占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

風水鏡を置く場所、向き、方向。八卦鏡など。

      2016/03/12

風水に鏡

鏡は気の流れをさえぎったり、気の向きを変えたりできるもので、置き場所を間違えなかったら便利なアイテムです。

風水鏡を置く場所、方向、玄関ではどこに置くか

玄関正面はNG
玄関ドアの正面に鏡を置くと家の中に入る気を反射してしまうので絶対にやめましょう。

玄関入って右に置く
風水では反時計回りが気の流れを表しているので、玄関を外から見て右側が気の通る道です。
この位置に鏡を置いて気の流れを助けて上げましょう。

鏡の配置でおすすめの方角は、西です。
西は金運や恋愛運を上げる方位でもあります。

また風水では方位の理解はかなり後になってから導入されたもので、基本はあくまでも竜脈と呼ばれる気の流れです。つまり、北の玄武・・などというものは北斗信仰や道教が取り入れたものであって本来の姿ではありません。だから例えば台湾の都市造りでは南北が反対になっているという風水師もいるくらいです。日本の平安京や江戸ではたまたま北から竜がやってきているに過ぎないのです。
ですから吉方の鏡という考えはかなり近年の思想だと考えてください。

「気」の入り口である玄関の正面に鏡を置くのはよくありません。運気が跳ね返るとされているため、壁側に鏡を設置しましょう。玄関のドアを背にして、右側の壁に飾ると仕事運アップ、左側の壁に飾ると金運アップの効果が。とはいえ、欲張って両方に飾ってはいけません! 合せ鏡は不幸を呼びます。

また、鏡のパワーを助長するアイテムに、花や観葉植物があります。
一般的に、リビング、子ども部屋など部屋の入り口に鏡は配置しない方がいいでしょう。

玄関での鏡の置き場所は、正面を避け、左右どちらかにおきましょう。
また、鏡のタイプによって風水の効果が違います。

八角形の鏡
風水八方位ともっとも調和が取れている形です。北の玄関に置くと財産を守り、南の玄関に置くと才能や美を強化します。

玄関に鏡を置くと運気は上昇します。この鏡もそうですが、丸い鏡や八角鏡なども玄関に置く鏡の相性がよいです。

玄関に鏡を飾るときには、気をつけないといけないことがあります。それは、玄関を入って左に鏡を飾ると金運、健康運が上昇し、右に鏡を飾ると芸術運、名誉運が上昇するそうですが、金運も名誉運も欲しいからといって両方に鏡を置くと合わせ鏡になるので注意してください。

また、丸い鏡は、出来るだけ大きい方がよいそうです。丸い鏡はエネルギーなどとてもよい気の出入り口になっているそうです。楕円形の鏡は、女性を綺麗にする効果があるので寝室などに置くと効果がありますよ。また、玄関の正面に鏡を飾ると気の流れが乱れるので注意してくださいね。

八卦鏡の八卦の配置は自然の力を象徴しています。中央の小さな鏡は悪いオブジェクトをひきつけ、八卦によって閉じ込めてしまいます。
凹面鏡はある一定の距離より離れると、物体の像を逆さまにします。悪い像を逆さまにして閉じ込めるという意味で、防御的な風水オブジェクトとして使われます。
不快感・不安感を与える物体や構造物に向けて掛けると、その影響を弱めるといわれています。

風水も風水師の数だけ流派があるといえるほど人によって見方が異なります。なのでどれが正しくどれが違うとは言い切れません。

鏡の置く場所にも様々な説がありますが、玄関の外に置くという人、凹面鏡は気を高めるのだから家の中がいいという人もいます。

凸面鏡、凹面鏡は、家(玄関)の外に置く

八卦鏡(風水鏡)は、必ず家の外に吊るして下さい。
また、八卦鏡には強いパワーがあるので、くれぐれも注意して使用して下さい。

◆ 凸面鏡 ◆

八卦鏡(風水鏡)の凸面鏡は、尖ったものや角張ったものが発する邪気を避けるものです。

例)路地の突き当たり、尖ったもの、角張ったもの、両脇に高い建物が建っている、高い建物から受ける威圧感がある、電信柱、フラッグボール、看板、大樹、先の尖った建物、階段状に作られた建物が見える場所など。

◆ 凹面鏡 ◆

八卦鏡(風水鏡)の凹面鏡は、道路や河川から来る邪気を避けるものです。

例)T字路や道路の突き当たりにある家、玄関の正面に階段がある所、家の前が坂になっている所、家の前がエレベーターの所、マンションなどで他人の玄関と向かい合わせになっている所、高速道路と同じ高さの階にある住居や事務所など。また土地や建物の形態によって、悪い気が出る恐れのある場所など。

ココでは私の知る範囲でのみお答えします。
凸面鏡はイザ知らず、凹面鏡については解釈が違います。
凸面鏡は光が分散反射するので、殺作用(凶作用)を防ぐために使用します。
凹面鏡は光が集約します。つまり薄い吉作用を集約するために使用するもので凶作用を反射するのではありません。間接的に吉作用を強めて凶を乗り越えると考えてください。
また光自体には吉も凶もありません。ですから凹面鏡を凶方向に向けてはいけないという火と老います。
私はその節を支持します。つまり凸面鏡は『殺』を跳ね返すために使用し、凹面鏡は『吉』方位に据えて呼び込むためのものです。

【平面鏡】
良い気を集め、邪気を跳ね返す効果があるとされています。陰陽のバランスが崩れやすい場所に置くのが効果的です。次のような場所に家や部屋がある場合お使いください。

 
目に見える障害物がない場合でも、「なんとなくイヤな感じがする」場合。
居住地域に墓地、葬儀場、病院などがあったり、その地域が古戦場や埋め立て地だったりすると、どうしても陰の気がたまりがちになります。 このような場合は、お守り代わりに平面鏡をぶら下げておいてください

[掛ける場所]凸面や凹面にくらべ力は弱いのですが、邪の気を跳ね返す使い方と気を取り入れる使い方ができます。凸面鏡と同じ使用方法で邪の気を跳ね返します。 気を取り入れる場合は室内にかけ、本命卦の方向に開いている窓に向け、外からの気を取り入れます。

風水鏡関連リンク



 - その他, 風水