占いマニア|話題の当たる占い集めました

Just another WordPress site

*

姓名判断でもう迷わない!30分で赤ちゃんの名前を決める方法

      2015/12/09

赤ちゃんへの最初のプレゼントとして素敵な名前を付けてあげましょう!

とはいうものの、
いざとなるとなかなか決められないんですよね~。。

せっかく決まったと思った名前なのに、
後になって姓名判断の結果が悪くてやり直し・・・
なんて事もあるかと思います。

そんなときに以下の流れで考えていくと
決めやすいかもしれません。

1.名前の画数を決める

後から後悔しないために、まず先に名前の画数を決めてしまいましょう!

ここでは「21世紀の姓名判断命名navi」の【命名navi】を使って説明します。

あらかじめ使いたい漢字を1字でも決めておくと、ぐっと決めやすくなります。

たとえば、鈴木さんで赤ちゃんが女の子ならば、左のように入力します。
(画像はクリックで大きく表示されます)

吉名算出で左のように表示されます。

鈴木さんの場合、名前には4画+3画の組み合わせなどが良いようです。
(実際にはこのほかにもたくさん組み合わせが表示されます)

「愛」という字を使いたい場合、漢字指定すると「愛」を含んだ名前が調べられます。

「愛」とは2画や5画などとの組み合わせが良いようです。

2.画数から漢字を決める

名前の画数が決まったら、画数から候補となる漢字を決めましょう!

漢字検定のホームページがとても見やすく調べやすいです。

「愛」とは2画や5画などとの組み合わせが良いようでした。

まずは2画から調べてみましょう。

さすがに2画だとあまり候補がないようです。

では今度は5画を調べてみましょう。

5画だとかなりの数の候補が出てきました。

気に入る漢字がないか順番に見ていきます。

「央」という漢字を見つけました。

良さそうなので候補にしておきます。

さらに気に入る漢字を探してみます。

「未」という漢字も見つけました。

これも候補にしておきます。

3.漢字を並べて名前の候補を決める

漢字の候補が決まったら、漢字の読み方や意味を調べましょう!

Wiktionaryで漢字の読み方と意味を一度に調べられます。

気に入った漢字を組み合わせれば名前の候補の完成です!

1文字目の漢字は「愛」、2文字目の漢字の候補は「央」「未」でした。

まずは「愛」と入力して「一致する項目を検索」で調べます。

字源(文字の起源)や意義(文字の意味)が表示されます。

「愛」は名前にふさわしい意味のようです!
(当たり前ですね!)

読み方には「あい」のほかにも、「め」「いつ」「お」「いと」「え」「まな」「のり」「ちか」などがあるようです。
(意外といろいろな読み方があるんですね!)

続いては「央」です。

「中心」「まんなか」「尽くす」などといった意味があるようです。

名前としても良さそうな意味ですね。

読み方には、「おう」「よう」「えい」がありました。どれもちょっと使いづらいでしょうか?

後述しますが、実は漢字の読み方には特に制限はないのです。

たとえば「一郎」と書いて「じろう」と読ませたりしても、規則上は全く問題はありません。
(常識的には考え物ですが。。)

「央」という字ですが、一般的に「お」と読ませることが多いようです。

最後に「未」です。

あまり良い意味じゃないのかなと思いきや、「ひつじ」や「果実が熟しておいしくなる」という意味があるようです。

これなら名前にも良さそうです。

読み方には、「み」「び」などがあるようです。

「み」が使いやすそうですね。

4.名前の候補から赤ちゃんの名前を選ぶ

今回の例を実際に並べてみましょう!

【候補1】「愛央」(めお・まなお・まお)

【候補2】「愛未」(あみ・えみ・まなみ・まみ)

といったところでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

いくつか名前の候補を作ったら、紙に書いて並べたり声に出して読んだりして、

一番気に入った名前を選びましょう!

次のページに名付けの際の注意点があります。最後にこちらもご覧ください。

.

5.注意しておくべきこと

子どもの名前に使える漢字には制限があるのでご注意を!

2012年の命名ランキングでは、男の子は【蓮(れん)】、女の子は【結衣(ゆい)】が第一位だそうです。

30年前(1983年)では、男の子は【大輔(だいすけ)】、女の子は【愛(あい)】が第一位でした。



 - その他, 姓名判断