のものさしで計ることが多く、他人の考え方や価値観を認める柔軟性を持つとよいでしょう。

自分がおとめ座の場合
相手の価値観を認め、自分の心にも余裕を持つことで道が開けます。どうして、と復縁を迫るのはNGです。
相手がおとめ座の場合
連絡がなくても相手を気遣い、疑われるような行動は避け、何かあったときには支えられるようにしておくといいでしょう。

てんびん座は、何事にも束縛されることを嫌い、自由に生きたいという思いを人一倍強く持っています。
物への執着は、傷んだり失くしたりすることへの不安を生み、人への執着は愛憎に囚われる苦しみを生みます。
縛られることを嫌うてんびん座は、自由を求めて動くため、そういった執着心を持つことがあまりありません。
相手を縛らず、個を尊重する考えを持っていますが、その代わりに自分への干渉も嫌い、
そういった人に強い反感を持つことがあります。
物事や人間の正、不正を冷静に見極めようとするため、人間関係では中立の立場をとることが多いでしょう。

◆復縁するためには◆
自分がてんびん座の場合
お互いに歩み寄る必要がありそうです。復縁したいのなら、相手が自分に干渉してくることも少しは受け入れましょう。

相手がてんびん座の場合
こちらからの連絡が途絶えると忘れられてしまう可能性があるため、返事がなくても連絡は途絶えさせないようにしましょう。

さそり座の人は一芸に秀でていて、スポーツや芸術などの世界でその道を極めることに非常に向いています。
自分が情熱を捧げられるものならば、どんなに苦しいことでも喜んで取り組みます。
ただ、一点集中型の性格をしているため、何かに集中すると周りがまったく見えなくなってしまうことが多々あります
また、方向転換が苦手で、引き際を自分で見極めていたとしても、それを自分で実行することができずに執着してしまいます。
深く考えてしまう性格の上、口下手なため自分の考え方や生き方などをうまく言葉にできず
周りから「よくわからない」と言われることも。

◆復縁するためには◆
自分がさそり座の場合
一度、時間を置いて自分を磨きましょう。立ち直ったと自分で思ったとき、復縁したいことを重くならないよう伝えましょう。

相手がさそり座の場合
相手から連絡があれば十分に可能性はあります。駆け引きをうまく使って、相手から復縁を申し込まれるのを待ちましょう。

いて座の人は知識欲が非常に強く、かなり高いレベルの知識、技術を身につける人が多いです。
たとえ社会に出ていても、自分が学びたいと思ったら学校などに通い、才能を開花させて副業などをする人も多いようです。
ただ、自分の限界を感じたり、これ以上の発展性はないと判断したら、びっくりするくらい簡単にやめてしまいます。
常識的な価値観に囚われない強い自我を持っていて、意思を曲げず、自分自身に正直に生き抜くことをモットーとします。
感情の起伏が激しく、オーバーに考えすぎなところがあったり、
深い悩みや悲しみに苛まれると、自分の殻に閉じこもってしまうことも。

◆復縁するためには◆
自分がいて座の場合
まずは自分の気持ちを抑えましょう。伝わりやすいよう言葉をまとめ、自分がどうして復縁したいのかを告げましょう。
相手がいて座の場合
相手に理解を示し、一緒に笑える友達からやり直しましょう。時期を見て、復縁したいことを告げるといいでしょう。

やぎ座は自然を愛する性質を持っていて、可憐な山野草が好きだったり、芸術や文学を心の拠り所とする人が多いです。
海や山などの自然を相手にするスポーツなども好み、面倒な人間関係から解放されて自然や芸術に癒されたいという思いを持っています。
信頼関係を大切にするため、他人から信頼されると、それに応えようと誠実な姿勢をとります。
ただ、他人の手を借りずに、全部一人でやり遂げてしまおうとしたり、
自分が見たり感じたりしたものしか信じない頑固さは、大きな欠点です。
時には、他人の意見や言葉に耳を傾け、自分とは違う考えや感性を取り入れて問題に向き合うと解決することもあるでしょう。

◆復縁するためには◆
自分がやぎ座の場合
一人で解決しようとせずに、復縁したい相手との共通の友人などに相談してみましょう。なるべくなら自分とは異性の友人で。
相手がやぎ座の場合
相手がどんな態度を取ろうとも、誠実に向き合うことです。相手が、あなたといることに価値を見出せれば状況は変わります。

みずがめ座にとって、自分は自分、他人は他人です。他人などどうでもよく、自分は別格の存在だというプライドがあります。
精神的な自由を強く求め、束縛や、自分の世界に踏み入られたりすることをひどく嫌います。
他人と同じなのを嫌うため、ファッションもユニークだったり、他人からは個性的、悪く言うと変わり者という判断を下されます。
人が大勢集まる席では甲斐甲斐しく働き、手料理を振舞ったり、楽器を演奏してもてなしたり、
人が喜ぶのが嬉しいという、人なつっこい面も。
ただ、人の意見を聞きたくないため、へそ曲がりな態度をとってしまい、自分で自分を孤立させてしまう、
ということも少なくありません。

◆復縁するためには◆
自分がみずがめ座の場合
今までの自分を省みて、謝るべき点は素直に謝りましょう。復縁するためには相手に合わせることも必要だと知りましょう。

相手がみずがめ座の場合
あまのじゃくな相手には、少しツンとした態度くらいでちょうどいいでしょう。執着して関係を悪化させないように。

うお座の人は感覚、感性が研ぎ澄まされていて、生まれながらにしてアーティストの素質を持っています。
鋭い直感力を持っていて、出来事を予知したり、常人ではありえないような不思議な体験をする人も少なくありません。
環境への順応性が非常に高く、朱に交われば朱に染まる、を体言するような性質があります。
周囲に抵抗せずに従う生き方をし、そのために損な役に回ることも多いですが、雪の重みをかわす柳のようなしなやかな強さも持っています。
環境によって良くも悪くもなるため、あっちこっちふらふらしないように、人生の目的意識をしっかりと持つことが大事です。

◆復縁するためには◆
自分がうお座の場合
時間を置いて自分の気持ちを整理しましょう。それでも復縁したい想いが変わらなければ、感情を抑えて上手に伝えましょう。
相手がうお座の場合
常に相手を思いやり、見守っていきましょう。別れても好きだということを、柔らかく、でもハッキリと伝え続けましょう。

星座占いから更に深く生年月日なども利用した占い等



 - まとめ