占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

風水的運気上昇の法則 – 口にするだけで「金運」が良くなる言葉

      2016/03/12

Time is Money – 時は金なり

物事が上手くいかない、タイミングが悪い方には時計を買い替えてみることをお勧めします。古い時計や時間が狂い易い時計は信用やタイミングを逃しやすくなってしまいます。自分の時を刻む時計を替えてみるだけで運勢はある程度好転します。

自宅が綺麗に整理整頓されていれば、探し物で時間を失うこともありません。時は金なりです。また、整理整頓がされていると、何処に何があるかが分かっているので不要な物を買うこともありませんのでお金が貯まります。

人には寿命があり生きていられる時は有限です。後悔しないように一分一秒を大切にしたいものです。よい出会いとご縁はかけがえのない一生の財産となります。高望みをして、いつも取り繕い窮屈な思いをしストレスを溜めていく自分でいることは自然でしょうか?それより、一緒にいてリラックスできる心地よい人と分かり合い、長くおつきあいできることは何より幸せだと思いませんか?

朝は6~8時の間に起きて、太陽の光を浴びてください。ビジネス運に重要な「木」の時間なのです。

(時は金なり) 時間は金銭と同じく貴重vなものだから、無駄に費やしてはいけない。

時は金なり、を聞き流すんじゃない。その時間で出来る事をしなさい。

しかし、ある意味この時間を味わうという行為にこそ価値があるのではなかろうか。タイムイズマネー。時は金なり。時間という資産を消費して自己満足を得ているのである。時間は不可逆ゆえにある意味最高の贅沢品である。忙しい時間ならその価値はさらに高まろう。なんだか優雅な気分になってきた。

金持ち喧嘩せず

「金持ちケンカせず」「ケンカ別れは災厄のもと」と風水ではいいます。運がいい人は売られたケンカも上手にかわします。

人との縁はやがて「円」をもたらします。金持ち喧嘩せずという言葉があるように、豊かな生活をしている人は人間関係もいい場合が多いのです。

やたら愚痴の多い人っていますよね。それは、嫉妬や不安、過去への執着など負のオーラをまとった感情に囚われ、前を向いて歩くためのポジティブな感情が生まれるスペースがないからです。

「金持ちを真似る」というのは、見栄を張ってお金を使うという事ではありません。「成功者を妬まない」「他人の成功を喜ぶ」「他人をおとしめない」等々……こういった事が、「お金持ち的思想」と云われるものです。

ポジティブな口ぐせから始まったことが強烈な信念となり、やがて人生を成功に導く大きな推進力になる。それは富を引き寄せるチャンスにつながり、やがて資産形成が現実のものとなる。

@yuyaheadandhand 最終的に疲れだけ残りますよ(>_<)金持ちケンカせず、がベストですよー

金持ち喧嘩せずケンカをしても得するもの(もうけ)がない上に失うものは多いので金持ちはケンカをしない。=軽はずみな事をしないという意味です。出典:漢書

蛇足|時間泥棒とその対処方法

ダラダラ話す人は、自分の考えをまとめることができない人である。自分の考えをまとめられない理由は、能力的なものが背景にある場合もあるが、多くは責任を回避したいという心理が原因になっている。話を要約してまとめてしまうと、事実、推定、意見の3つを明確に分けることになってしまう。必然的に自分の意思を明確に表現してしまうことになる。本能的にこれを避けているのである。

喋り続ける人は、相手がつまらないと感じて、自分が嫌われたくないという気持ちから、沈黙を恐れて必要以上に喋り続けてしまうことがよくあります。 みかけとは逆に、意外と神経質だったり、心配性なところもあるので、一人でいるときなどは極端にクールな振る舞いを見せたりすることもあります。



 - その他, 風水