占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

【運気開運】風水による究極の財布術

      2016/03/12

運気を上げる財布の色

【金色】:お金をため込む力を持つ
     ギャンブル好きには向かない

【白色】:運気をリセットし浄める力を持つ
     新しいことを始める人に向いている

【黒色】:お金を守る力を持つ
     社会的に成功した人やビジネスマン向き

【黄色】:金運を招く力が強い
     ただし浪費も激しくなりやすい

【ピンク】幸運を呼び込む・恋愛運もアップ

【紫】:社会的地位やステータスをもたらす

金色 ≪金運アップ≫

金色は、黄色とならんで金運をとてもよくする色です。
パワーのあるゴールドは、お金の循環を良くし財を蓄える強い力を持っています。
ただ、ギャンブル好きの人に向いていないとされているのでご注意を。

白色 ≪運気をリセットさせる≫

白色は浄化作用があり、物事をリセットさせる力があるといわれます。
そのため、物事の悪い流れを断ち切りたかったり、気分を変えて新しい物事を始めたい時に向いています。とりわけ光沢のある白色はお金も呼び込むと言われているのでお勧めです。

黒色 ≪お金を守る≫

風水では黒色はお金を守る色だとされています。
無駄使いや衝動買いを抑える力を持っていいるので、堅実にお金を貯めたい人やビジネスマンには一番向いている色だと言えます。

ピンク ≪幸運を呼び込む≫

ピンクは幸運を呼び込むことができる色です。
とりわけ、人間関係や恋愛運をアップさせる力を持っており女性が持つには一番お勧めの色といえるでしょう。また光沢のあるピンク色であれば金運アップも期待できます。

黄色 ≪お金を呼び込む≫

黄色にはお金を引き込む強い力があります。
ただし、あまり派手な黄色の場合、お金が出ていく力も強くなってしまうので、少し黄土色がかった落ち着いた色を選ぶのが一番お金がたまりやすいと言われています。

紫 ≪社会的地位を上げる≫

紫色は社会的地位やステータスをあげてくれる力をもっています。
ですから、金運よりも地位や名誉を得た人には向いている色と言えるでしょう。

赤・青 ≪避けた方がよい色≫

赤色はお金や運気を燃やしてしまう色なので財布には避けたほうがよい色です。
青色もまた、水の気で全てを流してしまうので良くない色とされてますが、悪い気があるときには流してくれるので不運続きの時には持ってみるのもよいでしょう。

運気の上がる風水財布の使い方

Photo by Comstock / Stockbyte

■お札を一杯いれておく

■お札の向きを揃える

■小銭は入れすぎない

■レシートやカードを入れないようにする

■おバッグに入れっぱなしにしない

■財布の消費期限は1000日

お札を一杯いれておく

お財布は最初のお札の量を記憶するといいます。
そのため最初の9日間はなるべく沢山のお金を入れおくとずっとその状態が続くと風水ではされています。

お札の向きを揃える

お札は向きを揃えて入れておきましょう。
向きをバラバラにして入れておくと、仲間外れにされたと感じて出てお札が財布から行きやすくなってしまいます。

小銭は入れ過ぎない

小銭を入れ過ぎるとお札とぶつかってお財布の気の流れが悪くなってしまうので、極力お札と小銭は別々に持つようにしましょう。

レシートやカードを入れないようにする

小銭同様、レシートやカードもまたお財布にいれておくと金運を下げてしまう原因になりますので常に整理するように心がけましょう。家族の写真もなるべくならお財布には入れておかないほうがよいです。

バッグに入れっぱなしにしない

自宅に帰宅したら、お財布をバックから出してあげましょう。
バックには「動」の気が生じているので、財布からお金が出て行ってしまいす。
ですから帰宅したら、お財布を机の上において休ませてあげましょう。

財布の消費期限は1000日

財布の寿命は1000日だと言われています。
それ以上持っていると金運が下がってきてしまうので、ボロボロになったり破れたりするまえに、新しいものに変えましょう。



 - その他, 風水