占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

【十干】乙(きのと)の特徴まとめ【四柱推命】

      2015/12/09

■乙(きのと)とは?

乙木は田園に咲く優しい草花又はつる草とみます。
乙木が育つためには適度な太陽の火(丙)と天然の雨水(癸)が必要です。
乙木はいくら集まっても天に向かって伸びることはありません。天に向かって伸びるためには甲木に巻き付いて伸びる必要があります。
これを藤蘿繋甲(とうらけいこう)と言います。
日主が乙木の場合は「丙と癸」これが看命の基本になります。

■長所と短所

(長所)協調性があり、場を和ませるような気配りができる。庶民的だが責任感・義務感が強い。几帳面で真面目に義務を果たす。でしゃばらないが冷静に物事に対処する。地味でもコツコツマイペースに努力する。観察力に優れる。シミュレーション能力に優れる。気持ちの切替が早い。粘り強くたくましい。

(短所)争いごとが嫌いで事なかれ主義の傾向。自我を押し通すことが苦手で、過ぎるとイエスマン。決断力に乏しい。執拗。依頼心。他人の目が気になる。

■乙(きのと)の気質と特徴

草花を意味しメソメソ泣いたりと女性的・消極的で臆病な部分と強情で意地っ張りなところを持っています。少女マンガ的頑張る系で痩せて背がヒョロ~っと高い人・目が細い人が多いです。

柔和で協調性が高く、安定を求める秘書的なタイプです。
おとなしく内向的に見えますが、芯が強く、グループの結束を固めるような役割を果たします。そのため、事を荒立てることを好みません。ただし、木人なのでそれなりに気位も高いです。
迷いが多くて決断するのに時間がかかるので、ビシッと決断を下してサッと行動するような人に引っ張っていってもらうとうまくいくでしょう。
木人なので、肝臓、胆のうの病気に注意です。

どんなに踏まれても荒地であろうとも、見かけによらず環境に順応してたくましく生きていける

乙の人は人を惹きつける容姿や雰囲気を持っている人が多いのが特徴。とはいっても、周囲の人を圧倒するような強烈さはなく、ソフトな物腰で上手に人と協調・調和しながら付き合っていけるテクニシャンです。一見すると、従順そうに見えたり、お調子者と思われることもあるかもしれません。でも、内心はなかなかのリアリストであり、したたかな手ごわさを持っています。

■乙(きのと)の恋愛

恋に落ちると大抵は遊びではなく本気ですが、相手に依存しやすい傾向にあります。細かいところまで相手に気を使うことができるので、男女共に異性からの好感度は高いほうです。この干は恋に対しても優柔不断な面や、周囲の目を気にする傾向があります。執着心も強いほうなので、物事を迷わずスパっと決める行動的な異性にリードしてもらうと上手くいくでしょう。ただし、異性に振り回されて調和の精神を忘れ、強引に物事をどんどん押し進めるようになると運が下がるので注意が必要です。

■実占による乙の印象・特徴

頭を集中的に使うと疲れを生じ、食欲がなくなったり、胃が痛んだりする。緊張すると頭が働かなくなり、真っ白になってしまう。活字好き。自分の考えに固執せず、物わかりがよい。単独では力が発揮しにくい。

あらかじめ筋道を立てておかないと話ができない。(アドリブ下手)他人の評価を気にしながら、慎重にものごとを進める。与えられた仕事を一生懸命こなす。自分の考えと活字が違うと不安になり、活字を信じてしまう。(観念の奴隷になりやすい)

身体の特徴:重心は後ろにあり、首が前掲している。疲れてくると、首回りが硬くなる。首が長く、細い。なんだかんだ言って結構やさしい人たちが多い。出典:占い処『和合之徳】http://www.wagounotoku.com/index.html

<十干その他>



 - その他, 四柱推命