占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

風水から見る金運アップにつながる”財布”の選び方と活用法とは・・

      2015/12/09

・ ”金運アップ”につながる財布の重要性

なにかと値上がり気味の今日のこの頃。「お金がもっと入ってくるといいなあ」と思っている人はたくさんいることでしょう。

そう願っている人は沢山いるかと思います

お財布は「お金の住処、または寝床」ともいうべき、お金にとってとても大切な場所です。

財布の中はお金にとって聖域のような場所です

持ち主の「お金に対しての考え方」がよく現れる場所でもあります。

Photo by Hemera Technologies / PhotoObjects.net

お財布は長く使っていると、型崩れしたり、角が擦り切れたりしてきますよね。残念なことですが、そんな風になってしまったら、”新しいお財布との交換時”だと思ってください。

財布は長年使うことが良いとされておりますが・・ボロボロになったり型くずれてしてきたりしたら新しいのを買うのが良いとされております

風水では財布が2年を過ぎると金運が下降する傾向にあります。できれば毎年新しいものにすることをおススメします。2年経っていなくても表面がかすれてきたり、ボロボロになったら取り替えましょう。

ボロボロの財布を使い続ける事で金運の運気を下げることになるそうです

春財布といい縁起がいいものとされています。春は「張る」に通じ、財布が膨らむほどお金が入るというところからきています。その春の時期というのは「12/20から2/17」または「2/3から3/5」といわれています。

財布の選び方としては

風水的に財布は長財布が理想的です。折らずに入れられる長方形の財布は金運アップにつながります。可能であれば、札入れと小銭入れを両方持つことをおすすめします。さらに、長財布に鈴をつけるとよりGOODです。

長財布を使っている方は財力がある方が多いといわれております

Photo by Hemera Technologies / PhotoObjects.net

素材ですが、皮製が良いという説、エナメルが良いとする説、いろいろありますが、見た目があまりにもチープというものを避け、なるべく高級感の漂うものを選べば、どんな素材でもいいと思います。

素材は人それぞれ好みがありますが・・下記に詳しくのせておきました↓

「牛革」
→ 牛革は「蓄財」という意味があり、牛革の財布は貯める力がある。
「オーストリッチ革」
→ 増やして貯める力がある財布。
「クロコダイル革」
→ 今の金運を維持する力がある財布。
「ヘビ革」
→ 大きなお金が入る反面、出る力も大きく、自営業向き。

色については

金運を上げるお財布の色は風水的に黄色、白、茶、ベージュ、黒がおすすめです。特に黄色は金の気をもつ色ですのでおすすめします。

ただし、一口に黄色といっても様々です。純粋な黄は強すぎるのでたくさん入ってきますが、たくさん出ていきます。したがって、純粋な黄色よりも山吹色やパステルイエローなど彩度を抑えた黄色が良いでしょう。

色は無難なところで黒か黄色がいいみたいです

白の財布は買ってすぐには消費しないようにしましょう。しばらく経つとお金が入ってくる色です。

茶やベージュは貯蓄運を上げる色です。消費癖のある人や、お金を貯めたい人には、いい色の財布でしょう。

黒の財布は今の金運に満足している色です。極端なお金の入りはありませんが、その分出ていくことも少ない色です。

白の財布は少し保管したあと使うようにしたほうがいいみたいです

逆に絶対NGなのが赤いお財布。お金が燃えてどんどん出て行ってしまいます。青い財布も金運が流れて行ってしまい、よくありません。

風水では赤と青色の財布はNGとされております

「女性はキラキラした財布」を買うのが金運アップにつながるといわれている

女性限定。ラインストーンやエナメル加工など、これら「光」を取り入れた財布はお金を呼んでくれます。金色の金具などがついている財布もいいそう。

女性の方はキラキラした財布を使った方が金運アップにつながるそうです

・ 財布を使うときに意識したい点

1「お札は上下をキチンと整える」

ポイントはお財布の中をいつもキレイに保つこと。上下バラバラだと仲間はずれにされたと感じて、出て行きやすいそう。頭を下にして入れると出て行きにくいと言われています。

新しい財布を使ってる人で綺麗にお札を整えているひとをみることがあります

2「新しい財布にはできるだけお札を入れる」

100万円の札束を入れるといいと言われています。お財布に大金の味を覚えさせることが目的だとか。

流石に100万は・・・

3「財布の中はいつもキレイに」

お財布の中はいいつもキレイに整理しておきましょう。居心地がよければ、お金が出ていきません。むしろ、入ってきたがります。レシートや領収書はマメに捨て、カードも入れすぎないように。日常的に使うカードのみを入れ、ショップカードや会員カードは、カードケースに入れるようにするといいでしょう。

不要なモノはできるだけ財布に入れないようにするといいみたいです

4「財布の中にペットや好きな人の写真を入れる」

掛け値なしにお金を好き!と思えるように、自分が大好きなペットや家族、恋人の写真をお財布に入れておくことをオススメします。お財布を開けるたびに大好きな人やペットの存在を認識し、「好き」と思っているうちに、自然とお金に対しても愛情がこみ上げてくるはず。こうなったら、お金に困らない人になるのはもうすぐです。

■ 財布はかばんの中にいれっぱにしない

帰宅後はかばんから取り出して保管しましょう。かばんの中に入れておくと、
「動く」ということから、悪い気を呼び金運を下げてしまいます。
台所のような火の気が強いところは絶対にやめましょう。金運が燃えてしまいます。

かばんに財布をいれっぱなしにすることで金運を下げることにつながるそうです

財布の保管場所も金運に影響を与えます。
お金は暗いところで増えるという性質があります。ですのでベストは、寝室の北側の暗い場所です。
クローゼットなどにしまっておきましょう。押入れがある場合は、隠せる物の中へ。
お金専用の保管スペースを確保することが金運アップにつながります。

■ まとめとしては ■

・中古は買わない
・赤、青、緑色の財布は買わない特に赤
・白の財布は今までの金運を一度リセットしたいときに買う
・秋に買うのは「空き」という悪い意味と「実り」という良い意味がありどちらともいえない

お札を折ることはお金の腰を折ることになるので、二つ折り財布はお金にとって居心地がよくないそう。お金に長くいてもらうためには、長財布でのびのびしてもらうのが良いようです。

今日から始められる物ばかりですので、実践して、いいお金の流れをつくってみてください!

「お金がない」「浪費癖が治らない」と悩んでいる人は、まずはお財布を見直してみましょう。

● 参考リンク ●



 - その他, 風水